fc2ブログ

新世紀ユニオン発行のニュース

世界の多極化と戦略関係について

 今日の世界情勢の特徴は、相対的に衰退するアメリカ、台頭する中国、拡大する欧州(EU)、民族主義に目覚めたロシアの多極化の時代である。

 アメリカは、ロシアの「柔らかい下腹」と言われているウクライナのクーデターで、ウクライナのNATO勢力圏への取り込みを画策することで、ロシアの民族主義を覚醒し、クリミア併合を招き、欧米の対ロシア経済制裁で、EUのロシア経済取り込みを阻止した。

 プーチンはクリミア併合でロシア国民の80%の高い支持率を実現し、旧ソ連圏の回復戦略で国民の自信と誇りを取り戻した。しかしそれは欧米の対ロシア制裁で経済的困難を招いたが、旧ソ連圏への影響力は強まった。またアメリカが撤退する中東での影響力も強化している。

 欧州(EU)は、対ロシア経済制裁をやめたがっており、ドイツは海底パイプライン敷設でロシアから天然ガスを買い、その代金でロシアに機械を販売しようともくろんでいる。つまりドイツとフランスは対ロシア経済制裁をもうやめたいのである。

 ロシアと中国は資源の豊富な中央アジアの取り込みをめぐり、対立もし同時に反米で協力する関係にある。プーチンは中国への接近を見せつけることで、欧州との関係を回復しようとしている。

 プーチンが4月にウクライナ国境に15万人の軍隊を終結させ、黒海にカスピ海艦隊を集中させて、黒海を封鎖したのは、東欧諸国を揺さぶり、ロシアの力を見せつけたのである。

 アメリカは、プーチンの黒海封鎖に何もできなかった。こうして現在の世界は、アメリカ、欧州(EU)、ロシア、中国の多極化が実現しつつある。アメリカが覇権を維持するには世界経済第3位の日本を「日米同盟の強化」で取り込むしかない。つまり日本の戦略的価値が高まっていることを、指摘して置かねばならない。

 プーチンは、日本の北方4島を返還するかのように装い「今北方4島を返せばアメリカが軍事基地を建設する」として、返還をしない態度を見せつけたのは、日本の対米自立を促しているのである。

 中国が、これまで「日本はアメリカの属国にしておいた方が安全」としてきたのが、最近になって「日本はアメリカの従属国」と公然と批判し始めたのは、日本の自立の方がアメリカの戦略を弱体化できるからと判断したからである。つまりロシアと中国は日本の自立に戦略的利益を見出しているのである。

 アメリカが、旧社会主義国(現在は官僚独裁の)ロシアと中国への「関与政策」で、自由と民主主義の経済にできると読み間違えたために、世界経済の不均等な発展もあって、世界は多極化の時代を迎えることとなった。

 この4つの勢力はいずれも大きな軍事力を持っており、世界は複雑な「合従連衡」の時代へと入りつつある。この4つの勢力の内、中国の、習近平フアシスト政権が個人独裁でもあり、最も危険な拡張主義侵略勢力であることを考慮しなければならない。

 欧州が今年、東アジアへ艦隊を派遣するのは、米中間の矛盾を激化させることが、欧州の東への拡大に有利と戦略的判断をしたからである。

 こうして、欧州の東への拡大に反対し、中国とロシアの間を分断し、日本を同盟国として取り込むのが覇権を維持しようとするアメリカの戦略となりつつある。(今のところ中ロ間の分断は具体化していない)今後この4つの勢力の複雑な外交戦を注視しなければならない。
スポンサーサイト



!!ここに掲載の広告は 当ユニオンとは一切関係ありません!!
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
 ブックマークこのエントリをはてなブックマークに登録 このエントリを del.icio.us に登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 この記事をPOOKMARKに登録する このエントリをSaafブックマークへ追加 newsing it!

プロフィール

ユニオンニュース

Author:ユニオンニュース



一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」が発行するニュースのサイトです。

新世紀ユニオンの組合費、拠出金等に関する高等裁判所の判決文を掲載しました。 拠出金高裁判決

検索フォーム
アーカイブ

カテゴリ

最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析