FC2ブログ

新世紀ユニオン発行のニュース

コロナ不況下の株高の異常とその狙い!

 コロナの影響で観光・運輸・外食関係などで赤字決算が続いている。大和総研の試算によると緊急事態宣言が1か月継続した場合の経済損を試算すると、個人消費が約4.2兆円、実質GDPで約3兆円のマイナスになるという。

 ところが実体経済が悪いのに、株価は上がり続けている。日経平均株価は2月16日現在で30,467円にも上昇している。コロナの死者が増え続けているのに、リンクしたかのように株価が上がり続けているのだ。これはアメリカも同じである。

 一般に実体経済が良くなれば株価は上昇し、実体経済が悪くなれば株価は低下する。ところがコロナ渦で経済が悪化しているのに、株価が上がり続けているのである。

 これは世界中の中央銀行が大量のマネーを刷って市場に供給するという「量的緩和」の政策を続けている結果である。あり余ったお金が株式市場に流れ込んでいるのだ。コロナによるバブル崩壊を防ぐために人為的に株価を吊り上げているのだ。日本では日銀が最大の株主になっている。

 実体経済がよくなれば株価は上がる、しかし株価を上げても実体経済が良くなるわけではないのである。株価を維持しても赤字企業が黒字になるわけではない。しかし株価を維持すれば株主(=資本家)が破産を免れることはできる、と考えてはいけない。企業が赤字で倒産すれば株主はやはり破産するのだ。それをさせないために経済が回復するまで株価を無理やり維持しようとしているのである。

 政府が進めている貨幣の「量的緩和」は、いわゆるインフレ政策だ。やがて物価が上昇する。つまり貨幣の価値が下落するのだ。その結果、国民の預貯金がインフレ分だけ目減りするのである。金持ちの資産の目減りを防ぐための政策が、国民からの収奪で行われていることに、日本の国民は怒るべきである。

 日本の国民の、個人金融資産は1,600兆円といわれている。10%インフレが進めば160兆円が奪い取られることになるのだ。日本の国民は怒るべきである。問題はこうした悪辣な政治を、マスコミが一切報じないことである。だから日本国民は自分たちの資産が消えていることを知らないだけなのだ。 
!!ここに掲載の広告は 当ユニオンとは一切関係ありません!!
スポンサーサイト



攻撃の中で労働者の権利と雇用をどう守るのか?

 日本の家畜化した企業内組合がリストラと闘わず、立場の弱い労働者の権利を守らないことで、個人加入労組=ユニオンが生れ、成長しました。

 考えてみると、新世紀ユニオンはブラック化した企業にとって非常に腹の立つ存在です。経営者に取り入り、出世を人生の生きがいとするごますりたちにとって、新世紀ユニオンの存在は腹の立つものであるようです。金で買収できず。裏取引に応じず。労働者のために事実を宣伝する。違法解雇で高額の解決金も支払わせます。

 そこで彼らは、新世紀ユニオンの社会的信用を喪失させるために悪事を企む。最初はブログの書き込みで悪罵を並べ、最近では、「新世紀ユニオンの元会計係」になりすまし、デマ・中傷を並べて組合員を脱退させる。

 その上にさらに5ちゃんねる・2ちゃんねるにデマを並べ、私や組合員を誹謗・中傷し、社会的信用を失わせて、何とかして新世紀ユニオンをつぶそうと画策しています。

 ネット上の誹謗・中傷はIPアドレスが残る故に非常にリスクがあります。それでも出世キチガイのゴマすりどもが、あえてあからさまに攻撃してきたのは、新世紀ユニオンが貧乏ユニオンだと舐めているのだと思います。

 歴史が教えているのは、戦いで相手を侮った場合は、大軍であっても小さな軍に敗れています。新世紀ユニオンが小さい、貧乏ユニオンだからといって、闘争資金が蓄えられてはいないと決めつけると失敗します。労働運動を長年研究してきた者が、闘争資金を備えることを忘れるわけがないのです。

 新世紀ユニオンは労働者の雇用と権利を守る方法を修正します。敵が卑劣な攻撃をかけてくる場合には、攻撃できないように、見えない組織にする必要があります。なぜなら闘いとは、自分を守り、敵の違法行為を突いてゆくからです。攻撃と防御で見えなければ愚劣なゴマすりどもは攻撃できず。こちらは防御がしやすいのです。

 昨年、新世紀ユニオンは簡易裁判所の調停で1件、また弁護士との和解交渉で1件和解しました。裁判所や地労委がユニオンに厳しく対応しても、また弁護士を抱き込んでも、創意工夫すれば大きな成果が得られます。

 違法な攻撃は敵の焦りの表れです。階級敵の新世紀ユニオン潰しは成功できないと思います。我々は合法の枠内で十分戦えます。相手の挑発が汚いからと過激になる必要はなく、むしろ相手の違法行為を摘発して有利に闘えます。

 我々は、団結を固め「闘いの砦」である新世紀ユニオンを守り、勝利から勝利へと前進し、団結を大きく育てていくだけです。
 
 
!!ここに掲載の広告は 当ユニオンとは一切関係ありません!!

新世紀ユニオン委員長の新年のごあいさつ!

 過ぎた一年は、コロナ感染症で揺れ動いた年でした。コロナは様々な人に経済的打撃を与え、多くの人に苦難を与えることになりました。

 新世紀ユニオンにはK病院と思われる「新世紀ユニオンをぶっ潰す」との脅迫状が送られてきた後で、ダイヤモンド電機のスラップ訴訟攻撃を受け、さらには「元会計係」と称する者のデマ宣伝での組合員への切り崩し攻撃があり、続いてネット上に「ニセ労働組合*新世紀ユニオン」との悪らつ極まるデマ宣伝が行われました。

 また多くの職場で、組合員への退職強要と思われる配置転換や処分、あるいは処分のための布石の動きが表面化しました。こうした新世紀ユニオンへの攻撃で、やめる人もいれば、組合費を前納して闘いの結集力を増す傾向も出ています。

 労働組合とは弱い立場の労働者が闘うための団結体であり、敵の攻撃は新世紀ユニオンの社会的信用を失わせることが狙いであり、そのためにデマを作り上げて労働者をだまし団結を破壊しようとしています。

 今の日本社会は、ネット上におけるデマにより自死に追い込まれる人も出ています。こうした無責任な攻撃は一面的、絶対的に受け止めると絶望し、自死に追い込まれるようになります。

 新世紀ユニオンへの攻撃は、新世紀ユニオンが反リストラ、反パワハラの闘い、雇用を守る闘いで成果を上げている反映であり、デマ宣伝は、反面では多くの人に、これほど敵に反対される組合のブログやホームページを是非見てみようとの気持ちを抱かせる点で、反作用としての宣伝効果を上げる側面もあります。

 つまり敵に反対されることは悪いことではなく、いいことなのです。(これは私の強がりではなく、客観的にそうなのです)

 つまり新世紀ユニオンへの数々の攻撃は、労働者を裏切らない、裏取引はしない、パワハラを許さない、原則的労組として新世紀ユニオンのゆるぎない活動の結果であり、追い詰められた敵の悪あがきといえるものであり、同時にそれは新世紀ユニオンの闘いが多くの労働者の共感を呼びつつある結果なのです。

 とはいえ新世紀ユニオンが直面する危機は、コロナの影響もあり極めて困難な財政と組織の両面での危機であり、まさに結成以来20年で最大の危機です。組合員の皆さん・サポート組合員の皆さんの支えと、協力、支援で、この困難を乗り切りたいと考えています。

 この新しい年を、ともに団結して困難を克服し、闘い抜きましょう。
!!ここに掲載の広告は 当ユニオンとは一切関係ありません!!

労働者はぼんやりしていては雇用を守れない!

 リストラの標的になる人は、自分が排除の対象とは夢にも思っておらず、したがって証拠が何も用意されていないのが特徴です。

 職場で労働者が排除される場合、一つは会社がリストラ目標をひそかに立てた場合、排除の標的は職場で影響力が少ない人、おとなしく友人が少ない、孤立している人がまず狙われます。

 二つは、職場の同僚が自分をライバル視し、デマを流し、孤立させて排除の対象に祭り上げる場合。

 三つは、経営者が取引相手の有力者から、この人を雇ってほしいといわれて、やむなく社員を一人追い出す、というパターンも案外多いのです。この場合は排除の理由を強因に作り上げて、退職強要してくる場合があります。

 つまりこの3つの場合が退職強要や解雇のほとんどですが、重要なのは職場の矛盾関係は自分とは無関係のところで激化し、仕組まれ、排除が画策されるということです。

 つまり自分が知らないうちに会社が赤字になり、リストラが計画されたり、いつの間にか自分が同僚にライバル視され、陰謀が画策されることが多いのです。

 組合員の皆さんは、一度は排除を経験したり、切り抜けた経験を持っています。ですから自分が経験したパターンは切り抜けられるとは思いますが、攻撃は毎回同じパターンで来るわけではないので、常に油断せず、いつの場合も社内の情報を集め、証拠を準備する隙のない対応が必要です。

 つまりリストラは、労働者本人の知らないところで画策され、無理やり解雇理由が作られたり、いじめて退職に追い込むということが普通の時代になっています。

 そこで労働者は、以下のような雇用を守る備えを常日ごろからしておかねばなりません。

1. 組織的準備 ユニオンに加入しておくこと、ニュースを読み理論を学んでおくこと
2. 闘争資金を貯金しておくこと
3. 常日頃から証拠を残していくこと
4. 自分の仕事のレベルアップを常に心掛け、日ごろから学んでいくこと、上司にアピールしておくこと
5. 会社内に友人を作っておくこと、特に自分いる職場だけでなく他の職場にも友人を作っておくこと(これが情報網になり、影響力の拡大になり、解雇の抑止力になる)

 以上のことを心掛けておけば雇用は守ることができます。(職場の分析については遠慮せずユニオンと相談するようにしてください。)
!!ここに掲載の広告は 当ユニオンとは一切関係ありません!!

友人・知人にユニオン加入を働きかけよう!

 新型コロナ感染症で、日本経済はリーマンショックを上回る打撃を受け、しかもいまだコロナ感染症は克服できていません。事態は危機的でしかも長引く可能性が強い。

 日本では7月31日までに、すでに4万1000人が解雇され。今後多くの企業がリストラに取り組むと報じられています。

 しかも残業時間が大幅に減少し、労働者の賃下げが目立ちます。広範な労働者が雇用不安、生活不安を高めています。経済が危機の時代は、社会的弱者が危機の転嫁を受けるのです。

 こうした深刻な雇用不安の中で、企業の側のユニオン攻撃が激化しています。争議中の組合員を会社側が抱き込み、争議をつぶしたり、ユニオンを名誉棄損で損害賠償裁判をしかける攻撃も激化しています。新世紀ユニオンもダイヤモンド電機に争議つぶしの攻撃的訴訟を仕掛けられています。

 労働者の雇用が危機にある中で、新世紀ユニオンへの「委員長の命日」にするとの脅迫の書き込みも来ており、組合員の雇用を守る闘いの砦としての新世紀ユニオンへの攻撃が組織的になってきています。

 広範な労働者が雇用不安の中で、信頼できる労組をいま求めています。そのような情勢であるゆえに、敵からの「新世紀ユニオンを叩き潰す」との書き込み攻撃も真実味を増しています。

 労働者の階級闘争は、ユニオンの全組合員が参加すべき運動であり、雇用不安にある友人・知人に、新世紀ユニオンへの加入を呼び掛けてください。

 敵がユニオンへの攻撃を仕掛けているのだから、全組合員が団結して組合員の拡大に取り組み、労働者の組織化を前進させねばなりません。

 敵がユニオンの指導者を殺そうとし、ユニオンを叩き潰そうとするなら、我々は労働者をユニオンに一層組織して、新世紀ユニオンを守り、巨大にしていかねばなりません。

 労働者大衆の雇用を守るノウハウは、新世紀ユニオンのみ保持しています。友人・知人に自信をもって新世紀ユニオンへの加入を働きかけてください。

 新しいホームページを大衆に知らせてユニオンへの加入を働きかけ、組織拡大の経験を全ての組合員がこの機会に積まねばなりません。
!!ここに掲載の広告は 当ユニオンとは一切関係ありません!!
 ブックマークこのエントリをはてなブックマークに登録 このエントリを del.icio.us に登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 この記事をPOOKMARKに登録する このエントリをSaafブックマークへ追加 newsing it!

プロフィール

ユニオンニュース

Author:ユニオンニュース



一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」が発行するニュースのサイトです。

新世紀ユニオンの組合費、拠出金等に関する高等裁判所の判決文を掲載しました。 拠出金高裁判決

検索フォーム
アーカイブ

カテゴリ

最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析