FC2ブログ

新世紀ユニオン発行のニュース

◆地上波デジタル放送に秘められたる狙い!

 私は、オリンピックを観るために地上波デジタルチューナー内蔵の20型液晶ハイビジョンテレビを買いました。最も安いものでも10万円はしました。

 デジタル放送を受信するためには、テレビの住基ネットカードといわれているID番号付きのB-CASカード―株式会社ビーエス・コンディショナルアクセスシステムズ(http://www.b-cas.co.jp)をテレビに挿入しておく必要があります。

 また、B-CASカードを使用するためには、ユーザー登録が必要になります。ユーザー登録をしなければ、カードの再発行はできませんし、バージョンアップによるカードの交換が受けられません。もし、バージョンアップをしなければ、電波が微妙に変わったときには受信できなくなるでしょう。

 反対に、ユーザー登録をすれば、NHKへ個人情報が提供されます。このテレビは、BSデジタルチューナーも内蔵されているため、NHK受信料は衛星放送料金が必要です。NHKへ衛星契約しなければ、BSデジタルを受信してから30日たつと、「NHKへ連絡してください。」といった内容のメッセージがテレビ画面のど真ん中に出て、以後NHKの衛星放送が楽しめなくなります。

 要するに、NHKはB-CASカードの番号で、契約状況を把握しているのです。WOWWOWのようなスクランブル装置なしで、契約者以外への制限ができるのです。また、B-CASカードはICカードのため、視聴情報が記録されます。それで、バージョンアップして、古いカードが回収されたときは、どんな番組を見ているかが知られてしまいます。

 双方向データ通信(電話回線をつなぐ)を受けた場合は、どんな番組を見ているかまるわかりです。

 テレビの放送をデジタル化するのは、どんな狙いだったのでしょうか。「テレビ」を通して思想調査したり、NHKが受信料を一人残らず回収するのが狙いでしょう。しかも、割高の衛星料金で。オリンピックを観るのは、今回も従来通りの地上波アナログ放送でということになります。

 これからは、個人情報の観点でテレビの電源を入れるのも注意しなければならない時代がくるでしょう。
!!ここに掲載の広告は 当ユニオンとは一切関係ありません!!
スポンサーサイト



◆教師は教育の反動化と国家統制に反対しよう

 「愛国心教育」を進めるための教育基本法の改悪作業が今日加速していると報道されています。

 日本の歴史を歪曲した歴史と公民の教科書の普及も進められています。また教職員に対する免許更新制や能力主義の導入など国家統制の強化の計画が進んでいます。

 東京では石原右翼知事の下で「君が代」斉唱が強権的に行なわれています。

 教育「改革」の名で教師に対する統制の強化・支配の強化が進められています。このため教職員の精神疾患が急速に増大しています。

 しかも日本は「超少子化国」となったため私学の学校経営は生徒数の急減で困難を極めています。

 政府の私学助成による統制が強まる危険性が高まっています。

 現在進められている教育の反動化・国家による統制の強化が、9条改憲や米軍と自衛隊の軍事一体化、世界的規模の日米同盟の強化と関連していることは明らかです。愛国心教育が歴史のわい曲とセットでイデオロギー面から戦争体制が進められようとしています。

 忘れてならないのは、かつての軍国主義の時代も政治反動と教育の国家統制は一体のものとして進められたのです。

 重大なことは教職員の労働組合がこれらに有効に反撃できていないことであると私は思います。たとえ「連合」は闘わなくとも、教職員労組は“日本の良識” を代表するものとして、教育の反動化と国家統制に反対してほしいと願っています。
!!ここに掲載の広告は 当ユニオンとは一切関係ありません!!

◆センター試験のリスニングテストは不要だ!

 去る1月21日(土)と1月22日(日)に大学入試センター試験センター試験が行われました。今回から英語の試験にリスニングテスト(聞き取りテスト、ヒアリングテスト)が導入されました。このテストは各試験会場における放送設備によるばらつきをなくそうと、受験生一人一人に巻き戻しできない一回限りの特注のICレコーダーとヘッドフォンが貸し出されています。

 ところが、案の定トラブルが多発しました。機械の故障やヘッドフォンの断線はもちろん、聞いている途中でICレコーダーを落としてしまい、その後続きを聞けなかったという受験生が数多くいました。再試験も行われたそうだが、この事故のために他の教科まで影響を受けた受験生がいるのです。

 この特注のICレコーダーは恐らく入札等で一つの業者に作らせているのでしょう。また、本当は全部の製品について不良品がないかテストすべきなのだが、一回ぽっきりの再生のため、テストしたらその製品は即廃棄処分です。そのため、テストしないで不良品を混ぜたまま失敗の許されない試験会場に流したでしょう。

 私は入試制度それ自体が反対です。遅くとも高校生までに職業の選択の幅を狭めるからです。リスニングテストは、英検の中ですればいいのです。二次試験は面接です。しかも、相手は、生身の人間です。中にはネイティブスピーカー(英語を母国語とする人)もいるのです。それでコミュニケーション能力は充分に試せるのです。
!!ここに掲載の広告は 当ユニオンとは一切関係ありません!!
 ブックマークこのエントリをはてなブックマークに登録 このエントリを del.icio.us に登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 この記事をPOOKMARKに登録する このエントリをSaafブックマークへ追加 newsing it!

プロフィール

ユニオンニュース

Author:ユニオンニュース



一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」が発行するニュースのサイトです。

新世紀ユニオンの組合費、拠出金等に関する高等裁判所の判決文を掲載しました。 拠出金高裁判決

検索フォーム
アーカイブ

カテゴリ

最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析