FC2ブログ

新世紀ユニオン発行のニュース

選挙にいかない?

 誰にどこに投票するかはともかく、選挙にいくのは当たり前と思っていた。

 自民党の大勝。皆さまご存知のとおり、11月2日の衆議院選挙の結果である。選挙の前には、小池百合子氏が率いる希望の党と前原誠司氏代表の民進党の間で“くっついたり”、“排除”がどうのこうのと、また一方では立憲民主党が急遽たちあがったり、共産党が野党共闘とかで候補者をたてないとかあって、正直に言うと自分には政治家の考えることはよくわからなかった。

 だが、それなりに各党の公約と自分の選挙区の候補者の述べることをネットで調べて、その中で自分にとって一番マシな候補者と政党に票をいれてきた。同時に行われた最高裁判事の信任?-バツをつけるか、つけないか-も考えてきた。

 翌日、職場の同僚が-年代は20~40代と様々であるが-台風だったし、投票所遠いし、期日前はなんとなく行く気にならなかったし、めんどうくさいし、という会話を交わしていた。こういった会話をきいて、自分は“投票率は50%少し”という報道に納得してしまった。

 選挙が終わって約2か月、自民党が、立憲民主党が、緑の党が、維新が、共産党が云々と各党の政策批判や、子育て、年金、医療費、税金負担、大学・科学界では研究費削減等々といった報道、週刊誌記事が目に付くようになった。でも、自分には批判以前の話にみえる。“選挙に行かない”のだから。

 それから誰にでもなく、最近の映画だと「未来を花束にして」や「セルマ(グローリー、明日への行進)」等々、鑑賞してみては?と言いたくなってしまった。
スポンサーサイト



!!ここに掲載の広告は 当ユニオンとは一切関係ありません!!
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
 ブックマークこのエントリをはてなブックマークに登録 このエントリを del.icio.us に登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 この記事をPOOKMARKに登録する このエントリをSaafブックマークへ追加 newsing it!

プロフィール

ユニオンニュース

Author:ユニオンニュース



一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」が発行するニュースのサイトです。

新世紀ユニオンの組合費、拠出金等に関する高等裁判所の判決文を掲載しました。 拠出金高裁判決

検索フォーム
アーカイブ

カテゴリ

最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析