FC2ブログ

新世紀ユニオン発行のニュース

◆解雇に備え日ごろから心がけておくべきこと

 「備えあれば患え(うれ)えなし」何ごとも普段から準備がしてあれば、万一の事態がおきても心配しなくてもすみます。

 先日の新聞報道に電機業界トップの利益を上げている松下が7000人のリストラを発表したことがのっていました。今や企業の業績が良かろうがと悪かろうが、リストラ経営が当たり前となっています。

グローバル化がそれほど企業に生きるか死ぬかの競争を強制しているのです。

 こうした状況の下では労働者が普段から解雇に備えて準備しておくことが重要となっています。

(準備の第1)人脈づくり
 社員の住所録を作っておくこと、これは年賀状を出すのでと言って普段から少しずつ作っていくこと、職場の付き合いも必要!

(準備の第2)独自の情報
 会社内に情報網を作っておくこと、互いに情報交換できる人を他の職場にも作っておく

(準備の第3)資金の準備
 収入の1~2割を闘争資金(裁判費用)として蓄えておくこと

(準備の第4)組織的準備
 新世紀ユニオンなど信頼できる労組に加入しておくこと、加入に当たっては会社の手先のようなユニオンに注意すること

(準備の第5)理論的準備
 リストラ対処法や労組法を普段から身につけておく

(準備の第6)証拠の準備
 ICレコーダーや小型録音テープで、上司のリストラに関する発言を記録しておくこと

 (準備の第7)自己保全
 普段から無断欠勤をなくし、仕事上のミスを少なくして勤勉に働き、同僚に気を配り、隙を作らない。

 以上の7点を普段に心がけておけば、ほぼ100%雇用を守ることができます。もし解雇されても準備さえしておけば勝利することができるのです。

 これら7点のうち一番重要なのは第7の隙を作らないことです。リストラの対象にリストアップされないことが1番の対処法だということを肝に銘じてほしいのです。

 リストラの攻撃対象になった人の話を総合すると、一般的に解雇の対象者にリストアップされる人は(1)病気で休むなど、出勤率が悪い (2)職場で友人が少なく孤立している、おとなしい (3)仕事ができ、上司にライバル視されている (4)かつて仕事で大きなミスをしたことがある (5)仕事のことで対立し、煙たい存在となっている。以上のような人がリストアップされる場合が多いのです。

 このほか、自分の仕事のエキスパートになること、幅広い情勢認識を身に付けておくこと、決してイエスマンにならないこと、上司であっても言うべきことは言うこと、同僚に信頼される存在となるよう心がけることが大切です。

 リストラの対象となった場合、いつの間にか自分が“村八分”にされ、必要な仕事上の情報すら教えられなくなる場合が少なくありません。したがって情報網はできるだけ管理職に知られない形で作っておく必要があります。

 人脈ができたら、その中の信頼できる人を組合員として組織していきます。仲間が増えれば心強いし、ユニオンの支部ができれば要求を組織して団交を申し入れることもできます。“労働者は団結しなければ無力だ”ということを説明できるように労働運動について学ぶことも必要です。

 リストラ時代には、それに対応した日ごろからの準備と心がけがなければ雇用を守ることも難しいのです。
!!ここに掲載の広告は 当ユニオンとは一切関係ありません!!
スポンサーサイト



◆大学入試制度について

 今年は1月15日と16日の土日に全ての国公立と一部の私立の四年制大学への第一関門である大学入試センター試験が行われました。

 今回は、重大な出題ミスがありました。「国語I」において、実際に教科書に掲載されている問題が出題されました。したがって、その教科書を読んでいる高校生とそうでない受験生との間で不公平が生じています。しかも誰がこの教科書を読んでいたか把握するのが困難ということで、得点調整はされません。

 問題を出すにあたって、大手予備校に点検を依頼していると聞いたことがあります。よく、授業で取り上げた問題が「的中した」と言われますが、問題が漏れていると感じます。予備校へ行くだけのお金があるかないかで合否が決まると言っても過言ではないでしょう。

 大学入試は、特に、その人の将来の職業を左右します。確かに、高卒であれば年齢制限はないのですが、四年間(医歯薬は六年間)通うだけの学費と生活費を考えれば、親に授業料を出してもらい、一年でも早く就職した方がよいでしょう。また、就職するときの年齢制限のために、高卒後すぐか長くて一浪で大学へ入るのが普通だと思います。

 生涯学習と称して、仕事を辞めて大学に通うのも見受けられますが、その後の再就職は保証されません。お金がかかるだけです。また、転職して医者になりたい人は、大学医学部(医学科)に入る以外方法がありません。医学部へ入るのに、大学入試センター試験は全ての科目でほぼ満点を取らねばならず、記述式の二次試験は非常に難しいです。

 私達「高齢の」労働者が秀才の高校生(一浪も含む)と同じ試験を受けるのは抵抗があります。負担も大きいです。医歯薬学部にこそ働きながら学べる定時制が欲しいです。

 医歯・歯科医師・薬剤師や弁護士などのように免許があれば即就職可能なものがある反面、教員のように免許があっても採用試験に合格して初めて就職可能なものがあるのは問題だと思います。即就職可能な資格は、手に入れるのが困難です。「教員免許がある」だけで教員採用試験に合格しなければ、せいぜい不安定雇用の一年契約の講師です。

 私は、遅くても高校生の段階で自分の職業を決めなければならないことは反対です。高校の先生は、教科のことはよく分かっていても、経済のことや労働問題のことはよく分かっていないのです。中学校や小学校も同様です。

 秀才(学力試験の優れた人)かどうかを振り分ける制度も反対です。これでは、天才(生まれつき特定の分野で優れた能力のある人。ただし、仕事をして初めて生かされる。)が見つかるはずがありません。

 他の先進国では、高校を卒業すれば(卒業試験がある)、無条件で大学に入学できる国があります。日本や韓国は、入試が難しいという点では発展途上国と同じです。大手予備校などの受験産業が甘い汁を吸っているとも言われています。

 大学入試に限らず転職も厳しい現在では、何らかの形で正社員で働いている以上は下手に動かないで自分の雇用を守るのが優先だと思っています。
!!ここに掲載の広告は 当ユニオンとは一切関係ありません!!
 ブックマークこのエントリをはてなブックマークに登録 このエントリを del.icio.us に登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 この記事をPOOKMARKに登録する このエントリをSaafブックマークへ追加 newsing it!

プロフィール

ユニオンニュース

Author:ユニオンニュース



一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」が発行するニュースのサイトです。

新世紀ユニオンの組合費、拠出金等に関する高等裁判所の判決文を掲載しました。 拠出金高裁判決

検索フォーム
アーカイブ

カテゴリ

最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析