新世紀ユニオン発行のニュース

あと一人分もっと働け

 郵便配達を行う郵便事業会社では、支社施策としてコストコントロールが行われています。そのひとつとして、お盆期間中などの閑散期に、本来なら遅番含めて7人でこなさなければならないところを6人でこなそうとすることです。その時、余剰となる人は強制的に年休消化となり、一方ではその日に決して休めない人が出ます。 決まってその人が2人分の配達業務をこなすことになります。また、遅番の人は所定の出勤時刻より2時間早く勤務開始となり、残業が2時間増加します。

 その狙いはよくわからないのですが、相次ぐ企業買収の失敗で多額の損失を出したツケではないでしょうか。将来リストラをかけるにあたって、工夫すればより少ない人員でも業務運行が可能だということを試したいからでしょうか。また、日頃から能率の悪い人は年休を浪費され、出勤している人はしわ寄せがくるなど、双方にメリットはないと思います。残業が増えるかスピード出して事故起こすかのいずれかです。

 ところで、私の所属する班では、人を削減したことで、この一週間に3人も事故を起こしています。書留誤配達と記録郵便物一時亡失と交通事故です。詳細は明らかにしませんが、いずれも支社からのキントク(緊急特報)に掲載されています。近畿のあちこちの局員から冷たい目で見られています。事故を起こすのは、明日は私かもと心配しています。減員で結局は職場をあとにする人が増えることになるかもしれません。
スポンサーサイト
!!ここに掲載の広告は 当ユニオンとは一切関係ありません!!
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
 ブックマークこのエントリをはてなブックマークに登録 このエントリを del.icio.us に登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 この記事をPOOKMARKに登録する このエントリをSaafブックマークへ追加 newsing it!

プロフィール

ユニオンニュース

Author:ユニオンニュース



一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」が発行するニュースのサイトです。

新世紀ユニオンの組合費、拠出金等に関する高等裁判所の判決文を掲載しました。 拠出金高裁判決

検索フォーム
アーカイブ

カテゴリ

最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析