FC2ブログ

新世紀ユニオン発行のニュース

労働者の主張が政治権力で圧殺される時代!

 昔、総評が交通ゼネストで闘っていた時代は、労働者の主張がニュースで反映される時代であった。企業内労組が経営者に飼いならされ、家畜化し闘わず、リストラを言いなりで受け入れるようになって、日本の労働者階級の社会的地位は極めて低くなってきました。

 ナショナルセンターの「連合」の影は薄く、政府と財界の太鼓持ちのような存在になっています。労働者は非正規化と長時間労働の広がりで、賃下げと長時間労働のため過労死・過労自殺が増え、労働の奴隷労働化が進んでいます。残業の月100時間もの上限の合法化や、残業代を払わない裁量労働制の拡大が立法のための資料の偽造までして進められようとしているのです。また解雇の自由化の策動も激化している。これらに反対する労組の声はあまりにも小さく、マスコミにも無視されているのが現状です。

 多くのユニオンが政治的発言を自粛しているのは、行政に組合事務所の貸与や補助金で依存し、規制されているからにほかなりません。だから今はまだ小さな組織にすぎないのですが、せめて新世紀ユニオンぐらいは労働者の立場から政治的発言や主張を続けていくべきと我々は考えています。

 安倍政権が森友問題や加計問題で政治権力の私的利用を強める中、新世紀ユニオンは安倍政権の国有地の格安払い下げや、加計学園への公的資金200億円の流し込みなどで、教育まで支配しようとする安倍政権への政治権力の私的利用への批判を強めてきました。それへの安倍政権の反撃か?最近の裁判所の新世紀ユニオンへの厳しい訴訟指揮の中で敗訴が急に増えてきました。

 安倍政権が元政務次官の前川氏の、加計学園の獣医学部認可が「新設の条件を満たしていない」と発言した事に安倍官邸が激怒し、「官邸の秘密警察」と言われる安倍チルドレンが未だに前川氏を監視しているのを見ると、新世紀ユニオンへも安倍右翼政権の攻撃が展開されていると見なければなりません。

 日本は民主主義の国であり、三権(=立法権・行政権・司法権)分立が憲法で定められているのに、官邸が官僚の人事権を握り思うさま政治の私的利用で干渉している様は、官邸が司法を自分たちの支配の道具として影響力をもち、新世紀ユニオンを潰そうと画策している可能性を指摘しなければなりません。これが事実なら安倍政権は憲法で定められた三権分立をも侵しています。

 世界情勢がきな臭さを強め、戦争の時代が迫っている下では、政治の反動化は避けることはできません。労働組合はこの政治・司法の反動化の時代に対応した活動形態の多様化を進めていくほかはないのです。新世紀ユニオンが政治の不当を宣伝することも権力者の報復の対象となる時代であることを指摘しなければなりません。

 新世紀ユニオンは今までどおり労働者人民大衆の利益にそって宣伝・言論活動を続けるつもりです。したがって今後右翼政治家の攻撃が激化することが予想されます。我々は今後活動形態を創意工夫し、多様化し、労働者のための闘いを堅持していきます。
スポンサーサイト



!!ここに掲載の広告は 当ユニオンとは一切関係ありません!!
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
 ブックマークこのエントリをはてなブックマークに登録 このエントリを del.icio.us に登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 この記事をPOOKMARKに登録する このエントリをSaafブックマークへ追加 newsing it!

プロフィール

ユニオンニュース

Author:ユニオンニュース



一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」が発行するニュースのサイトです。

新世紀ユニオンの組合費、拠出金等に関する高等裁判所の判決文を掲載しました。 拠出金高裁判決

検索フォーム
アーカイブ

カテゴリ

最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析