FC2ブログ

新世紀ユニオン発行のニュース

解雇の金銭解決の導入企む安倍政権の陰謀!

 解雇の金銭解決制度をめぐり議論してきた厚生労働省の「検討会」は今後導入に向け労働政策審議会で議論を進めるとの報告書を強引にまとめた。

 検討会はこれまで(1)裁判で解雇無効の判決が出た場合の金銭解決の仕組みについては、「依然として課題が多い」(2)の解雇を不法行為として損害賠償を請求する仕組みについては、「創設は困難」(3)の一定の要件を満たす場合に金銭の支払いを請求できる権利を新たに設ける事については、「検討していくべき課題が多い」として具体的検討を進める方向である。

 裁判などでの解決金の算定について「予見可能性を高めることが重要」として「具体的な金銭水準の基準(上限と下限等)を設定することが適当」としている。今後労働政策審議会でこうした点を議論していけば、戦後の「労働改革」で引かれ、その後発展した「日本の解雇法制」が大きく舵を切ることになる。

 この解雇の金銭解決制度は企業ごとに支払い能力に限界があるので、解決金の上限と下限を決めることには無理がある。しかし経営者や政府自民党の狙いは解雇裁判で解決金が年々高額になるのでユニオン対策から解決金を低く抑えたいとの願望・狙いがあることは明らかだ。

 また解雇裁判に負けても一定の金額を払えば解雇できる制度は、戦後の労働法制の根幹をなす不当労働行為のザル法化が狙いであり、労組の弱体化につながることは明らかだ。金銭解決に賛成する御用学者が「日本再興戦略で既に閣議決定がされている」として労働政策審議会の議論を進めていく事を語っているように、安倍政権の「始めに導入ありき」で解雇の金銭解決制度が導入されようとしている事が明らかとなっている。

 重要な事は、現状の戦後労働法制が、強い労組を保障することで日本経済の拡大再生産を、個人消費を継続的に増大させることで保障する、まさに経済成長を支える制度として決められている事を、安倍政権の政策担当者が全く理解していないことである。規制緩和が日本経済に与える打撃が、彼らは無理解で、労働法制の変更が国民経済に打撃を与えることの重大性が理解できていない事を指摘しなければならない。

 安倍右翼政権は、現行の労働裁判でユニオンが財政基盤を強化し、組織を拡大しつつあることが気にくわないので、金銭解決の上限を低く抑えたいのである。また一定の金額を支払えば解雇できるようになれば、解雇は合法となり、そもそもユニオンに加入する労働者はなくなる。つまり解雇の金銭解決制度はユニオン対策である事は明らかだ。

 新世紀ユニオンが規約の定めがあれば裁判での解決金の10%の支払いを組合員に義務付けた判決(判例=新世紀ユニオン事件)が新しい労組=個人加入ユニオンの財政基盤を確立し、その結果全国にユニオンが激増した事は右翼政治家には気にくわない事なのだ。

 反ユニオン(=反労働者)のために戦後確立された解雇法制を根本的に変え、そのため日本経済が打撃を受け、一層縮小することは避けられない。愚かな安倍政権の政策担当者はGHQの「戦後労働改革」の経済的意義について学び直した方がいい。愚か者でも、その愚かさを理解する権利があると考えるゆえに指摘するものである。
スポンサーサイト



!!ここに掲載の広告は 当ユニオンとは一切関係ありません!!
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
 ブックマークこのエントリをはてなブックマークに登録 このエントリを del.icio.us に登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 この記事をPOOKMARKに登録する このエントリをSaafブックマークへ追加 newsing it!

プロフィール

ユニオンニュース

Author:ユニオンニュース



一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」が発行するニュースのサイトです。

新世紀ユニオンの組合費、拠出金等に関する高等裁判所の判決文を掲載しました。 拠出金高裁判決

検索フォーム
アーカイブ

カテゴリ

最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析