fc2ブログ

新世紀ユニオン発行のニュース

攻撃の中で労働者の権利と雇用をどう守るのか?

 日本の家畜化した企業内組合がリストラと闘わず、立場の弱い労働者の権利を守らないことで、個人加入労組=ユニオンが生れ、成長しました。

 考えてみると、新世紀ユニオンはブラック化した企業にとって非常に腹の立つ存在です。経営者に取り入り、出世を人生の生きがいとするごますりたちにとって、新世紀ユニオンの存在は腹の立つものであるようです。金で買収できず。裏取引に応じず。労働者のために事実を宣伝する。違法解雇で高額の解決金も支払わせます。

 そこで彼らは、新世紀ユニオンの社会的信用を喪失させるために悪事を企む。最初はブログの書き込みで悪罵を並べ、最近では、「新世紀ユニオンの元会計係」になりすまし、デマ・中傷を並べて組合員を脱退させる。

 その上にさらに5ちゃんねる・2ちゃんねるにデマを並べ、私や組合員を誹謗・中傷し、社会的信用を失わせて、何とかして新世紀ユニオンをつぶそうと画策しています。

 ネット上の誹謗・中傷はIPアドレスが残る故に非常にリスクがあります。それでも出世キチガイのゴマすりどもが、あえてあからさまに攻撃してきたのは、新世紀ユニオンが貧乏ユニオンだと舐めているのだと思います。

 歴史が教えているのは、戦いで相手を侮った場合は、大軍であっても小さな軍に敗れています。新世紀ユニオンが小さい、貧乏ユニオンだからといって、闘争資金が蓄えられてはいないと決めつけると失敗します。労働運動を長年研究してきた者が、闘争資金を備えることを忘れるわけがないのです。

 新世紀ユニオンは労働者の雇用と権利を守る方法を修正します。敵が卑劣な攻撃をかけてくる場合には、攻撃できないように、見えない組織にする必要があります。なぜなら闘いとは、自分を守り、敵の違法行為を突いてゆくからです。攻撃と防御で見えなければ愚劣なゴマすりどもは攻撃できず。こちらは防御がしやすいのです。

 昨年、新世紀ユニオンは簡易裁判所の調停で1件、また弁護士との和解交渉で1件和解しました。裁判所や地労委がユニオンに厳しく対応しても、また弁護士を抱き込んでも、創意工夫すれば大きな成果が得られます。

 違法な攻撃は敵の焦りの表れです。階級敵の新世紀ユニオン潰しは成功できないと思います。我々は合法の枠内で十分戦えます。相手の挑発が汚いからと過激になる必要はなく、むしろ相手の違法行為を摘発して有利に闘えます。

 我々は、団結を固め「闘いの砦」である新世紀ユニオンを守り、勝利から勝利へと前進し、団結を大きく育てていくだけです。
 
 
スポンサーサイト



!!ここに掲載の広告は 当ユニオンとは一切関係ありません!!
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
 ブックマークこのエントリをはてなブックマークに登録 このエントリを del.icio.us に登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 この記事をPOOKMARKに登録する このエントリをSaafブックマークへ追加 newsing it!

プロフィール

ユニオンニュース

Author:ユニオンニュース



一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」が発行するニュースのサイトです。

新世紀ユニオンの組合費、拠出金等に関する高等裁判所の判決文を掲載しました。 拠出金高裁判決

検索フォーム
アーカイブ

カテゴリ

最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析