FC2ブログ

新世紀ユニオン発行のニュース

労働者に信頼されるユニオンを目指して!

 最近無料電話相談で、東京の労働者から、解雇事案であるユニオンに加入しているが、6か月たっても地位確認の裁判をしてくれない、などという相談を立て続けに受けた。解雇事案であるのに会社側の裏交渉を期待して、いつまでも裁判闘争を開始しなかったり、原職復帰ではなく金銭解決にするように労組役員が強要するのは裏切りに等しい。

 東京のひどいユニオンになると、組合員に組合規約も見せず、解決金や未払い賃金からの拠出金のパーセントすら事前に明らかにしていない。どのように闘うかの戦略と戦術の相談もしない。これでは組合員に内緒で裏交渉をしようとしている。と思われても仕方がない。

 確かに原職復帰はなかなか会社側が受け入れず、裁判で勝っても倉庫に配置転換したりして、2度目の裁判になったりする場合がある。それでも私は本人の希望を組合は尊重するべきだと思う。相手が原職復帰を認めるかどうかは、闘ってみないとわからないからである。だから金銭解決にするかどうかの判断は、あくまでも本人が決断するべきだと考えている。

 ユニオンはどこもが財政的に苦しい。だから解雇事案で組合員を裏切り、120万円ほどの解決金で解決し、ユニオンは会社から50万円の裏金を受け取るような裏切りがまかり通ることは嘆かわしいというほかない。

 新世紀ユニオンは本人抜きの裏交渉は絶対にしない。話し合い解決で解雇が撤回できないときは裁判闘争を闘いつつ、徹底的に宣伝する。ブラック経営者を世間に恥をかかせて違法解雇や大幅賃下げを糾弾することが、2度と経営者に違法解雇をさせないうえで重要だと考えるからである。

 だから解雇事案でははじめに万全の証拠集めを行う。裁判を闘う以上ブラック企業に違法解雇が高くつくことを思い知らせるべきだと考えるからである。だから新世紀ユニオンの解決金は、他のユニオンよりもはるかに多い。だから経営者側や権力の攻撃も当然多くなる。

 最近ダイヤモンド電機の専門職である社長秘書を、現場に配置転換し、退職勧奨し、それを拒否すると約13万円の賃下げをしてきた事案でユニオンが団体交渉し決裂した。組合員本人が裁判を希望したからである。ところが団体交渉決裂後、会社が新世紀ユニオンに対し名誉棄損の110万円の慰謝料請求の裁判を起こしてきたのである。

 その後組合員本人が、会社に歩調を合わせて「裏もとらずにブログを書いた」とか「私の事案はあのお粗末な団交で終了した」といって「脱会届」を送り付けてきた。ユニオンが団体交渉を申し入れた後で、会社と社長秘書の組合員が裏交渉したことは明かだ。つまり組合員がユニオンを裏切り、会社と手を組んでユニオンを攻撃してきたと受け取るほかない事態となった。

 いくらユニオンが労働者に信頼される組合を目指しても、労働者の側にもそれに答えるだけの強い信義が求められるのである。組合員はご存じと思うが労働組合法に基づき団体交渉が行われ、それが決裂し、裁判闘争に移行することを通告した以上、交渉窓口はユニオンだけであり、たとえ本人が社長と裏取引しようとそれは違法なのである。

 こうして慰謝料請求の裁判と、不当労働行為の地労委を闘う羽目になった。このような事態は新世紀ユニオン発足後20年以上になるが初めてのことである。普通団体交渉が決裂したら組合員は、ユニオンが最後まで自分の要求を堅持したことに感動して感謝する。ところが今回は本人の希望通り裁判を闘うために決裂となったのに「あのお粗末な団交」と、メールでののしってきたのである。

 新世紀ユニオンはかつてあるセクトの人間が、拠出金71万円を支払わず逃げた事案で断固裁判で闘い、拠出金10%の合法の判決を勝ち取ったことがある。(判例「新世紀ユニオン事件」)。新世紀ユニオンは裏切り者は許さない。

 労働者はユニオンの信義に、真の信頼で答えるべきなのだ。それが労働者階級の団結なのである。最近のユニオンが労働者を裏切るから、組合員の側も裏切ってもいいという話ではない。交渉窓口の新世紀ユニオンを虚仮にした今回の事態は、労働者の側にも愚劣な人間がいるということである。
!!ここに掲載の広告は 当ユニオンとは一切関係ありません!!
スポンサーサイト



団結を強め新世紀ユニオンを守り抜こう!

 2年前、それまで18年間一度も裁判で負けたことがなかったのに、続けて4件敗訴した。そこには弁護士のあからさまな裏切りがあり、ユニオンが森友・家計問題を批判したことが原因で首相官邸が動いたと思われた。

 現政権はマスコミからネットの情報まで官邸で厳しく監視し、反撃する政権である。マスコミから官僚機構、さらには日本学術会議まで自分たちの支配下に置こうとしているように見える。もちろん政権を批判する労組も当然監視と攻撃を受ける。

 最近のダイヤモンド電機の新世紀ユニオンへの慰謝料請求裁判は、組合員を抱き込んだユニオンつぶし・争議つぶしの狙いがあるように思われる。明らかな支配介入の不当労働行為である。企業の攻撃を受けている労働者を守り、闘う労働組合は企業経営者とその政治的代理人にとっては憎っくき階級敵なのである。

 東京では以前からユニオンつぶしの同様の訴訟が多く行われていた。そのユニオンへの攻撃が大阪に波及したということだ。新世紀ユニオンが標的にされたのは、他のユニオンの2倍以上の解決金を取ってきた実績と、ホームページで労働者の闘い方を公開していることが資本家階級にとって気に食わないからと解釈するしかない。

 新世紀ユニオンは現在闘い方を変更させている。見える闘いと見えない闘い方を駆使しなければならない。ダイヤモンド電機の法廷での闘いは、ユニオンの役員や希望する組合員には闘いを共有し、集団的な認識にしつつ闘うつもりである。そうすることで貴重な闘いの教訓と経験を多くの仲間のものとしたいと考えている。

 労働者の権利と雇用を守るために闘う労組は、当然権力の攻撃から組合を守るための闘いは避けられないし、それは新世紀ユニオンが決して労働者を裏切らなかった証でもある。闘う労働組合は、労働者の闘いの砦であり、一人一人の団結体であり、当然にも経営者とその政治的代理人の攻撃を必然的に招くものである。

 日本の社会を独占ブルジョア階級とその政治的代理人が統治している以上、階級敵の仕掛ける法廷闘争を避けることはできない。この闘いは新世紀ユニオンにとって貴重な経験・教訓をもたらすことは確実なので、我々はこの闘いからは決して逃げないし、和解もしない。負けても豊富な教訓が得られる闘いにしたいと考えている。

 ダイヤモンド電機との裁判と地労委の闘いは、当然にも防御の闘いなので本来のユニオンの闘いが制限を受け、したがって財政上の困難が避けられない。しかも代理人(弁護士)なしでの不利な闘いとなる。組合員が裏切っているので証人もいない。それでも我々は労働組合を守るために闘わねばならない。組合員・サポート組合員・支持者の皆さんの支援をお願いする。
!!ここに掲載の広告は 当ユニオンとは一切関係ありません!!

コロナ渦による経済危機で戦争の危機迫る!

 コロナ危機が世界の各国の内政を危機に追い込み、各国とも内的矛盾が激化している。例えばアメリカの大統領選はトランプのコロナ感染で一時はバイデンが有利になったかに見えたが、最後の討論会でバイデンが「石油エネルギーを見直す」と語ったため、石油産業を抱える州でトランプが巻き返すことになった。

 米大統領選がすぐに決まらない状況になったときアメリカは戦略の立て直しどころではなくなる。

 トランプが再選を果たすようだとアメリカは戦略なしの、経済的にペイするかどうかの身勝手な外交が続くであろう。中国の内政も深刻で、内需主導は社会主義的な所有制の下では難しく、引き続き輸出頼りの経済が続く。

 習近平の「中国製造2025計画」がアメリカを刺激しすぎた反省もあり、現在開催中の5中全会の経済政策の行方が注目される。中国の内的脆弱性は、外への軍事侵略に転嫁する可能性が最も高いと見ておかなければならない。

 欧米諸国は、コロナ感染の広がりが第2波を迎え深刻化しており、経済的打撃はさらに深刻化を避けられない。ロシアも同様で原油価格の低迷で内政面で困難を抱えており、プーチンは窮地にある。

 そんな中でコロナワクチンの開発にどの国が成功するかが外交の主導権を左右することになる。各国とも第3段階の多数の治験を行っており、中国が先行するか、それとも欧米かで外交戦の優位が決まりそうだ。韓国も経済危機を抱えてアメリカと中国の狭間で、文在寅大統領も得意の反日外交が出来ない事態となっている。

 幸いなことにインド以外のアジアはコロナ感染が比較的抑え込まれており、貿易が欧米よりも先に回復するよい条件がある。各国の内政の困難が政治危機になるようであれば、些細なことをきっかけに戦争が勃発する諸条件が整っており、世界平和は非常にもろい状態で、外交的に民族排外主義を抑制することが国際的課題となっている。

 今のところ各国とも内政重視であるので、外交的矛盾を拡大すれば経済的に内政が苦しくなるので、現在のところ戦争はアゼルバイジャンとアルメニア間の戦争にとどまっている。問題は内的矛盾が激化すれば、外的矛盾に転嫁する政治的動機が高まるので、独裁的地域覇権国の中国・ロシア・イランの周辺で戦争が起きる可能性は非常に高いのである。
!!ここに掲載の広告は 当ユニオンとは一切関係ありません!!

選挙を前にした総花的な菅首相施政方針演説!

 菅首相の施政方針演説の内容を聞いていると、解散総選挙が1年以内に行われる政権というのはこんなにもいい政権になるのか?と思わされる。以下はその内容(要旨)である。

<首相施政方針演説要旨>
1. 新型コロナウイルス対策と経済の両立
今後もアベノミクスを継承し、更なる改革を進めてまいります。

2. デジタル社会の実現、サプライチェーン
各省庁や自治体の縦割りを打破し、行政のデジタル化を進めます。
生産拠点の国内立地や国際的な多元化を図るとともに、デジタル化やロボット技術による自動化、無人化を進め、国内に医療・保健分野や先端産業の生産体制を整備してまいります。

3. グリーン社会の実現
わが国は、2050年までに、温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする、すなわち2050年カーボンニュートラル、脱炭素社会の実現を目指すことを、ここに宣言いたします。

4. 活力ある地方を創る
地方の所得を増やし、消費を活性化するため、最低賃金の全国的な引き上げに取り組みます。

5. 新たな人の流れをつくる
海外の金融人材を受け入れ、アジア、さらには世界の国際金融センターを目指します。

6. 安心の社会保障
長年の課題である少子化対策に真正面から取り組み、大きく前に進めてまいります。
所得制限を撤廃し、不妊治療への保険適用を早急に実現します。
すべての女性が輝ける社会の構築に向けて新たな男女共同参画基本計画を年末までに策定します。
また、厳しい状況にある大学生、高校生の就職活動を支援します。
同一労働同一賃金など働き方改革を進めるとともに、就職氷河期世代について、働くことや社会参加を促進できるよう、個々人の状況に応じた支援を行います。

7. 東日本大震災からの復興、災害対策
水害や地震などの自然災害が相次ぐ中で、防災・減災、国土強じん化は引き続き大きな課題です。
省庁、自治体や官民の垣根を越えて、災害の状況を見ながら、国土強じん化に取り組み、災害に屈しない国土づくりを進めてまいります。

8. 外交・安全保障
米国をはじめ各国との信頼、協力関係をさらに発展させ、積極外交を展開していく決意です。

9. おわりに
携帯電話料金の引下げなど、これまでにお約束した改革については、できるものからすぐに着手し、結果を出して、成果を実感いただきたいと思います。
私が目指す社会像は、「自助・共助・公助」そして「絆」です。
そうした国民から信頼される政府を目指します。
そのため、行政の縦割り、既得権益、そして、悪しき前例主義を打破し、規制改革を全力で進めます。
「国民のために働く内閣」として改革を実現し、新しい時代を、つくり上げてまいります。

 このように、菅は解散・総選挙を前に、国民にこれでもかと「良い政権」をアピールしたと言うしかない。中でも国民の大半が高いと感じている携帯電話料金の引下げなどは、総選挙向けだと誰もが感じる。
 菅政権は、来年秋までの安倍の残りの任期しかない。つまり菅政権自体が安倍の黒幕化を阻止するための派閥ボスたちの「つなぎの政権」だということだ。しかし菅は仕事をして見せることで本格政権になろうという意欲が、総花的で野心的な演説に表れている。
 菅首相の失敗は、日本学術会議の任命除外問題で、政権の支持率が10数パ―セントも低下したことだ。政権支持率が70%前後の高いうちに解散・総選挙しておればと、後で悔やむことになるかもしれない。
 しかし短い任期までに携帯電話料金の引下げなど成果を示せれば、つなぎの政権で終わることはない、との強い意欲が見える演説だった。
!!ここに掲載の広告は 当ユニオンとは一切関係ありません!!

職場での活動を展開する前にすべきこと!

 ユニオンの組織活動を展開する前に職場を分析しておくことが重要です。

 職場での組織計画は、大衆路線で進めなければなりません。大衆路線とは「先進に依拠し、中間と団結し、遅れた層を引き上げる」ことで、職場での多数派を形成しなければなりません。すなわち我々は先進に依拠しなければなりません。

 ユニオンの職場発動を展開する前に、会社・職場の労働者支配の特徴を分析すること、さらにユニオンの考え方、労働者の考え方を基準に、職場の大衆を先進・中間・遅れに分析する。おおよその政治地図を描くこと。この点についてはユニオン指導部との相談・検討が重要です。

 次に、大衆の中の先進層と思われる人に接近し、付き合いをしていくと大体の考え方がわかってくる。信頼できる人物か?職場大衆の要求がどのようなものか?何を解決したいと考えているのか?それを把握することが重要です。

 解決したい職場の問題について、ともに解決したいと考えている人と団結していくこと、つまり活動の中心となる仲間を形成すること。これを指導骨幹と位置付けていくこと。できれば学習会・勉強会を経営側に悟られないように組織する。

 その中でユニオンの支部組織化の必要性と、労働組合がどのように法律(労働組合法)で保護されているかを学んでいくようにする。労働者の解決したい課題を実現するにはユニオンの支部を作ることが、要求実現に必要であることを仲間の共通の認識としていくこと。

 つまり労働者が「賃上げや働きやすい職場つくり」の要求を実現するには、段階を踏んで科学的な活動を展開しなければなりません。そうしないと組織活動を経営側に把握され、攻撃を招くことになります。組織は双葉の内は(弱体であるので)「見えない形」(=非公然)で進めることが重要です。

 職場でユニオンの支部を組織したい組合員は、その計画をどのように進めるかをユニオンの指導部と相談して、計画的かつ見えない形で、慎重に進めてほしいと思います。
(この活動を進めるにあたり新世紀ユニオン加入時にお渡しした、加入資料「労働組合のABC」や「新入組合員読本」を活用してください。)
!!ここに掲載の広告は 当ユニオンとは一切関係ありません!!
 ブックマークこのエントリをはてなブックマークに登録 このエントリを del.icio.us に登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 この記事をPOOKMARKに登録する このエントリをSaafブックマークへ追加 newsing it!

プロフィール

ユニオンニュース

Author:ユニオンニュース



一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」が発行するニュースのサイトです。

新世紀ユニオンの組合費、拠出金等に関する高等裁判所の判決文を掲載しました。 拠出金高裁判決

検索フォーム
アーカイブ

カテゴリ

最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析