FC2ブログ

新世紀ユニオン発行のニュース

ユニオン交流会に参加して

 先日、交流会に参加できて、自分と同じように不条理な苦境にある方たちとわかちあいができました。

 かつて、不当解雇にあったとき、人間不信に陥り誰とも話したくなくなり、家の中にこもっていました。買い物などで外へ出るときにも道行く人たちが自分のことをあざ笑っているように感じ、とても恐ろしくなり、駆け出して家に戻ったことなども思い出しました。「なぜ、私が解雇されたのだろう」「私はやっぱり駄目な人間なのでは?」自分を責めることばばかりが出てくるのです。

 私は、系列の短期大学への異動を言い渡されたのですが、その時、副学長からは「仕事は今とまったく変わらない、文部科学省へ提出する書類のためだけ」、「あなたは今の学部では嫌われている、短期大学では歓迎している」などというわけのわからないことを言われました。
 
 家族に相談しましたら、短期大学への異動は、キャリアとしてはよくないのでは、といわれ、とりあえず学長に理由を尋ねに行きました。すると、教授会の後に残るようにいわれ、そこから数時間にわたりほとんど軟禁状態におかれたうえ、学長、副学長から人格攻撃や「授業をとりあげるよ」「事務員にさせるぞ」といった暴言をいっぱい言われました。怖くて震えていました。でも、この時すでに録音だけはしていたのです。

 それから、何度か軟禁されて、ひどい言葉をいくつも何時間にわたり投げつけられました。でも、ユニオンの委員長の指示とおり、録音だけはしっかりとっていました。その時は、この録音が私に恩恵をくれるとは思っていなかったのです。

 やがて、突然解雇通知が配達されてきました。学校へ行くことができなくなり、私は上に書いたような状態に陥りました。

 あのころ、ユニオン事務所だけがこころのよりどころでした。委員長は、何時間も何日も話し相手になってくださいました。

 証拠の録音テープをおこす作業にようやくとりかかることができ、その作業をしながら裁判を待ちました。裁判所には最初のテープを一本提出しただけで、二つあった私の解雇理由のうち、「学長、副学長への暴言」という一つの解雇理由をとりさげてきました。

 結果は、勝利的和解を勝ち取ることができました。(何十時間にもなる残りのテープを提出できなくて残念でした。)それからずっと組合員です。

 ユニオンにいくと、かつて私があったような理不尽な立場においやられた方に出会います。その中には、自分を責めている方もいるかもしれません。しかし、ユニオンにいる多くの方は、仕事の才能があり、人間としても魅力的な方が多いです。

 委員長に学び、自分を闘いの中で成長させていくことができます。交流会に参加して、お互いのことをさらけだし、一度は無くしてしまった「人を信じる」ということが、またできるようになることを願っているものです。
!!ここに掲載の広告は 当ユニオンとは一切関係ありません!!
スポンサーサイト

大学で虐げられている人たちへ!

 私は某大学に勤務していますが、これまで教授たちからひどい扱いを受けてきました。初めの頃には、ハラスメントという言葉すらなく、ようやくセクシャルハラスメントという言葉が出回り、それが転じてアカデミックハラスメントという言葉が使われるようになりました。

 その後一般的なハラスメントとして、パワーハラスメントやモラルハラスメントという語が使われ始め、現在では“パワーハラスメント”が定着しました。これは国公立大学が法人化したために、それまで公務員待遇だった大学教員が私企業従業員に準ずる扱いになったためであろうと思われます。そうした中で経験したことをお話します。

 1人目の教授から受けた扱いは、ハラスメントと言えばハラスメントですが、いわゆるパワハラとは違っているので、今回の話からは除外させていただきます。

 2人目の教授からは、昇進と引き換えに従属を要求されました。それを拒否すると、今度は学生の指導を剥奪しようとしたり、研究室ゼミの内容が私の専門分野を排斥した内容で進めるようになりました。

 挙句の果ては、私に指導を押し付けた大学院生の研究データを学会発表する際に「君の名前も付けておいて上げる」と言って自分の成果にした時には、もうダメだと思い、某NPOに相談しました。そのNPOの主催者は日本で初めてのアカハラ裁判を起こしたことで有名な方でした。相談には親身に乗っていただきアドバイスに従って、学長に直訴(?)しました。

 当時の学長は私の訴えを聞き入れていただき、教授の言動を、「それが不快だと感じればハラスメントとなる」と断言してくれました。しかし、当時の研究科長が私の訴えをよくは思わなかったのです。研究科長は件の教授を票田としていたため、擁護に動きました。つまり、学長から委ねられた教授の監視をせず、私を非難し始めたのです。

 NPOに逐次相談していたのですが、主催者は多忙だったため私に相談要員をつけてくれました。しかし、この担当者がNPOの活動に賛同した大学院生であり、おそらく研究テーマとしてアカハラを扱っているだけの素人だったのです。当初は相談に乗ってくれていたんですが、やがて連絡がつかなくなり、主催者に問い合わせると「卒業した」と回答が来て呆れました。

 NPOの総会にも参加してみて気づいたことは、女性が多く感情的な議論が行われていたことです。確かに女性の置かれている立場が悪いことは理解できました。助手のまま長い間こき使われている人や研究成果を盗まれた人、いわゆるセクハラ以外の被害が延々と語られていました。

 しかし、結局は感情的に声高に叫ぶ人が出るとそれに呼応するように感情がほとばしっている、そんな印象が残っています。当時NPOの理事が8人いたと記憶していますが、男性は2人でそのうちの1人は顧問弁護士でした。このNPOは、現在では啓蒙活動や講演会に力を入れているようで、事件の解決はあまり行っていないようです。

 時は流れ、法人化が定着した頃に今度は研究科長から執拗な嫌がらせを受けました。そこで、今度は大学の問題を専門的に扱うユニオンにお願いして、問題の解決を図りました。大学の事件の専門家集団だと思ったのが甘かった。

 そこのユニオンの委員長は、これが人生で最初の団体交渉だ、と張り切っていたのです。最初とは?専門家集団だと思っていたのがとんだ的外れでした。気合だけで何を言っているのかわからない委員長を見て、大学側の研究科長がほくそ笑んでいるの姿が今も目に焼きついています。

 この委員長は法学部の先生だということでしたが、結局相手の言い分を全面的に受け入れることを私に提案してきたため、あきらめて一旦退会しました。

 悪い医者に当ったようなものでした。悪い医者の一例として、辛い症状を訴えても「あなたよりもっとひどい症状の人はいる。だから大丈夫」と言う医者がいます。親身になるならないというよりも、次の病につながるリスクを考慮していない点で悪い医者であるということになります。このユニオンは、無条件降伏をすると次に何が起こりうるのかを考えてなかったのです。

 その後、新世紀ユニオンにお願いして解決に至りました。この2つの経験から言えることは、法的知識を持たない人間にハラスメントは解決できない、ということです。

 NPOの主催者は、裁判に勝った経験からどうすればいいかをわかっているつもりでしたが、あくまで多様なハラスメントのうちのひとつに対応しただけであり、無限に起こりうるハラスメントに対処できるほどの知識を持ち合わせていなかったということです。

 また大学向けのユニオンは、こちらも法的知識が不充分であったため、対応ができなかったということです。リスク管理もできていなかっただけではなく、団体交渉のいろはも知らなかったという点では、無知の悪であったと言えます。

 結論を言えば、法的知識に乏しいところに相談してもムダだし、リスク管理の問題を意識していないところには相談しても結果は伴いません。現在NPOは啓蒙活動を頑張ってらっしゃるし、ユニオンは重篤な患者、ではなく、違法解雇を受けた教員の救出に頑張ってらっしゃいます。

 しかし、表立ってこないハラスメントを受けている教員や研究員の方々は助けてもらえないでしょう。まずは自覚が必要です。大学の教員や研究員は特別な職業ではなく、あくまで従業員=サラリーマンであるということ、を。そうすると、自ずから相談先が、大学の問題を扱う特別な組織ではなく、労働問題を扱う組織でなければならないということ、を。

 私は新世紀ユニオンを勧めているわけでは決してありません。今困っているあなたがいる地域で相談できる組織があるならそこへ行くべきです。何度も辛い思いを話せば、悪い医者でも親身になって診てくれるように、きっといいアドバイスがもらえますから。ただ、起こりうる可能性としては、新世紀ユニオンを紹介される可能性が高いように思えます。
!!ここに掲載の広告は 当ユニオンとは一切関係ありません!!

東京医科大学における男尊女卑

 報道によると、2010年ごろから東京医科大学の医学部医学科において、女子の受験生から一律に原点して、女子の合格者を減らしていました。

 大学の話によると女性は仮に医師になっても結婚を機に退職したり、子育てのために長期に休んだりして、せっかくの教育が無駄になるからということらしいです。また私立といえども医師を養成するのに多額の税金を使っているのだから、国からの助成金カットを恐れていたのかもしれません。

 女子を一律に減点し不合格にすることは、受験料をだまし取る事と同じです。また医学部入試のための予備校の学費の損害を特定の受験生に与える事になります。

 また先進国では男女平等は当然です。日本だけが先進国なのに男女差別が平然と行われているのです。恥ずかしい事に日本は諸外国からブーイングを受けているのです。問題は、女性を医師にさせないよう差別することではなく、女性が働きながら子供を生み、育てる環境が整っていないことなのです。

 医学を学ぶ自由と医師という職業に就く自由は男女を問わず平等にあります。大学へ送る側の受験産業(予備校など)や高等学校(日教組や全教などの教職員計労組も含む)は、この男女差別に人権侵害だと声を挙げなかったのでしょうか。そうしなければ高校や予備校は社会的信用を失っていくでしょう。
!!ここに掲載の広告は 当ユニオンとは一切関係ありません!!

女性差別に対する私の考え!

 東京医科大学医学部医学科の一般入試で、女子が不当な点数操作を受けていた事に関して、強い憤りを覚えます。男子と同じように受験勉強に励み、努力して来た女子に対して、この学校の教職員達に、胸を痛め、「おかしい。」と異議を唱えられる人間が一人もいなかった事に、この大学の腐敗がかなり進行している事がうかがえます。

 裏口入学の実態までもが明らかになり、果たして、この大学を卒業した医師に本当に医師としてのスキルがあるのかとさえ疑ってしまう。この事は、大学の名を地におとしめた、という事よりも、むしろ、本当に実力をもってこの大学に入学し、卒業して行った多くの医師に対する名誉毀損の問題にも係わる。大学は、それらの人に謝罪すると共に、直ちに間違った体制を立て直すべきです。この大学の問題には、社会的背景が強く影響していると思います。

 女子の得点調整についての大学側の弁明は「女性は大学卒業後に出産や子育てで現場を離れるケースが多く、医師不足を防ぐためだった。」としている。確かに、いくら頑張っても、女子が妊娠、出産した場合、産休の中でも、「どうしても休まなければならない期間」というものがある。

 事実、私もブラックな職場で勤務していたために、娘二人共、「産前6週、産後8週」の産休しか休みをもらえず、産後はまだ出血があったり、昼休みに休憩室で母乳を絞っての状態で勤務を続けていた。仕事をしているため、収入が高いので、税金は多く収めているものの、子どもの無料診療制度は受けられず、いつも全額保険診療分の医療費を支払うことになりました。

 大きな病院は午前中で診療が終わってしまうため、かかりたくてもなかなかかかれない現状から、とにかく子どもが病気にならないように予防に努めなければなりませんでした。自身も仕事を休めない事もあり、子ども達の体調管理には細心の注意を払っていた。

 私は25年、ほぼ皆勤無遅刻無欠勤であったが、家庭を持ち、二人の子どもを育てながらのそのような勤務は、本当に大変でした。女性が働きながら子育てをするという事は、このように本当に大変な苦労がいるのです。

 安倍首相は表向きは「女性が活躍できる社会を作る」と言ってはいるが、活躍しようとするならば、現状では「女性の果てしない努力と犠牲」が要求されるのである。私の上の娘は成人し、今大学に通っている。

 しかし、私の背中を見て育って来た娘は、そんな母親の姿を見て、「働きながら子育てをする自信がない。お母さんみたいに頑張れる自信がない。」と言う。

 少子化の原因は、女性が「子どもを産みたがらない」のではなく、女性が仕事を持ちながら出産、育児が出来る社会的設備が整わない現実社会の中で「子どもを産み育てる自信がない」のである。

 女性は男性に劣る事なく、非常に優秀である。女性医師は、むしろ男性医師よりも説明が多い医師が多く、患者に安心を与えてくれる。「優秀さ」や能力に、男女の差などない。優秀な男子もたくさんおり、優秀な女子もたくさんいるのである。

 その優秀な女性が活躍出来る社会をつくる事が急がれる。保育所を増やし、安心して産休、育休を取り、安心して職場に戻って来られる環境、戻りたいと思える環境、をつくるべきなのである。子育てで得た経験は、人間を更に大きくする。

 そのような貴重な労働力を無駄にする事は、国家にとって大きな損失と言える。多種多様な人が、のびのびと力を発揮し、協力しあい、結果を出せる世の中にして欲しいと強く願う。子育て中の働く女性の社会進出、定着は、国益なのである。
!!ここに掲載の広告は 当ユニオンとは一切関係ありません!!

私のアカハラ・セクハラ体験談!

 私は2017年4月から2018年5月まで、某国立の研究所にて研究員として働いておりました。この研究所は、数年前に大きな研究不正を起こして日本中を騒がせましたが、研究レベルが高いことで有名です。そのため、内定が決まった時は本当に嬉しい気持ちでした。

 しかし着任後すぐ、配属された研究室がおかしいことに気が付きました。本来研究室では皆、早朝から深夜まで休む間もなく研究に没頭しています。昨今では過労死問題もありますので、オーバーワークが良いとは言いません。

 しかしこの研究室では毎日のように、就業時間中に所属長主催の雑談や飲み会、食事会が開かれており、研究に十分な時間を割くことができませんでした。更に所属長には、「すぐに就職活動をして、早く退職するように」と着任後すぐに言われました。

 この所属長はこれに留まらず、実験中に「おーっとっと、危ない。危ない。」と言って、頻繁に体を触ってきました。全く危なくない状況でも、満面の笑みを浮かべてしょっちゅう抱きついたり、胸や尻を触ってくるため、セクハラだと認識しました。しかし、この所属長が研究室の全ての権限を握っており、逆らうことは絶対に許されない仕組みだったため、何も言うことができませんでした。

 そんな状況に困惑しつつも一か月が過ぎようとしていた2017年5月に、先輩の研究員が突然所属長に退職強要されました。理由は、投稿前の論文の名前の順番が気に入らないというものでした。この先輩は、この「論文の名前の順番」を研究不正として申し立てられ、すぐに退職届を出さないと懲戒処分にすると所属長に脅されました。

 研究セミナーでは皆の前で資料を破られ、長時間罵声を浴びせられました。その後、この先輩はコンプライアンス本部に相談しましたが解決せず、すぐに自主退職しました。同期の研究員もこの後すぐに退職、気が付いたら研究員は私一人になっていました。

 そんな中、所属長より「さきがけ」という大型の外部資金に申請するように言われました。途中所属長に上記のような邪魔をされることもありましたが、着任して初めての大きな仕事にやりがいを感じ、全力で取り組みました。その結果、見事難関を突破し最終面接に呼ばれることになりました。

 このような場合は本来、上司である所属長は喜んでくれるはずです。そして採択されるよう全力で指導してくれると思います。しかし所属長はこれをきっかけに私への攻撃、つまりパワハラを行うようになりました。まず、さきがけは業務違反であると突然言い出し、採択されたら研究所を退職するよう強く求め始めました。

 それ以外の理由でも、事あるごとに難癖をつけてきて、退職強要されました。次に、実験が全くできない状況にされ、個人科研費で購入したパソコンすら難癖をつけて没収しようとしました。結果として業務が何もできない状況になり、精神的にも追い詰められた結果、さきがけは不採択となりました。

 職場のコンプライアンス本部に相談しましたが、担当が5月に退職した先輩と同じ人だったこともあり、全く解決しませんでした。この時、知人の紹介で新世紀ユニオンに加入しました。

 その後、所属長はさきがけ不採択という目標達成ができたためか、とても優しくなりました。これまでは挨拶すら無視でしたが、少しずつ口をきいてくれるようになりました(ただ、馴れ馴れしくなったことで、セクハラが復活してしまいましたが)。

 そして、禁止されていた実験をする許可も少しずつ与えてくれるようになり、研究も論文にまとめられる兆しが見えてきました。この時、次年度の求人が多く出る時期でしたが、論文執筆を優先したいと考え、就職活動をしなかったのを本当に後悔しています。

 状況が変わったのは、年明け2018年1月以降です。所属長が、突然私の隣の席に移動し、私の行動を監視しながら徹底的に研究妨害を始めました。具体的には、本来の業務とは異なる業務ばかりをさせられるようになりました。例えば、テクニカルスタッフ業務である動物施設の管理や実験室の掃除などを私一人で行うように命じられました(ちなみに、私は動物実験を行っていません)。

 それ以外にも、業務中に酒に付き合わされたり、研究プレゼン用の画面を使って大音量でテレビを毎日見るようになりました。この時、さきがけの最終面接前と同様に研究が全くできなくなり、心身状態は限界に達していました。

 2018年2月末のある日、いつもと同様に所属長に業務外の業務を命じられたため、一人では無理なのでヘルプが欲しいと申し出ました。その結果、突然所属長の態度が変わり、以下のパワハラが起こりました。
 
・研究セミナーにて身体検査をされる
(録音機器を持っていないかどうか)
・研究ノートやパソコン(上記の個人科研費購入品)、デスクをその場で没収
・実験装置(個人科研費購入品)の没収
・本来の研究テーマとは異なる内容の強要
・長時間の罵声、退職強要
・さきがけ申請などを研究不正として、人事へ懲戒処分の申立てられる

 そこで角野委員長と相談し、理事長宛てに要望書を提出、安全配慮義務を守るための研究環境改善を申立てしました。その後、調査委員会が発足しましたが、数か月経っても何の解決策も出されず、やむなく退職せざるを得なくなりました。

 現在は、某大学にてほぼ無給で研究員をしながら、研究の再開と調査委員会とのやり取り、労災申請等を行っています。心身状態はだいぶ良くなりましたが、昔ほど研究を行うことができない状況です。

 先日は大きなめまいの発作が起き、夜中に一人で救急車を呼びました。幸い大きな病気はありませんでしたが、医師に「大きなストレスで起きることがありますが、最近何かありましたか?」と聞かれました。

 それ以外でも、最近は少し体を動かしただけで度々体の不調に悩まされるようになり、寝込むこともしょっちゅうです。仕事を辞めた現在でも日常生活に支障があることを、とても残念に思っています。
!!ここに掲載の広告は 当ユニオンとは一切関係ありません!!
 ブックマークこのエントリをはてなブックマークに登録 このエントリを del.icio.us に登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 この記事をPOOKMARKに登録する このエントリをSaafブックマークへ追加 newsing it!

プロフィール

ユニオンニュース

Author:ユニオンニュース



一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」が発行するニュースのサイトです。

新世紀ユニオンの組合費、拠出金等に関する高等裁判所の判決文を掲載しました。 拠出金高裁判決

検索フォーム
アーカイブ

カテゴリ

最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析