FC2ブログ

新世紀ユニオン発行のニュース

仕事のミスを理由とする損害賠償について

 最近の労働相談で、会社に損害を与えたとして損害賠償を請求されたり、解雇されたりする例が増えています。なかには損害を理由に給料や退職金から一方的に損害賠償金を差し引く例もあります。

 労働者の機械の操作ミスや、自動車運転中の事故は日常的に発生しており、仕事上のミスは人間である限り避けられないものです。

問題は労働者の仕事上のミスにより生じた損害の全てについて、労働者が賠償しないといけないかと言うことです。この点では基本的に労働者が労働のなかで通常求められる注意義務を尽くしている場合には損害賠償義務は発生しないことを知っておいてください。

 またささいな不注意から損害が発生しても、そのミスが一定の確率で発生する性質のものであれば損害賠償義務は発生しません。

 ただし労働者に重大な過失や故意がある場合には、損害賠償義務を負うことになります。この場合でも労働者が発生した損害の全てを負担しなければならないという事ではありません。

 労働者の過失の割合や管理上の責任があるなどによって損害の分担はちがってきます。

 仕事上のミスに対し、すでに懲戒処分が課せられている場合、その上に損害賠償まで課すことは権利の濫用となる場合があります。

 仮に労働者の側に重大な過失があり、損害賠償請求権が会社にあったとしても、一方的に賃金(給与)から差し引くのは違法です。(労基法24条、17条)つまり賃金から天引きすることはできません。

 ただし労働者が賃金からの天引きについて同意した場合は有効とされますので損害賠償の天引きについては断固拒否して下さい。

 労働者の過失について言えば、そのミスが労働過程に内在する性質のものであるのか、それとも会社が労働者の教育訓練をきちんとやっていなかったためか、あるいは労働条件が劣悪であったためか、さらにはミスを防止する管理上の措置がとられていたかなどで賠償義務の有無がちがってきます。つまりはケースバイケースだということです。

 これまでの相談の中には印刷会社が、お客の電話番号が間違っていたことを口実に損害賠償を求めた例もありました。この場合は会社が校正担当者を置いて二重のチェック体制を取れば防止できたのであり、管理上のミスと言えるものでした。

 また会社が賠償を求めないかわりに退職せよと主張したり、損害賠償として月々給与から一定額を天引きする、それが支払い終わるまで退職させないと主張する場合もあります。このような場合でも不当な賠償請求として拒否して下さい。

 仕事上のミスを理由とする損害賠償はそれぞれのケースで取るべき対応がちがってきますので、不明なことがあれば新世紀ユニオンに相談して下さい。
!!ここに掲載の広告は 当ユニオンとは一切関係ありません!!
スポンサーサイト



◆民主党の逃げの姿勢が小泉大勝の原因!

 「改革なくして成長なし」「郵政改革反対か賛成か」「改革を前へ」という小泉総理のキャッチコピーに、民主はしてやられたということだと思います。国民は、「改革」という言葉にそれぞれが、それぞれの思いを抱いて、いまの現状を変革している果敢な人として小泉総理を描くことに成功したことと、一層の貧困化、切捨ての中で、政権党依存バネが働いたと思う。

 民主は大局をみることができず、そのキャッチコピーに「郵政改革反対」「小泉政権の退陣なくして真の改革はない」と真っ向から対峙して、争うことができなかったことが大きな敗因であると思う。

 小泉の自民党改革により、民主党がもう都市型政党としては生き残れないこと、自民党から切り捨てられる層と地方に的を絞り、選挙を展開しきれなかったとこと。自民党が少数の都市型、大統領型政党に一気に転身して、民主党は自民党が変わることによって、自分の立つ位置は自ずと変わっているのにそのことを自覚していないまま、政権交代を訴えても、迫力も、何もない。

 郵政改革「反対か賛成か」で勝負にきているのに、もっと大切なことがあると、受身と逃げの姿勢として岡田民主党イメージを与えたのだと思う。今後、「改革」が進むにつれて、反対へのブレがおこる趨勢になっていくと思う。

 自民党がオールキャッチ政党からの脱皮による、見捨てられ落ちていく階層、階級、地方をどう掴むのかが、これからの課題であると思う。
!!ここに掲載の広告は 当ユニオンとは一切関係ありません!!

◆出向攻撃といかに闘うか!?

 「出向」とは雇用先企業の従業員としての地位を保ったまま、他企業や子会社の仕事に従事させる人事異動のことである。

 かっては、出向は雇用契約の重大な変更なので民法625条に基づき、労働者本人の同意が必要とされていました。ところが政府の労働分野の規制緩和・「労働力の流動化」政策の下で、現在では使用者(会社)が出向を命じうる旨が労働契約の内容になっており、出向先での労働条件等が明示されていれば、会社の一方的な出向命令は合法であるというふうに変わってきているので注意が必要である。

 具体的に説明すると、就業規則に「会社は従業員に転勤、出向を命ずることがある。この場合、従業員は正当な理由なくこれを拒むことはできない」と明記され、さらに出向の場合の労働条件が定められている場合は、出向命令は有効であるとされている。

 また入社時の個別労働契約に出向の説明と同意がなされている場合は有効となる。

〈どのような場合違法な出向か〉 出向が組合作りや、組合活動を妨害する目的でおこなわれる場合は不当労働行為(労働組合法第7条)にあたり、また本人の思想を嫌悪しておこなう出向は思想信条による差別(労基法第37条)にあたるので出向は無効となる。

 また労働協約や労使の人事協議条項や就業規則に「同意条項」がある場合、それに違反してなされた出向命令は無効となる。

 また企業側がその労働者を嫌悪していたり、処分し、それに本人がしたがわず対立関係にある場合で、報復としておこなわれる遠隔地への出向は権利の濫用になる。

〈出向が権利の濫用になる具体例〉

1、 同居している病気の親がいる場合
2、 出向の人選と業務上の必要性に合理的な理由がない場合
3、 対立関係が存在し、その報復として出向が命じられ場合
4、 本人が腰痛などの持病を持っているのを承知の上で、重い荷物を持つ仕事へと出向を命令した場合
5、 専門職で雇用されているのにその職歴が活用されない分野への出向命令
6、 また「人員削減」を目的として、本人が拒否せざるを得ない遠隔地に、小さい子供を残して単身赴任を強いる出向を命令し、拒否を口実に解雇するような場合は、実質的に整理解雇であり、この場合整理解雇の4条件に照らして解雇は無効となる

* 違法な出向や権利の濫用となる出向が出た場合は、証拠を残す意味から質問の上撤回を文書で求めること。解雇を回避するための異議を申し立てた上で、出向先で就労しながら出向命令の効力を裁判で争う方法もある。

* 出向に応じる場合には、出向期間、労働条件(賃金・賞与、仕事の内容、就労場所、社宅、出向先の就業規則など)を書面により確認しておくこと、出向から数年後に、出向先に転籍させる例が多く見られるのでこのことは重要である。

* 出向反対の闘いで重要なことは“備えてのち闘う”ことである。証拠を十分に集めた上で、闘いの戦術を決め行動にうつすことである。

* 不明の点は新世紀ユニオンに相談してください。
!!ここに掲載の広告は 当ユニオンとは一切関係ありません!!

◆レクサス販売店をのぞきました

 今日、平成17年8月30日(火)にレクサス奈良八条がオープンしました。私は夕方早速立ち寄ってみました。トヨタの超高級車を買うつもりもないのに年収の少ない私は、入るお店を間違えたような気がします。

 レクサス販売店は、日本でよく売れている高級外車のベンツやBMWの販売店に対抗して、とにかくこぎれいになっています。店員さんによる客追いはありません。商談用のテーブルは半個室となっており、いすは全て黒本革です。

 トイレは、大便器は洋式の温水洗浄便座で、ふたは自動で開きます。トイレの壁は鏡になっており、自分の姿が映し出されます。車の点検待ちのお客様に対しては、オーナー専用の液晶大画面付きの待合室があります。

 展示されている車は、汚れを防止するためのビニールは一切してありません。車の室内灯は、LEDでほんのりと照らしています。もてなしを強調しています。店を出るときに少し上等なひも付きの紙袋入りでパンフレットを渡されます。どちらかと言えば、モーターショーと言う感じです。

 私は、今日は時間の関係でレクサス店のごく一部しかみることはできませんでした。トヨタに興味ある方はもちろん、トヨタ不買主義者の方々にもぜひ立ち寄ってもらいたいと思います。

 トヨタの本心は、ごく一部の金持ちに対して優越感を与えることだと思います。

 レクサスが欲しいと思ったら、レクサスでは決して手に入らない魅力を持った車を探すことをお勧めします。特に4WD(AWD)のセダンは要注意です。レクサスGS350とIS250のAWD車はスバルやアウディと比べてどうかは見ておいた方が良いと思います。
!!ここに掲載の広告は 当ユニオンとは一切関係ありません!!

◆詩 詭弁の人

選挙なんてチョロイもんさ
美人刺客で「悪者」たいじ
「改革」かかげりゃ皆だまされる
民営化でブッシュに奉仕!
人生いろいろ、首相もいろいろ

政治なんてチョロイもんさ
「自民党をぶっつぶす」で大勝利
詭弁で皆だまされる
大増税でしぼり取る!
人生いろいろ、首相もいろいろ

外交なんてチョロイもんさ
ブッシュの言いなり日米同盟
国際貢献で皆だまされる!
復興支援で海外派兵!
人生いろいろ、首相もいろいろ

政治家なんてチョロイもんさ
売国奴も靖国行けば愛国者
平和祈念で皆だまされる
憲法改正で戦争へ!
人生いろいろ、首相もいろいろ

人生なんてチョロイもんさ
妻を捨て子を捨てて姉選ぶ
詭弁とウソに皆だまされる
“変人”政治家ブッシュポチ!
人生いろいろ、首相もいろいろ
!!ここに掲載の広告は 当ユニオンとは一切関係ありません!!

◆求められる失業者への仕事起こし

 私は、大阪府内の失業者への仕事起こしができていないように思われます。日本共産党が、国政選挙の公約で「解雇規制法」を制定をして失業者をくい止めると提唱しています。しかし、法では規制しきれずに、正社員や派遣労働者、アルバイト、パート、請負(建設関係では手間請)などの労働者が失業者になってしまいます。そうなった場合には、失業者に特技や技能、技術を加味した仕事ができるように、失業対策事業の復活が求められます。

 昔は失業者むけの失業対策事業ありました。1949年に、全日自労(全日本自由労働組合、現在の全日本建設交運一般労働組合)が1000万人の失業者を対象に当時レッドパージで解雇された労組活動家が先頭にして作られました。

 全日自労が失業者を組織して失業対策事業を確立していきました。現在は政府の失対事業を長年にわたってなくしてきましたが、仲間は、中高年就業事業団の確立やシルバー人材センターでの就労をしています。

 小泉政権のもとでは、失業率が軒並み増えています。現在は、残念ながら建交労のみが失業対策事業の復活のために1999年に作られた「緊急地方雇用交付金」の廃止反対と失業者団体やNPO関係への失業対策事業の優先発注の運動をしていました。他の労働組合は、組織内のリストラや合理化、倒産、破産などの争議対策で手一杯で為す術がありません。

 私は、大阪府内の失業対策事業確立のための共同の輪を広げ、失業者への実態調査や仕事作りの企画・提案、市単独もしくは府からの補助金獲得に向けて取り組むことです。
!!ここに掲載の広告は 当ユニオンとは一切関係ありません!!

◆恐怖の独裁政治へ

 去る9月11日(日)に郵政解散による衆議院選挙が行われました。自民圧勝で民主党は大幅に議席を減らしました。共産と社民は現有議席維持ですが、前回の選挙で議席を大幅に減らしております。自民と公明を合わせると、約2/3になります。私は、今までは政策等でずっと共産党に入れ続けましたが、今回は小泉内閣即時退陣を第一に考え、小選挙区に限って民主党に投票しました。尚、最高裁の国民審査は全員×です。私が投票した選挙区の候補者は当選しましたが、民主党全体で多くの候補者が落選しました。

 自公で3/2の議席を占めると言うことは、言うまでもなく、何もかもがアメリカの言いなりにされ、全て私達国民が犠牲になります。郵政民営化、年金改悪、アメリカに都合の良い憲法改正、イラクへの自衛隊派遣、靖国神社、その他色々。その結果どうなるか心配しています。

 さて、民主党が敗れた原因の一つは、郵便貯金の預入限度額を1人1000万円から最終的に500万円まで引き下げることを公約にしたことだと私は考えます。郵政民営化がアメリカ国債購入に資金を回すためだと知っている以上は、自民・公明も民主も根本が全く同じです。現実には郵便貯金を1000万円を超えて預けている人が今もなお数多くいますから、銀行に対する金融不安を抱いている富裕層が自民党に投票したのだと考えられます。金融不安のため、ただでさえ減額して1000万円に収めるのに苦労するのに、500万円まで減額するのは、賃金を郵便貯金に預けている郵便局員が困ります。また、貯金・保険の職員のリストラもあり得ます。前回の衆議院選挙のような「高速道路を全部無料にする」というノリではいけません。

 公的年金に関しては、私はどの政党も支持しません。税金投入制度や報酬比例は誤っています。税金を投入して最低保障年金を謳うのなら、保険料を取る必要はありません。それなら福祉年金でいいのです。報酬比例は低賃金化の昨今では現在の生活どころか老後の生活が不安です。年金イコール老齢年金と思われますが、遺族年金や障害年金の問題点は全く取り上げられておりません。遺族年金は男女で命の値段が違います。障害年金は福祉年金(全額税給付)でいいのです。労災保険や雇用保険や健康保険まで問題点を洗い出す必要があります。とにかくゼロ金利や保険料を食い物にする人物が存在する以上は、いかなる改革をしてもだめです。従って私は、全ての年金制度を白紙撤回して、当分の間は民間(簡保含む)の生命保険会社による個人年金1本にすべきだと言いたいです。

 民主党は政権交代どころかもはや「野党」の資格も失っています。それを支持した「連合」や全逓は即時解散してもらいたいです。私はただ対米自立を求めるのみです。
!!ここに掲載の広告は 当ユニオンとは一切関係ありません!!
 ブックマークこのエントリをはてなブックマークに登録 このエントリを del.icio.us に登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 この記事をPOOKMARKに登録する このエントリをSaafブックマークへ追加 newsing it!

プロフィール

ユニオンニュース

Author:ユニオンニュース



一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」が発行するニュースのサイトです。

新世紀ユニオンの組合費、拠出金等に関する高等裁判所の判決文を掲載しました。 拠出金高裁判決

検索フォーム
アーカイブ

カテゴリ

最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析