FC2ブログ

新世紀ユニオン発行のニュース

2010年度活動総括(案)

(1)2010年の世界情勢の特徴は、マネーゲームの帰結であったリーマンショック以後の世界同時不況の下で、賃下げ、福祉の切り下げが世界中で進行し、各国が経済危機を労働者を犠牲に切り抜けようとしていることである。
 また経済危機とともに地球環境の危機が広く世界に認識された年でもあった。全世界的な天候の激変と災害が地球環境を守ることの重要性を全世界の人々に認識させたことは重要である。
 国際政治の面では、イラク・アフガニスタンの戦争でアメリカの敗北が明確となり、同時に中国やインド、ブラジル等の台頭によって世界の多極化が一層明確になった。
 とりわけアジアにおける中国の大国主義・覇権主義の野望が明白となってきたことに注目しなければならない。

(2)国内情勢の特徴は、国民の政権交代の選択に対し、反動の側(アメリカ・官僚・財界)の巻き返しが「政治とカネ」「普天間」を口実に展開され、鳩山政権は「非小沢政権」としての菅政権にとってかわられた。これはアメリカの手先であるマスコミを総動員した陰謀・政変といえるものであった。
 しかし他方では検察の腐敗・歪みが明らかとなり、日本の官僚機構の組織的劣化が明らかとなってきた。反動勢力の政策課題としての消費税10%にする菅首相の狙いがあり、また法人税減税を菅首相が財界に約束したことから、財界・官僚重視の政治が 菅裏切り政権によって展開されようとしている。また、アメリカのドル安誘導による円高は、日本企業に新たなにリストラを課題として浮上させている。

(3)こうした内外情勢の下で、新世紀ユニオンの無料労働相談は、前年に続いて高い伸びを示してきた。
 労働者の賃下げ、首切り、労働強化、パワハラ、セクハラ等の攻撃は一層増え、日本の労働者が精神的・肉体的搾取強化に直面していることが労働相談に反映している。
増えつつある争議の中で当ユニオンの財政危機は、活動上多くの困難をもたらしてきた。とりわけ宣伝費の欠乏は組織活動上のネックとなっている。
 闘われてきた拠出金・組合費支払い請求の裁判(本人訴訟)は、9月10日の判決で当ユニオンの完全勝利となったが、元組合人のNは支払いを拒否するため高裁へ控訴した。この裁判内容は、個人加入ユニオンの財政上の合法性を争うものとなっているので本年の高裁での戦いが重要な課題となっている。
 長年の課題であったホームページの改善が組合員の協力で本年も前進し、委員長のブログともに当ユニオンのネット発信力が拡大したことは重要な前進と評価できる。
 組合ニュースの改善も一定前進した。投稿が増えつつあることは評価できるがなお一層改善していかなければならない。
 新世紀ユニオンの組合員の多くが職場で退職強要と闘い、また審判、あるいは裁判などで闘いを展開している。6月に開かれた組合員交流会では、職場で闘っている組合員の生き生きとした体験が語られ、どのように闘うかが論議され、交流を深めることができた。苦難は人を練磨する。多くの組合員が闘いを通じて人間として成長してきていることを確認できた1年であったと総括することができる。
 多くの組合員の不当な攻撃と闘う中で困難を一つ一つ克服する中で確信を深めていることは重要な経験であり、ここから教訓を導き出して相互に学び合い、失敗を後の戒めとし、勝利におごらず団結を強化していかなければなりません。
 一人一人の組合員の闘いを勝利していくことが日本の労働者の雇用を守り、労働条件の向上と団結の拡大につながることを信じ前進しなければならない。
!!ここに掲載の広告は 当ユニオンとは一切関係ありません!!
スポンサーサイト



兼業(二重就職)は解雇の理由となるのか?

 
 私は、昼間はある会社の正社員として働き、夜は運転代行の会社でアルバイトをしていました。
 この兼業が会社に発覚し「就業規則違反だ、アルバイトを辞めないと解雇する」と言われました。
 アルバイトは深夜に及ぶとはいえ正業の方とアルバイトの労働時間は重なっていないのですが、このような解雇は法律上許されるのでしょうか?


 就業時間外は本来労働者の自由な時間でありますから、就業規則で兼業を全面禁止にすることは合理的とは言えませんが、本業を困難とするような場合は制限が可能です。
 あなたのアルバイトは、運転代行であり深夜に労働が及ぶ場合が多いのですから兼業禁止には合理性があると言えます。
 労働者の自由時間は精神的肉体的疲労回復のため休養に用いることで次の労働日における誠実な労働の基礎的条件をなすものであり、あなたのアルバイトのように就業時間が重なっていないとはいえ、アルバイトが深夜に及べば疲労が昼間の正業に影響を与える可能性は高く、また交通事故の可能性も高くなるのですから、会社の「アルバイトを辞めないと解雇する」との主張には正当性があると思われます。
 質問者が、経済的理由があってアルバイトをしているのだと思いますが、無理な兼業は過労死の原因ともなり、また事故の原因となる可能性があります。
 会社に対する労務提供に支障が生じない兼業は解雇の対象にはなりません。しかしあなたの場合は運転代行であり、労働が深夜に及ぶわけですから、会社が就業規則違反として解雇の意思を表明するのは理由があると判断される可能性が強いのです。
 したがってアルバイトを辞めて正社員の地位を守ることをお勧めします。今は正社員のポストを守ることが大切であり、この事案で会社と争うことはお勧めできません。
 どうしても経済的理由からアルバイトが必要であるなら正社員としての労働に影響を与えない1~2時間のアルバイトを探して下さい。
 つまり兼業(二重就職)のすべてが解雇の理由となるわけではありません。会社の就業規則に「会社の許可なく他人に雇い入れられること」を禁止していても、会社への労務提供に格別の支障がない程度の短時間のアルバイトは禁止の対象とすることは許されません。
 それからアルバイトをしていることと、正社員でどの会社で働いているかは、人には絶対に話さないようにしないといけません。
 秘密にしておけば今回の事も問題にはならなかったのです。
 会社がすぐに解雇せず、アルバイトを辞めれば今回の事は不問にすると指導しているなら、今回はその指導に従うべきでしょう。
学習コーナー
「辞めろ」と言われた時の対応について!
 社長に「辞めろ」と言われた時は冷静に解雇なのか、それとも退職を促しているのかを確認することが必要です。社長に「辞めろ」と言われると労働者は解雇されたと思い込む場合が多くあります。
 解雇事案として解雇権の乱用として闘うのと、退職勧奨による合意解約が成立しているかどうかの問題として闘うのとでは大違いだということです。
 つまり「辞めろ」と言われたら退職を促しているのか、解雇なのかを確認することが重要なのです。もし退職勧奨であれば「私は辞めません」と答えて下さい。
 解雇であれば普通は「解雇通告書」が手渡されます。これは受け取ってかまいません。次に「解雇理由書」を出すよう要求します。「解雇理由書」によって就業規則のどの条項に基づく解雇なのか、具体的に分ります。整理解雇であるのか、懲戒解雇であるのか、能力が無いという理由の普通解雇なのかがはっきりします。
 口頭による解雇の場合など解雇理由があいまいな時は内容証明郵便で質問して会社の回答を求めておくことが不可欠です。(この場合はユニオン指導部と相談し質問書を出すようにします。)
 使用者は退職の事由を記載した証明書を交付する義務があり、解雇の場合は解雇理由を具体的に記入しなければなりません。(労基法22条1項)
 組合が団体交渉を申し入れたり弁護士が解雇理由を質問したりすると、会社が異なる解雇理由を後付けで変更してくることがよくあります。したがって初期段階の解雇理由を録音しておくことが重要となります。また必要な証拠の収集をユニオンの指導でおこなうことになります。
 次に重要なのは内容証明郵便で解雇を認めないこと、解雇の撤回を求め、同時に就労の意思を表明しておくことが必要です。これによって解雇後の賃金請求権を確保することができます。
 注意しなければならないのは、退職金を受け取ったり、社員証や保険証や制服を返せと言われても返却したりしてはいけません。解雇を追認したと取られる事は、できるだけ回避するようにします。
 次に問題となるのは、解雇を争う場合、裁判(本訴)を闘うか、仮処分を闘うか、労働審判で闘うかを決めなければなりません。
 一般的に言うと、早期に金銭解決を希望するなら労働審判がよいが金額は少なくなる。決定的な証拠がある場合は仮処分裁判で「賃金の仮払い」を受けつつ本訴を闘うという戦術も取れます。また証人調べが必要な、双方の主張が対立している事案では本訴を闘う事になります。
 一番ダメな闘い方は、証拠を集めない内に団体交渉を申し入れることです。団体交渉で解雇を撤回する例はほとんどないので、最悪の事態(裁判)を念頭に証拠を集めることが決定的に重要となります。
 経験が示しているのは、証拠が十分であれば裁判で勝利を目指し現職復帰を目標にします。証拠が少なく勝利が不確定な場合は和解による金銭解決を狙うことになります。つまりこの勝利をめざすか、和解をめざすかを分けるのが初期段階の証拠なのです。
 したがって解雇の可能性が出てきた時点でユニオンの指導部と相談し、証拠の集め方の指導を受けるようにして下さい。
!!ここに掲載の広告は 当ユニオンとは一切関係ありません!!

解雇撤回の裁判を決意!

 今年の春先、新世紀ユニオンの組合員となり、まだ日中暑い日が続くとは言え、季節はもう秋です。
 加入当時、私は○○機器の卸し会社で営業員として勤務しており、その数ヶ月前より会社側から執拗な退職勧奨を受け続けておりました。
加入後は委員長のアドバイスをいただきながら、退職を断固拒否し、その密室でのやり取りもしっかりICレコーダーで録音しました。業を煮やした会社側は、決算月である今年6月に私を会社都合で解雇したのです。
 私にとって、これは想定内の事であり、特に動じることもなく、それはなによりユニオンという後ろ盾と妻の支えがあったことが大きかったのです。また私を応援してくれている同僚が会社に残っていることも心強い一因でした。
 早速、私は解雇理由証明書を請求したのですが、その送られてきた内容は失笑するほどお粗末で、支離滅裂なものでした。おそらくこれまで、ここまで食い下がる社員がいなかったのでしょう。会社側の不慣れな対応が哀れにさえ感じました。まあ自業自得ですが・・・。
 その後、委員長のアドバイスのもと、郵便の内容証明で何度か質問状を送りつけ、その回答書と録音を証拠に、ユニオンからご紹介いただいた弁護士より提訴していただきました。『労働契約上の地位確認等請求事件』での提訴です。つまり職場復帰することを目指した裁判なのです。
 今回の経緯に至った、私が受けた退職勧奨の理由とは、経営者の浅はかな考えが元でした。明確なビジョンもなく、ただ数合わせ的で人を採用し、上司が使いづらいと判断した社員を簡単に退職に追い込むといったことを繰り返している企業なのです。
 ここで言う使いづらい社員とは、例えば営業マンであれば、自分で営業プランを立て、新規開拓を積極的に行う社員のことなのです。
 そう、普通であれば、そういう営業マンこそ評価されるべきなのですが、この会社の場合、営業の責任者を兼ねている専務の知識の乏しい分野、扱ったことのない製品を販売しようと提案すると、聞く耳を持たないどころか、むしろ「勝手なことをしとる」的批判をされ、社内では立場を悪くするというような恐ろしくユニークな(笑)人事考課をされるのです。
 結果、ベテラン社員はリーダーシップの取れない事勿れ主義者しか残っておらず、社内はこれが営業会社かと疑いたくなるお通夜のような雰囲気で、せっかく他業種から有能な若手が入社してきても、彼らは○○機器卸しの業界に魅力は感じても、この会社には見切りをつけて2~3年で同業へ転職していく始末なのです。
 長年その繰り返しで、営業マンとして積極性のないイエスマンの社内比率が年々アップしている状況でもあります。
 私としても、前述した退職勧奨を受けるくらいなら転職も検討したいところですが、そこは20代の若手と違って、この時勢40代の私の転職はたいへん厳しいことが容易に想像できます。会社批判をしながらも、裁判で戦ってまで職場復帰を目指すというのはなんだか矛盾していますが、生活のためには仕方ありません。
 幸い、私自身は社内で孤立していたわけではなく、私と同じ問題意識を持った社員がまだ多く在籍していることも、私にとって簡単に辞める必要のない理由のひとつなのです。
 そして、第一回の裁判が11月に決まりました!
 これから『初めての経験』ばかりが始まりますが、自信を持って臨みます。
長期戦も覚悟のうえ、私の経験が皆さんのご参考なるようでしたら、またご報告致します。
!!ここに掲載の広告は 当ユニオンとは一切関係ありません!!

私がユニオン加入に至る経緯について


 私は今の仕事を8年しています。もともとその業界内の体質にはなじめない方ではありましたが、自分が至らぬ事が多いのだとずっと我慢していました。
 我慢していてもやはり表面上はでるのか、また上司にうまくこびをうる事が苦手なのか、好かれる事は一度としてなかったのです。
 それでこの2月に業務中に事故をおこしました。といっても内容はもらい事故で、向こうの信号無視でした。
 しかし事故は事故と問題にされ、そこから何かと直属の上司の所長からの監視が始まりました。普通に仕事をしていても、遠くから視線を感じる。そんな毎日でした。
 車にはデジタルタコグラフという機械がついていて、1日の終わりに日報代わりに提出します。調べようと思えば、パソコンより何時何分にどこに停まっているかなどがわかるものです。
 社員に対してはそこまでの詳細はチェックしないのですが私に対しては目の敵の様にプリントアウトし、毎日穴があくほど見ていたそうです。周りの同僚からも、すごく執着しているので、気をつけた方がよいと言われるようになっていました。
 私の性格上、それでも悪い事をしていないのになぜ小さくならなくてはいけないと普段道理に仕事をしているとまたそれが反省していないととられ、ほんの些細な事で注意をうけるようになりました。
 今回私に自主退社を進める話がきました。内容はあなたは著しく業務に差し支える行いをしているという事でした。日々、昼食を買いにスーパーやコンビニ、弁当屋による時間が長いとの事で、会社に迷惑をかけていると言われました。1日、あなたは平均30分をそのような時間に充てているという事でした。
 先に言わせて頂くとそのような事は周りはみんなしている事です。1日に弁当も買うし、コンビニだってよります。
 この所長は自分の嫌いな部下の悪い部分をなんとか見つけ、大きくして本社に報告します。本社も現場の状況も見ずに、現場の長というだけでその人間の言っている事を鵜みにします。本社の力をかり、嫌いな部下を何人も自主退社に追い込んではそれを評価としてもらいます。
 この所長は部下には要領が悪いというのですが、目の前にいても絶対に部下の仕事は手伝いません。手をくんで見ているか、電話してべらべらしゃべっているか、上で新聞を読んでいるかです。
 5月くらいに一度些細な事で呼び出されました。自転車通勤をしてはいけないなどの理由でした。定期を申請しているのだから正規のルートで来いとの事。そんな決まりはないはずなのですが。
 しかし私は正規のルートで定期も買っています。しかし毎日満員電車だと、気がめいりますし、健康のためにとも思い週に何日か自転車で通勤していました。そのような事を気に食わない目で見ているのも薄々気づいてはいました。お前が人と違う行為をしているのが気に食わないといった感じでした。
 その呼び出された日にあまりに理不尽に言うものですから、我慢仕切れず、所長が事故をして、それを本社に黙っている事や他色々を本人にぶつけてしまいました。もっと普通にしてほしいと。
 しかし人としての話など何も通じておらず、そこから執着した陰気な嫌がらせ、監視がはじまりました。最初は人もこういう時期もあるし、徐々に治まって行くだろうと思っていましたが、月をまたぐ度にひどくなりました。
 やり方もとても陰気で周りには気づかれず、権力を使って行われました。後で判明したのですが私を尾行したりもしたそうです。
 そして今回とうとう半年間のデジタコのプリントを持ってき、こことここ、車が停まっているな、などといきなり 切り出されこれは就業規則に違反するから本社に通告すると言われ、本社経由で自己退社を進められました。
 これは規則に違反しているので懲戒解雇もできると脅してきました。あとで懲戒解雇などできないと知りましたが。
 自分が気に食わない人間にはここまでするのかと、人間不信になりました。このような事があり、今回ユニオンさんに相談しました。
!!ここに掲載の広告は 当ユニオンとは一切関係ありません!!
 ブックマークこのエントリをはてなブックマークに登録 このエントリを del.icio.us に登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 この記事をPOOKMARKに登録する このエントリをSaafブックマークへ追加 newsing it!

プロフィール

ユニオンニュース

Author:ユニオンニュース



一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」が発行するニュースのサイトです。

新世紀ユニオンの組合費、拠出金等に関する高等裁判所の判決文を掲載しました。 拠出金高裁判決

検索フォーム
アーカイブ

カテゴリ

最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析