fc2ブログ

新世紀ユニオン発行のニュース

労働者は大衆と団結できなければならない

 新世紀ユニオンは労働組合であり、労働組合には労働者の中の先進・中間、おくれを含めて大衆を組織できなければなりません。多数派形成とは団結の輪を広げていくことです。

 労働者は職場で雇用を守るには、できるだけ孤立を避けなければなりません。孤立はリストラを招くと自覚しなければなりません。多数派を形成するには、まず先進層と結びつき、中間層と団結し、遅れた層を引き上げる観点で団結の輪を広げていかねばなりません。

 つまり先進層に依拠しなければ中間層と団結できず。中間層と団結できなければ遅れた層を引き上げることができないのです。これが多数派形成の方法であり、一口で言えば、大衆路線といいます。

 私は新しく職場に入った組合員に以下の点を求めます。

(1)仕事の能力を絶えず高めていく努力をすること
(2)証拠を残すよう努めること
(3)孤立しないように団結の輪を広げていくこと
(4)職場の人、それぞれの考え方をつかみメモしていくこと

 以上の点を追求していけば、雇用は守れます。孤立していなければ雇用はまず安泰です。同時に秘密のうちに組合員を拡大していけば職場の様々な改善も解決できるようになります。つまり職場の大衆の要求をつかむことが組織化のかなめの問題です。要求に対する考え方でその人の思考方法が分かります。

 つまり、重要なのは、大衆を先進・中間・遅れに分析する方法です。これは職場の労働者の階級的要求に対しての考えかたを調査し、分析する中で判断していくようにします。遅れを先進と勘違いすると、肝心な時に裏切られ窮地に追い込まれることになります。

 つまり大衆を分析するには、一定の調査=量的蓄積が必要であり、ゴマすりに対する認識、上司への忠誠心、仕事への責任感、政治的見方、などを調査し、把握すれば先進的大衆を把握し、団結していけるでしょう。

 職場の活動について、わからないときはユニオン指導部に相談してください。
スポンサーサイト



!!ここに掲載の広告は 当ユニオンとは一切関係ありません!!
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
 ブックマークこのエントリをはてなブックマークに登録 このエントリを del.icio.us に登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 この記事をPOOKMARKに登録する このエントリをSaafブックマークへ追加 newsing it!

プロフィール

ユニオンニュース

Author:ユニオンニュース



一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」が発行するニュースのサイトです。

新世紀ユニオンの組合費、拠出金等に関する高等裁判所の判決文を掲載しました。 拠出金高裁判決

検索フォーム
アーカイブ

カテゴリ

最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析