FC2ブログ

新世紀ユニオン発行のニュース

個人加入の労働組合は団結がすべてである!

 労働組合は一人では無力な労働者の団結体である。憲法28条は「勤労者の団結する権利及び団体交渉その他の団体行動をする権利は、これを保証する、と定めています。

 新世紀ユニオンの組合規約は、組合員は自分の争議が解決したら、今度は仲間の闘いを支援することを義務として定めています。解雇され収入がなくなった労働者に組合費を免除しているのは、他の組合員がきちんと組合費を支払うことでユニオンを支えているからできることです。

 ところが、組合費の支払いを免除されてきたのに、自分の闘いが解決したら、すぐ脱退する組合員が少なくありません。このようなことを許せば、いつまでも団結の力は強くならず、労働者の階級的利益は実現しません。労働者は個人主義を克服しなければ団結できないのです。

 近年、非正規雇用が拡大し、無権利の低賃金の労働者が増えたのは、既成労組=企業内労組が家畜化したことが原因であり、労組の力が弱いと労働者の待遇改善もできないのです。それゆえに新世紀ユニオンは雇用を守り、労働者の権利を守るために、絶対に裏切らない、闘う労組として生まれました。

 個人加入労組の特徴は闘いが個別事案となることです。ユニオンの事務所を維持し、団結体としての活動を持続するために、組合員は1%の組合費の支払い義務があります。自分の闘いが解決しても、仲間の闘いのために、組合費を支払い、組合員としての義務を果たし続ける、それが労働組合であり、労働組合が「何でも屋」の請負業ではないことを理解しなければなりません。

 したがって、自分の事案が解決金を得て、解決したらすぐユニオンを辞めるような行為は仲間に対する裏切りとなるということを自覚してほしいと思います。それゆえ新世紀ユニオンは裏切って辞めた人の再加入は絶対に認めないことにしています。

 重要なので繰り返しますが、新世紀ユニオンは加入時に、自分の闘いが解決したら次は仲間の闘いを支援することを義務として規約で定めています。そうしなければ組織を維持することも、団結の力を蓄積していくこともできないからです。

 したがって組合費を支払い続けるのが嫌な人は、新世紀ユニオンに加入する資格がないので、はじめから新世紀ユニオンに加入を申し込まないようにしてください。また組合費を支払いたくない人は、「収入がない」と嘘をついて組合員として居続けるようなことは辞めて、すぐ脱退届を出してください。
スポンサーサイト



!!ここに掲載の広告は 当ユニオンとは一切関係ありません!!
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
 ブックマークこのエントリをはてなブックマークに登録 このエントリを del.icio.us に登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 この記事をPOOKMARKに登録する このエントリをSaafブックマークへ追加 newsing it!

プロフィール

ユニオンニュース

Author:ユニオンニュース



一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」が発行するニュースのサイトです。

新世紀ユニオンの組合費、拠出金等に関する高等裁判所の判決文を掲載しました。 拠出金高裁判決

検索フォーム
アーカイブ

カテゴリ

最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析