FC2ブログ

新世紀ユニオン発行のニュース

委員長が変だなと思うこと?!

 私は政治信条として対米自立を主張しています。日本に外国の軍事基地がたくさんあることが従属国の証明なのだから、日本は自分の力で防衛できるようにすべきだと思うので対米自立を主張しているのです。

 すると労働運動を行っている人達は、「新世紀ユニオンは右翼のようだ」と言う。私は真に民族派でありたいと思っているのですが、他人の眼には新世紀ユニオンは「右派か左派か分からない」と見えるらしいのです。

 私は過激ではなく極めて穏健な人間だと思っています。パワハラされて「加害者を殺したい」と思っている人に、合法的に闘うように説得するのだから、やはり穏健なのです。

 ところが人は「新世紀ユニオンの委員長のブログは過激だ」という。ブラック企業の会社名をブログに書いてあるのが過激だというのである。「過激だ」という人達は日和見主義であったり、闘えない弱さへの自己擁護である場合が多い。

 パワハラを放置する行為は、中国の故事の「店前の犬」と同じなのだ。・・・ある店主はうちの食事は美味いのに、どうして誰も食べにこないのか? 不思議に思っていました。この店の前には飼い犬がつながれていました。店に来る客を次々犬が噛むので、客は恐ろしくて店に入ることができなかった、という故事です。

 会社も同じで、パワハラを放置していると評判が悪くなるだけでなく、会社組織が腐っていきます。パワハラは人も組織もダメにするのです。だから新世紀ユニオンではブラック企業の名前を委員長のブログで公表しています、これは会社(=法人)のためでもあるのに、どうしてこれが過激なブログだと言うのか不思議です。

 新世紀ユニオンは企業がリストラで労働者を犠牲にする違法な経営を懲らしめるために、裁判で他のユニオンが勝ちとっている解決金の倍以上を勝ち取ってきました。

 それは違法な経営が企業をダメにするので、企業のために教訓を与えるために闘った結果なのです。ところが最近は裁判所が労働事案で反動的な判決を出す例が増えています。まるでブラック企業を増やし、日本経済を潰すかのような動きです。おかしいというしかありません。

 最近、企業の違法行為がますます増えているように感じます。多いのがハローワークの求人票で「期限の定めなし」としてあるのに「雇用契約書」では6カ月の期間契約となっています。人だましの雇用と言う他ありません。残業代も払わない会社が相変わらず多いのです。

 結果そのような会社には優秀な社員(労働力)は集まりません。自分から質の劣る社員を集めて企業が発展するわけがありません。

 だからブラック企業にはユニオンの闘いで教訓を与えるのが社会正義であると私は考えています。だから私は新世紀ユニオンの「委員長のブログ」でブラック企業の名前を公表し、悪辣(あくらつ)な経営者の氏名も公表しています。

 するとネット上で盛んに「新世紀ユニオンは過激だ」「やばい組合だ」と拡散する人がいます。ブラック企業が増えると「悪貨が良貨を駆逐する」ように法律を守るホワイト企業が駆逐=淘汰されます。

 競争条件は公平であるべきなのに、司法が最近はブラック企業の味方をしているように見えて仕方がありません。右翼首相の下で政治が反動化すると、官僚も司法も忖度(そんたく)して反動化するようです。せめて政治や司法は公平であるべきなのにとても変だというほかありません。

 よくよく考えると、新世紀ユニオンが過激だと言う人は、ブラック企業を擁護する立場から見ているのです。しかしブラックであっても企業を擁護する立場からは、やはり新世紀ユニオンは過激な組合なのかもしれません。

 それでもパワハラや違法解雇される労働者に寄り添うために、新世紀ユニオンは権力に忖度などしない、正義の労働組合でありたいと思っています。
!!ここに掲載の広告は 当ユニオンとは一切関係ありません!!
スポンサーサイト



組合員とは共に闘う仲間であり顧客ではない!

 労働組合とは「闘いの砦である」とはレーニンの言葉です。労働組合法の視点から見ると労働組合とは雇用契約関係の中で立場の弱い労働者が団結することで互いの労働条件の向上や、雇用を守るためのものなのです。
 ところが最近はテレビや新聞がユニオンを「労働者の駆込み寺」と宣伝したり、社労士のサイトが「便利屋」のように利用してさっさと辞めるよううながしている影響からか、労働組合を「便利屋のような経営体」と考え、自分はお金を払っているクライアント(顧客)だ、と主張する人が増えました。
 新世紀ユニオンでは収入の1%の組合費を拠出してもらっています。しかしこれは「料金」や「手数料」ではありません。労働組合としての新世紀ユニオンをみんなで支えるため組合員が協力して資金拠出しているのです。
 最近は、ある「たしかでない野党」がユニオンを作り、組合費1000円や500円で選挙の票田として組合員を集めています。このため当ユニオンは財政危機であっても組合費はこれ以上上げることができません。したがって新世紀ユニオンでは争議(裁判や団交など)で得た解決金や未払い賃金の10%の拠出金を組合規約で定めています。拠出金は「お礼金」ではなく、みんなで組合を支える約束事なのです。
 繰り返すと、組合と組合員の関係は「事業主とクライアント」の関係ではありません。どちらかというと「町内会と会員」の関係に近いのです。ところが最近は「自分は料金を払っているクライアントである」と主張する人が多く困ってしまうことになります。
 新世紀ユニオンへの加入時に組合員に渡している「新入組合員読本」や「労働組合のABC」のパンフレットには、労働組合とは何か?組合員の権利と義務について詳しく説明しています。きちんと読んでいてくれれば誤解から生ずるトラブルも防げるのです。
 当ユニオンが処分された後の収入のない組合員に、組合費の支払いを免除しているのは拠出金支払いが前提になっているのです。したがって拠出金のがれの脱会は絶対認められません。
 組合員は本来自分の問題が解決すれば、その後は他の仲間の闘いを支援する側に回るのが信義則です。これを果たさず逃亡する人は組合を「便利屋」のような経営体と考えているのです。
 ユニオンは、お金で何かをしてもらう社労士や弁護士とは根本的に違うのです。踏み倒して逃げても裁判では敗けます。
 現在裁判中の組合費と拠出金請求事案では、裁判官は被告の女性に「組合は、お金を払って何かをしてもらうものではありません」と諭しました。この女性は「お礼金」は支払う義務はないと主張しています。拠出金が「お礼金」とは組合規約には一切書いてありません。
 組合員である自分を仲間の1人と見るか「クライアント」と見るかは原則問題なのです。労働組合を「便利屋」や会員制の経営体のように理解している人は、平気で仲間を裏切るようになります。つまり新聞やテレビのブルジョア報道にまどわされていてはユニオンの強固な団結は築けないのです。
 新世紀ユニオンは今、資金面で危機を迎えています。それは組合を「会員制の経営体」と認識している人が増えたからなのです。
 新しい組合であるユニオンは、労働者の団結体であり、皆で資金を拠出し合って「闘いの砦」を守らねばなりません。
!!ここに掲載の広告は 当ユニオンとは一切関係ありません!!
 ブックマークこのエントリをはてなブックマークに登録 このエントリを del.icio.us に登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 この記事をPOOKMARKに登録する このエントリをSaafブックマークへ追加 newsing it!

プロフィール

ユニオンニュース

Author:ユニオンニュース



一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」が発行するニュースのサイトです。

新世紀ユニオンの組合費、拠出金等に関する高等裁判所の判決文を掲載しました。 拠出金高裁判決

検索フォーム
アーカイブ

カテゴリ

最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析