FC2ブログ

新世紀ユニオン発行のニュース

ユニオンは労働事案請負業ではありません!

 新しい組合員から「任せましたからよろしく」という言葉をよく聞きます。チラシを作ったり、書面を作るのに質問が必要になるのに「任せます」と言われても困ります。

 ユニオンは個人加入の労働組合であり、仲間と力を合わせて闘っていくのですから「任せます」という丸投げではなく、交流会に顔を出して闘い方を理解し、仲間の協力を得るようにして下さい。

 労働事案の場合闘うのはあくまでも本人であり、ユニオンは手助けができるだけなのです。団体交渉や裁判の傍聴では他の組合員の協力がどうしても必要なのです。

 労働事案は書面のやり取りで解決できる場合もあれば、裁判や地労委での闘いが避けられない場合があります。始めから「裁判はやらない」というのは理解出来ないことではありません。

 しかし交渉事は裁判をやるぞ、というスタンスを示すことで話し合い解決がうまく進む場合もあります。

 ですから始めから戦術の幅を狭めるような発言はできるだけしないでほしいのです。もちろん希望として「お金のかかる裁判は避けたい」という希望は遠慮なく出してもらって構いません。

 特に新世紀ユニオンは本人の意向を尊重するようにしています。ですから質問には真摯に回答して貰わないと闘いには勝てません。

 情報を一番知っているのは本人であり、闘い方についてはユニオンの指導部が詳しいので、双方が協力しないと勝てません。

 先日も解雇事案で、書面のやり取りで裁判の証拠を次々残していくことで、会社側がたまらず降参し、金銭解決が裁判なしでできました。和解条項の関係で詳しくは書けませんが、解決金の金額も裁判とそん色ありません。つまり今のところ戦術の多様化は順調です。

 つまりどのように闘うかは相手企業の出方で決まります。ユニオンが決めることでないことを理解して下さい。

 分かりやすく説明すると、話し合い解決を求めて相手企業に団体交渉を要求しても、相手が拒否し、「契約は請負であり、雇用契約ではない」と主張してきたりします。
 
 そうすると団体交渉拒否の不当労働行為として地労委に持ち込むほかないことになります。つまり戦術は臨機応変でなければなりません。

 我々は裁判なしで、できるだけ組合員の経済的負担を軽くする形で解決していきます。しかし相手がある闘いは、主導権を握るのは経営側が多いことを忘れてはいけません。

 相手が裁判を選択して来る場合がよくあり、解決金による話し合い解決は相手がそれを望まない限り難しいのです。いずれにせよ組合員本人がユニオンと信頼関係を強めていかないと、したたかなブラック企業とは闘えないのです。

 新世紀ユニオンではチラシや書面やブログ記事一つでもできるだけ本人に見てもらい、修正すべき点は修正します。ですから何事も組合員が主役であり、「任せます」では重大な失敗をすることになりかねません。

 争議組合員はユニオン指導部と固く団結し、協力し合って闘いを進めていくので、皆さんの協力をお願いします。つまりユニオンは労働事案「請負業」ではないのです!

スポンサーサイト



!!ここに掲載の広告は 当ユニオンとは一切関係ありません!!
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
 ブックマークこのエントリをはてなブックマークに登録 このエントリを del.icio.us に登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 この記事をPOOKMARKに登録する このエントリをSaafブックマークへ追加 newsing it!

プロフィール

ユニオンニュース

Author:ユニオンニュース



一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」が発行するニュースのサイトです。

新世紀ユニオンの組合費、拠出金等に関する高等裁判所の判決文を掲載しました。 拠出金高裁判決

検索フォーム
アーカイブ

カテゴリ

最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析