新世紀ユニオン発行のニュース

新世紀ユニオン2018年度定期大会議案 2018年度運動方針(案)

(1)国際情勢の特徴点

 アメリカの大統領に「アメリカ第一」すなわち内政重視のトランプが就任した事は、世界情勢を激変させることとなった。保護貿易主義のトランプは同盟国との貿易摩擦を強め、同盟関係を傷つけ、世界は警察官不在の世界情勢を迎えた。これは幕府・もしくは王朝が崩壊し、戦国時代を向かえたに等しく、世界はブロック化が進むことになった。アメリカ経済圏、欧州経済圏、ロシア・中国経済圏、中東のイラン・シーア派圏、というふうに世界経済のブロック化は世界貿易を縮小し経済恐慌を招く可能性がある。

 トランプの古臭い産業資本家のための政策は、保護貿易主義となってアメリカのドル支配に攻撃をかけている。アメリカは貿易黒字国に財務省証券(=国債)を売り付けることで対価なしに貿易黒字国を搾取する仕組みを構築してきたが、それにトランプは攻撃を行っている。

 トランプの保護貿易主義の政策を進めれば、アメリカは金融的に打撃を受ける。巨大なドル紙幣の発行益と貿易黒字国の上前をはねる仕組みの破壊は、アメリカに金融的に打撃を与え、巨大な軍事力を維持することができなくなるであろう。トランプ政権が1期4年で終わるのか、2期8年続くかはアメリカの経済的衰退の深刻度の、度合いの違いを生みだすであろう。

 一極支配から多極世界への世界の移行は、外交面では「合従連衡」の時代であり、新しい覇権主義・拡張主義の台頭を生みだす。中でも中国社会帝国主義は現在過剰な生産設備を軍需生産で満たしており、巨大な産軍複合体が生まれている。この中国拡張主義は思想的には中華思想で「一帯一路」の「中国の夢」に向かつて、覇権のための大軍拡を進めている。中国軍は日本占領をも計画している。

 つまり多極化は経済危機と戦争の可能性を強め、世界大戦前夜とよく似た情勢を生みだしている。新興の帝国主義である中国の戦略的・地政学的弱点は南シナ海・東シナ海が日本列島やフィリピンの島々に封鎖されることである。そこから中国社会帝国主義はインド洋への軍事的出口を作ろうと画策している。この出口はミャンマーとパングラデシュとパキスタンである。中国のインド洋の軍事的覇権の確立にはインドとの軍事的対立を深めることになり、アジアは戦乱の時代を迎えることになる。

 多極化の時代は、経済的対立が経済のブロック化を進め、経済的対立はブロック間の政治的対立となり、その延長線上に軍事力による国境線の変更が起きる事になる。戦争に反対することが全世界の労働者の政治的任務になるであろう。

 温暖化ガスの巨大な排出が地球の環境を破壊し、自然災害を巨大化し、政治の混迷が経済を破壊し、核開発は人々に再び核の脅威を高めている。経済危機は政治危機をもたらし、戦争を不可避なものとする。不可避なものを是非とも全世界の労働者の力で阻止しなければならないのである。

 日本人の憲法9条を御神体とする観念的平和主義や、アメリカ依存の従属論では日本は「亡国への道」をたどることになる。日本は対米自立し、アメリカと中国の覇権戦争に巻き込まれないようにしなければならない。

 対米自立と防衛力強化、平和中立が日本の防衛戦略でなければならない時代を迎えた事を日本の労働者は理解しなければならない。世界情勢は変化発展する、野党が情勢の変化に無頓着で、憲法9条の非武装中立に固執すれば、その政党は消滅していくことになるであろう。
スポンサーサイト
!!ここに掲載の広告は 当ユニオンとは一切関係ありません!!
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
 ブックマークこのエントリをはてなブックマークに登録 このエントリを del.icio.us に登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 この記事をPOOKMARKに登録する このエントリをSaafブックマークへ追加 newsing it!

プロフィール

ユニオンニュース

Author:ユニオンニュース



一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」が発行するニュースのサイトです。

新世紀ユニオンの組合費、拠出金等に関する高等裁判所の判決文を掲載しました。 拠出金高裁判決

検索フォーム
アーカイブ

カテゴリ

最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析