FC2ブログ

新世紀ユニオン発行のニュース

深刻な気候変動に本気で取り組め!

 台風は年々巨大化し、雨が降れば台洪水だ、しかも年々ひどくなる。日本でも特別警報が1年に何回も出るようになった。ハイキングで少し山を歩けば、日本の山がいかに荒れ果てているかわかる。大木がたくさん根こそぎ倒れているのだ。

 欧州では今年熱波が襲い、ブラジルではアマゾンが何万ヵ所で火災が起きている。つまり気候変動は全地球的規模で起きている。アマゾンは地球の酸素の20%を供給しているのに、それが牧草地を作るために盛んに焼かれているのだ。

 気候変動による全地球的な被害の広がりが欧州に新しい流れを引き起こしている。

 年金基金や保険会社など機関投資家が保有する化石燃料会社の株を売却する意向を示してるのだ。こうした温暖化を金融面から阻止しようとの動きが欧州を中心に広がりを見せている。

 石炭・石油・天然ガスの確認埋蔵量は2兆7950億トンあるが、これに対して地球の気温の上昇を2度未満に抑えるためには、あと人類が排出可能な量は5650億トンにとどまるという。

 つまり残りは地中に埋めたままにしておかねばならないのだ。この将来燃やすことのできない埋蔵資源の事を「座礁資産」と呼ぶらしい。この座礁資産が20~30兆ドルに達すると言われている。

 ところで日本では電力開発で生まれた電力を大手電力会社が買い取る制度が出来て、全国で45か所も石炭火力発電所が作られつつあるという。これ以上炭酸ガスを排出するのはよくない。

 日本は地熱発電や安全性を万全にした原子力発電で温暖化ガスの削減を進めるべきだ。

 世界中で気候変動による損害が大きく、保険支払額が右肩上がりに増えて、このままでは「保険システムが機能しなくなる可能性も出ている」と言われる。だから機関投資家が株を売却して、化石燃料会社の株価が暴落し始めているという。

 座礁資産20~30兆ドルがバブル化し始めたのだ。気候変動を震源地とした金融危機が発生するかもしれないほど深刻だという。

 これほど温暖化が深刻なのにアメリカと中国が排ガスを削減しようとしない現実がある。日本政府は両国に「気候変動に本気で取り組め」ときちんと意見を言った方がいい。
スポンサーサイト



!!ここに掲載の広告は 当ユニオンとは一切関係ありません!!
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
 ブックマークこのエントリをはてなブックマークに登録 このエントリを del.icio.us に登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 この記事をPOOKMARKに登録する このエントリをSaafブックマークへ追加 newsing it!

プロフィール

ユニオンニュース

Author:ユニオンニュース



一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」が発行するニュースのサイトです。

新世紀ユニオンの組合費、拠出金等に関する高等裁判所の判決文を掲載しました。 拠出金高裁判決

検索フォーム
アーカイブ

カテゴリ

最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析