fc2ブログ

新世紀ユニオン発行のニュース

新世紀ユニオンの存在意義を理解しよう

 日本経済はバブル崩壊後高度経済成長の路線を、低成長路線に転換しました。つまりこの30年間「強欲の資本主義」の政策がとられました。既成労組は「連合」という反動的上層連合で総家畜化し、賃上げのためのストライキさえ闘わなくなりました。日本では30年間実質賃金が上がっていません。他の先進国では50%~100%実質賃金が上がっているのです。

 バブル経済崩壊以後、日本企業は労働力の安い海外に生産拠点を移し、国内ではリストラ経営が行われました。企業内組合はユニオンショップ協定で、社員すなわち労組員であるために解雇と同時に組合員で無くなる関係で、解雇事案に取り組めません。そこでユニオンが生れ雇用を守る闘いを行うことになりました。すなわちユニオンは強欲の資本主義の政策と闘う必要性の中で生まれ、成長・発展したのです。

 日本では憲法28条で労働3権(団結権・団体交渉権・団体行動権)が保障されています。このために団結体としての労働組合法が作られており、労組に加入しなければ法律の保護を受けられないのが日本の労働法制度です。個人の加入であっても団結体である新世紀ユニオンに加入することで労働組合法の保護を駆使して権利と雇用を守ることができます。

 労働組合は大衆団体です。大衆の中には先進・中間・遅れが当然存在します。職場の労働者の団結を拡大するには先進層を骨幹として組織し、中間層と団結することで、初めて遅れた層をも運動に巻き込むことができます。これを労働運動用語で「大衆路線」と言います。先進層に依拠し、中間層と団結して、遅れた層を引き上げる。こうして職場の労働者の多数派を形成できるのです。

 新世紀ユニオンは結成当初の目的が、全国のユニオンの雇用を守る闘いの戦術レベルを上げることを目的にしてきました。そのためユニオンの闘い方を全国に宣伝してきました。このことが階級敵の怒りにふれ、労組つぶしの攻撃を招きました。

 この数年間の新世紀ユニオンを敵の攻撃から守る闘いは、我々の活動の非公然性、見えにくい活動への転換を余儀なくさせました。当然にも資本主義社会における民主主義には限界があり、労働者の民主と自由にも限界があります。

 民主的で大衆路線の活動と、階級敵の攻撃から組織を守るためには、見えにくい活動との矛盾関係をどう統一するかという課題があります。今後われわれは民主的な大衆路線と非公然性をうまく統一し、実践しなければ存続を続けることができない時代であることを理解しなければなりません。

 つまり組合員の見えにくい活動は、階級敵を恐れ、萎縮するのではなく、創意工夫して見えにくい活動の中で、労働者を組織していく活動を統一するという経験を積まなければなりません。そしてその活動を総括し正反両面の教訓を学び、全体に普及する。そのための職場での活動経験の投稿が必要なのです。こうした活動が新世紀ユニオンが今後追求していくべき創意工夫した活動内容なのです。

 全組合員が労働者の団結の拡大活動に参加して経験を豊富にしていかねばなりません。「一点の火花が荒野を焼きつくす」と言う言葉があります。個々の組合員の闘いが巨大な波になり、労働者の大きな階級闘争に広がるのです。

 一人の雇用を守り、権利を守る闘いが、全労働者階級の闘いにつながるのであり、一人の団結が全労働者の団結へとつながること、一人は万人のために団結して闘わねばなりません。新世紀ユニオンは小さい労組ですが、日本におけるその存在意義の大きさは太陽のように大きいのです。

!!ここに掲載の広告は 当ユニオンとは一切関係ありません!!
スポンサーサイト



労働者は闘う労組に団結しなければ無力である


 資本主義の平和的発展の時期においては、労働者の団結体であるユニオン(=労組)は、労働市場における労働力の価格を引き上げ、労働条件の改善を目的と雇用を守る組織です。

 日本はこの30年間実質賃金は上がらず、組織率は低下を続け、現在は16.9%にまで組織率が低下しています。これは既成労組が、労働貴族の組織に変質し、経営者の利潤の拡大のための組織に変質した結果です。我々はこうした闘わない労組を家畜労組と呼んでいます。

 現在遅れて発展した中国・ロシア・イランなどの独裁連合と、欧米諸国(=NATO)との代理戦争が「ウクライナ戦争」として闘われています。その結果世界的にエネルギーや食糧価格などが高騰し、労働者が経済闘争で勝ち取った賃上げ分は、瞬くうちに物価高騰で取り返されてしまう事態が生れています。

 ウクライナ戦争は、世界市場を分断し、資本主義の市場を荒廃させ、諸国の労働者・人民の生活を苦境に追い込んでいます。欧米では金融不安が高まり、銀行の倒産が拡大しています。ウクライナ戦争が続けば続くほど、世界の市場は荒れ、人々の生活苦が深刻化していきます。

 こうした戦争の時代においては、ユニオンは少数の労働者の先進部分だけの組織では団結した力を発揮できません。平和な社会を守ることもできません。労働者の広大な層に新世紀ユニオンへの団結を呼びかけなければなりません。

 友人の中に大胆にユニオンへの加入を働きかけ、団結の輪を拡大していかねば、日本の労働者の貧困化を防ぎ、雇用を守り、生活を守ることができない時代であることを指摘しなければなりません。

 家畜労組の、闘わないごまかしの労働運動とは一線を画し、労働者の経済的利益、雇用を守る闘い、平和を守る闘いを広げていくには、新しい闘う労組を大きくするほかありえないのです。

 新世紀ユニオンの組合員、一人一人が労働者の組織者にならねば、日本の労働者の貧困化は続くのです。新世紀ユニオンの、労働者の組織化の運動に、全組合員が参加するよう呼びかけます。

!!ここに掲載の広告は 当ユニオンとは一切関係ありません!!
 ブックマークこのエントリをはてなブックマークに登録 このエントリを del.icio.us に登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 この記事をPOOKMARKに登録する このエントリをSaafブックマークへ追加 newsing it!

プロフィール

ユニオンニュース

Author:ユニオンニュース



一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」が発行するニュースのサイトです。

新世紀ユニオンの組合費、拠出金等に関する高等裁判所の判決文を掲載しました。 拠出金高裁判決

検索フォーム
アーカイブ

カテゴリ

最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析