FC2ブログ

新世紀ユニオン発行のニュース

営業譲渡に伴い、転籍なのに解雇と言われた!



 私は30年以上も今の会社で働いてきました。ところが営業部門が子会社に営業譲渡となり、私は上司から解雇を言い渡されました。解雇理由は今年度の営業成績が悪いことが理由でした。しかも上司は私に「自己退職だからな!」と言いました。自己退職になると退職金が大幅に減ります。私は辞めなければならないのでしょうか?



 辞める必要はありません。営業譲渡であるなら従業員は譲渡先に全員転籍する事になります。営業譲渡に伴う解雇は違法となります。なぜなら営業譲渡は会社の都合であり、労働者に責任はないからです。しかし営業譲渡は効率性を狙いとしているのでなにも知らない社員をだまして自己退職に追い込もうとしていると見られます。

 つまり転籍には、転籍の対象となった労働者の個別的な同意を必要とします。本人が嫌だと言えば会社は他の仕事を用意するか、退職の条件を提示しなければなりません。

 つまり営業譲渡は現在の会社を退職し、譲渡先と雇用関係を結ぶことになります。普通は現状の雇用条件が譲渡先に承継する事になります。しかし最近では相手先の雇用条件を受け入れるよう、署名を要求する例が増えています。この場合労働条件は悪化する例が多いです。

 会社は30年も務めたあなたを違法解雇しようとしていますが、違法が明らかなので自己退職を強要しているということです。したがって社長あてに営業譲渡に伴う解雇は違法であるので撤回するよう有印の書面(コピーを取っておく)で要求して下さい。解雇は撤回されるでしょう。会社がリストラするための営業譲渡であり、あなた以外にも退職強要しているはずです。

 今の会社に籍が残る配置転換や出向は就業規則に記載されていれば本人同意なしに命令できます。しかし転籍のように他の会社に籍が移る場合は本人同意が必要条件となります。

 小阪病院のように他の会社に業務命令で配置転換し、賃金も下がり、仕事も、働く場所も、会社名も変わるのに「配置転換」を偽装する会社もあります。最近はこのように配置転換や出向や転籍をごっちゃにして、労働者を退職強要する会社が増えてきました。つまり労務管理もブラック化してきています。

 30年以上も会社に貢献してきた労働者を営業譲渡なのに転籍させず、解雇するアホな会社が増えてきました。ユニオンに加入して闘えば、解雇されて裁判で大金を手にすることも選択肢としてあります。また解雇を白紙撤回させることも可能です。
 
スポンサーサイト



!!ここに掲載の広告は 当ユニオンとは一切関係ありません!!
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
 ブックマークこのエントリをはてなブックマークに登録 このエントリを del.icio.us に登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 この記事をPOOKMARKに登録する このエントリをSaafブックマークへ追加 newsing it!

プロフィール

ユニオンニュース

Author:ユニオンニュース



一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」が発行するニュースのサイトです。

新世紀ユニオンの組合費、拠出金等に関する高等裁判所の判決文を掲載しました。 拠出金高裁判決

検索フォーム
アーカイブ

カテゴリ

最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析