FC2ブログ

新世紀ユニオン発行のニュース

コロナ渦での労働者の権利と生活を保護せよ!

 日本はいまだに中国と韓国から自由に入国できる。アメリカのように日本も感染がひどい刻からの入国を禁止すべきだ。外からウイルスを持ち込めるようにしておいては、国内で集会を自粛しても感染防止には万全とは言えないのではないか?

 コロナウイルスの潜伏期間は報道されている2週間よりも長い例があるようで、治癒した人が再び発症するのは再感染ではなく、体内で潜伏していると見たほうがいい。だからこの病気を完全に一掃するには新薬(ワクチン・抗ウイルス薬)の開発しかないのではないだろうか?

 報道によると使用者が労働者に「コロナに感染したら解雇だ」と毎日言っている例もある。これは明白なパワハラである。コロナに感染したからといって解雇できるわけではない。もしそのような例があるなら新世紀ユニオンに相談してほしい。

 コロナウイルス騒ぎで観光地、外食産業、ホテルなど経済的打撃が大きい。今のまま感染が拡大すれば倒産もあり得る。コロナ騒ぎが収まるまで休業する場合、労働者の賃金は支払われなければならない。

 また風邪で熱が出れば休むのは当然だが、2週間も隔離されては日給月給の労働者は生活できなくなる。この場合も政府が賃金を補償すべきである。

 そのようにしないと労働者は風邪をひいても休めない現実がある。このような状態のままではコロナウイルスの拡散を防止するのはむつかしいのである。コロナウイルスの拡散を防止するには、この騒ぎで労働者の生活が立ちいかなくなるのを防止することが重要である。

 各労働組合はコロナ騒ぎで休まざるを得ない労働者の生活保障に取り組んでほしい。それは36協定の締結権を持つ過半数労組の義務でもある。
スポンサーサイト



!!ここに掲載の広告は 当ユニオンとは一切関係ありません!!
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
 ブックマークこのエントリをはてなブックマークに登録 このエントリを del.icio.us に登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 この記事をPOOKMARKに登録する このエントリをSaafブックマークへ追加 newsing it!

プロフィール

ユニオンニュース

Author:ユニオンニュース



一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」が発行するニュースのサイトです。

新世紀ユニオンの組合費、拠出金等に関する高等裁判所の判決文を掲載しました。 拠出金高裁判決

検索フォーム
アーカイブ

カテゴリ

最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析