FC2ブログ

新世紀ユニオン発行のニュース

ユニオンはなくてはならないもの!

 経営者も労働者も互いに相手を必要としている。経営者は労働者なしに利潤を挙げることはできず。労働者は働かねば食べていけないのである。こうした関係を哲学的には「相互依存関係」という。

 しかし法律的には会社と労働者は対等の法律関係であるのに、実際には労働力を売る行為は、一定時間会社の支配下で労働するので、実際には経営側が力関係で指示・命令権を持ち、力が強いのである。

 そこで労働者の団結権を認めて力関係の均衡を取れるようにした。何故か、労働組合が一定程度強くないと個人消費市場が継続的に拡大せず、したがって国民経済が発展しないのである。

 戦後の日本経済の奇跡と言われる復興は、日本の労働者の勤勉性もあるが、主要にはアメリカの戦後労働改革が大きな力を発揮した。

 しかし日本経済が発展し過ぎると、アメリカはプラザ合意で円高を受け入れさせることで、日本経済は空前のバブル経済となり、ついにはバブルが崩壊した。

 このバブル崩壊はアメリカの陰謀と言えるものであった。(ちょうど今の中国がアメリカの貿易戦争の標的となっているように、アメリカは覇権を維持するために競争国に経済的戦争を仕掛ける)

 しかし旧ソ連が崩壊し「冷戦」が終わると、資本主義諸国はG7で「強欲の資本主義」へと舵を切り、自由化・規制緩和の時代へと移ることとなった。

 もはや強い労組は経営者には必要なく、既成労組幹部は買収され家畜労組になったことで、経営者は高収益を手に入れ、海外市場へと進出するようになった。安上がりの労働力を求め工場の海外移転が進んだ。これが産業の空洞化であり、リストラの時代の始まりであった。

 労働組合の社会的必要性が軽視され、雇用の非正規化とともに労働の奴隷労働化が進むこととなった。日本はリストラ時代を迎え、こうして家畜化した労組が雇用を守らない為に個人加入の労組としてのユニオンが生まれることとなった。

 経営者と労働者の力関係が経営側が強い時代となり、労働者がいとも簡単に違法解雇される中で、雇用を守るユニオンが次第に労働者に支持されるようになってきた。

 今日では労働者はパワハラの標的とされ強制労働は日本の労働者の勤労意欲をそぐ結果となった。世界の先進国の中で、日本の労働者が一番勤労意欲が低いのである。

 こうして日本社会で野蛮な搾取の拡大がすすみ、ブラック企業の増加を促すこととなり、ますます新世紀ユニオンを必要とする時代となった。

 こうして支配階級の攻撃がユニオンを標的とする時代を迎え、日本の社会的弱者である労働者にとって、ユニオンが死活的に重要な時代を迎えるようになった。

 ユニオンが生き残り、組合員の雇用を守り、人権を守るには、一人ひとりの組合員が闘う能力を高め、互いに助けたり、助けられたりする関係を強めなければならない。

 ユニオンを理論と闘争力の面で団結力を強めなければならない。誰か一人におんぶにだっこでは、新世紀ユニオンを強化できないのである。

 一人一人が自分にできる活動を創意工夫して実践しなければならず、組合員を増やし闘争力を強化しなければならない。

 
スポンサーサイト



!!ここに掲載の広告は 当ユニオンとは一切関係ありません!!
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
 ブックマークこのエントリをはてなブックマークに登録 このエントリを del.icio.us に登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 この記事をPOOKMARKに登録する このエントリをSaafブックマークへ追加 newsing it!

プロフィール

ユニオンニュース

Author:ユニオンニュース



一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」が発行するニュースのサイトです。

新世紀ユニオンの組合費、拠出金等に関する高等裁判所の判決文を掲載しました。 拠出金高裁判決

検索フォーム
アーカイブ

カテゴリ

最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析