FC2ブログ

新世紀ユニオン発行のニュース

職場での活動を展開する前にすべきこと!

 ユニオンの組織活動を展開する前に職場を分析しておくことが重要です。

 職場での組織計画は、大衆路線で進めなければなりません。大衆路線とは「先進に依拠し、中間と団結し、遅れた層を引き上げる」ことで、職場での多数派を形成しなければなりません。すなわち我々は先進に依拠しなければなりません。

 ユニオンの職場発動を展開する前に、会社・職場の労働者支配の特徴を分析すること、さらにユニオンの考え方、労働者の考え方を基準に、職場の大衆を先進・中間・遅れに分析する。おおよその政治地図を描くこと。この点についてはユニオン指導部との相談・検討が重要です。

 次に、大衆の中の先進層と思われる人に接近し、付き合いをしていくと大体の考え方がわかってくる。信頼できる人物か?職場大衆の要求がどのようなものか?何を解決したいと考えているのか?それを把握することが重要です。

 解決したい職場の問題について、ともに解決したいと考えている人と団結していくこと、つまり活動の中心となる仲間を形成すること。これを指導骨幹と位置付けていくこと。できれば学習会・勉強会を経営側に悟られないように組織する。

 その中でユニオンの支部組織化の必要性と、労働組合がどのように法律(労働組合法)で保護されているかを学んでいくようにする。労働者の解決したい課題を実現するにはユニオンの支部を作ることが、要求実現に必要であることを仲間の共通の認識としていくこと。

 つまり労働者が「賃上げや働きやすい職場つくり」の要求を実現するには、段階を踏んで科学的な活動を展開しなければなりません。そうしないと組織活動を経営側に把握され、攻撃を招くことになります。組織は双葉の内は(弱体であるので)「見えない形」(=非公然)で進めることが重要です。

 職場でユニオンの支部を組織したい組合員は、その計画をどのように進めるかをユニオンの指導部と相談して、計画的かつ見えない形で、慎重に進めてほしいと思います。
(この活動を進めるにあたり新世紀ユニオン加入時にお渡しした、加入資料「労働組合のABC」や「新入組合員読本」を活用してください。)
スポンサーサイト



!!ここに掲載の広告は 当ユニオンとは一切関係ありません!!
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
 ブックマークこのエントリをはてなブックマークに登録 このエントリを del.icio.us に登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 この記事をPOOKMARKに登録する このエントリをSaafブックマークへ追加 newsing it!

プロフィール

ユニオンニュース

Author:ユニオンニュース



一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」が発行するニュースのサイトです。

新世紀ユニオンの組合費、拠出金等に関する高等裁判所の判決文を掲載しました。 拠出金高裁判決

検索フォーム
アーカイブ

カテゴリ

最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析