FC2ブログ

新世紀ユニオン発行のニュース

パワハラ・セクハラの犯人にされクビになりました!

 私が不当にも解雇にされた出来事を書きたいと思います。組合員の皆様の今後の参考になればと考えます。

 ある日の、15時30分頃私は会社の会議室に突然呼ばれました。総支配人、警備室長、総務部長の三名が揃って私を待ち構えておりました。何かあるとは思いました。開口一番 「三人が揃っているのだから、何か思い当たることはないか」との言葉。思い当たることがないです。このようなやり取りから始まりました。

 「ある人がセクハラを受けた」「誘いが強引で、しつこく誘うので会社にも行けなくなった」「会うのも恐いと言っている」と。私もまさかと言う感じで聞き、唖然としました。それは12月年末からの話で新年会をやろうとの話がでておりまして、その女性は同僚の女性が参加すれば参加しますよとの快い返事を頂いておりました。一月開けでなくて、二月になるかな・・・との流れでした。しつこく誘った憶えもありません。

 その女性なんですか?と尋ねても「それは言えない」の一点張りでした。パワハラについても同様の答えが返ってきました。いつ、誰に何をしたのかを特定することなく、相手がそう思ったらパワハラ、セクハラなんだというのが会社の主張でした。

 パワハラについても、私が言い過ぎで始末書を書かされたこともなく、注意を受けておりません。そんな事や仕事上の問題やら、約2時間弱、話をした後最後通告をしてきました。「今日で終わりです」「解雇です」。私は頭が真っ白になりました。

 私はセクハラ、パワハラをしておりませんし、認めておりません。憤慨して席を立ちました。それで帰ればよかったのですが、総務部長から呼び止められ、自己都合退職の話でした。冷静に考えれば判断出来た事柄なんですが、悪魔の囁きに乗って退職届にサインしてしまったのです。即日自己退職に偽装された解雇となりました。1か月前の予告もなく、有給の残り(30日)の買い取りもなく。退職届に言われるがままサインした自分が情けなく、後悔しました。

 夜自宅に戻り、悔しくとも家族に話をすることもなく、床に就くも眠る事が出来ませんでした。サインしたことを悔やみました。口惜しく。席を立ったように断固として、闘うべきであったと。会社からなぜこのような仕打ちを受けなければならないのか。仕事は二人前も三人前もやってきた自負がありました。

 時給900円のパートタイマーだからたやすく騙せると会社は考えたのです。私は非常に悔やんでいます。会社の警備室長は取り調べの得意な元警部です。今考えると異常な状態での話し合いだったと思います。私は「解雇です」と言われて、なにも考えられなくなり、マインドコントロール状態でサインさせられました。しかし、今は新世紀ユニオンの角野委員長の応援を頂き、精神的に立ち直り、スタートラインに立つことができております。
スポンサーサイト



!!ここに掲載の広告は 当ユニオンとは一切関係ありません!!
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
 ブックマークこのエントリをはてなブックマークに登録 このエントリを del.icio.us に登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 この記事をPOOKMARKに登録する このエントリをSaafブックマークへ追加 newsing it!

プロフィール

ユニオンニュース

Author:ユニオンニュース



一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」が発行するニュースのサイトです。

新世紀ユニオンの組合費、拠出金等に関する高等裁判所の判決文を掲載しました。 拠出金高裁判決

検索フォーム
アーカイブ

カテゴリ

最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析