新世紀ユニオン発行のニュース

職場でのパワハラとの闘いの経験から重要な事!


 新世紀ユニオンでは数多くの裁判の経験からいくつかの重要な教訓を得ています。パワハラによる退職強要の事案であっても、会社側が期間契約(大学の場合は任期制)を利用して「雇止め」して来るので、この場合注意が必要です。

 裁判所はパワハラの証拠があっても「雇止め」の場合は違法な退職強要であろうが、人格権の侵害であろうが、学問の自由の侵害であろうが「雇止め」を正当と判断する傾向(これは許しがたいことではあるが)があることを戦術段階から計算しておくべきです。

 第1に、パワハラ、特に業務命令を悪用したいじめの違法性については、(1)業務上の必要性があるか?(2)違法目的の有無が明確か?(3)労働者側の不利益の度合い、(4)人選の基準等を基準に考えるようにして下さい。業務上の必要性のない出向や遠隔地配置転換、仕事の取り上げ、等のパワハラが退職強要に目的があるのか?それとも他に違法な目的があるのか?高齢の親の看護を抱えた労働者を遠隔地配置転換を命令するのは労働者側の不利益から拒否できます。

 第2に、業務命令であってもパワハラの訴えが(顧客や学生から)あった、と言いながら、訴えの内容を開示せず、したがって弁明の機会を与えずに処分するのは違法です。ですからでっち上げの処分の動きを察知したら、必ず録音を残す。情報の開示を書面で求める事が重要です。

 第3に、パワハラの動機を考察する。老人の地域包括ケアの市の委託事業の場合、市の委託料が入るや、嫌がらせで保健師さんを退職強要する例が頻発しています。大学でのでっち上げ処分で先生を追い出す多くの目的が、年棒の残りを奪うこと、私学助成金を得るため、解雇した先生の名簿を長くそのままにする大学もあります。つまりでっち上げのパワハラには、経済的目的が多く隠されています。中には研究費を奪い、研究略奪も目的としている例が多く見られます。

 第4、嫌がらせでうつ病を発症した時はキチンと診断書をとり、コピーを取った上で雇用者に提出しておく。(提出日時を記録する)ただしうつ病だと知るとさらに攻撃を激化する経営者もいるので、多くの労働者が会社に隠れて心療内科に通うのが実態としてあるので、診断書を直ちに提出するかどうかは、パワハラの証拠がキチンと取れているかどうかを基準にした方がいいです。

 第5、職場からの排除の標的となった、と自覚した時はパワハラの数々を書面で指摘し、パワハラをやめるよう求める書面を出しておく。こうすると必ず「誰かに相談しているのか?」と聞いてきます。相手に攻撃を引かせるためには「弁護士と相談している」と答えるのが有効な場合があります。

 第6、大学でモンスター学生を使いでっち上げのパワハラやセクハラをでっち上げたりして来る場合が多くあります。ですから初めて授業をするときから学生に授業の感想を書いてもらうようにして、キチンと授業をしている証拠を残したり、授業すべてを録音してパソコンに保存している先生も多くいます。パワハラの問題は証拠がキチンとあるかどうかが最大の問題なのです。

 第7、職場ではできるだけ孤立しないように日頃から情報網を構築しておくこと。職場で様々な人と付き合いのある人は攻撃対象にはしにくいのです。早めに情報が集まれば、攻撃から身を守ることがたやすいのです。研究や仕事に夢中になり、わきが甘く、後ろに隙があることが最も危険な事です。仕事さえきちんとやっておれば、と思い油断し、警戒心が薄く、それを突かれてデマやでっち上げで出世街道から蹴落とされた人が多くいます。職場の同僚からも常に攻撃されるので警戒心が必要です。

 パワハラとの闘いは雇用を守るのが最優先です。相手を引かせることが可能か?など委員長と相談して戦術を決めるようにしてください。
スポンサーサイト
!!ここに掲載の広告は 当ユニオンとは一切関係ありません!!
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
 ブックマークこのエントリをはてなブックマークに登録 このエントリを del.icio.us に登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 この記事をPOOKMARKに登録する このエントリをSaafブックマークへ追加 newsing it!

プロフィール

ユニオンニュース

Author:ユニオンニュース



一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」が発行するニュースのサイトです。

新世紀ユニオンの組合費、拠出金等に関する高等裁判所の判決文を掲載しました。 拠出金高裁判決

検索フォーム
アーカイブ

カテゴリ

最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析