fc2ブログ

新世紀ユニオン発行のニュース

上司に辞めてほしいといわれました


 私は外食産業で働いていますが、上司に「君には辞めてほしい」といわれました。これは退職強要でしょうか?どのように対応したらいいですか?


 「辞めてほしい」というのは普通退職勧奨ですので、「私は辞めるつもりはない」と答えておくべきです。解雇の場合は解雇通知書を渡すはずです。何度も「辞めるつもりはない」と答えているのに「辞めてくれ」と何度も強く求めてきたら退職強要になります。

 貴方の場合は、辞めてくれという理由を聞いて録音しておくことが重要です。コロナ禍で外食産業は苦しいのでリストラを考えている可能性が強いです。しかし雇用調整助成金があるのに「辞めてくれ」というのはおかしいです。

 もし解雇であるなら、その理由を詳しく聞き、整理解雇の四要件に照らし合わせて見なければなりません。証拠を残しつつ、辞めなければならない理由について説明を求めるべきです。使用者には退職を求める理由を説明する義務があります。コロナで苦しいと答えたら雇用調整助成金をもらっているのではないか?と聞いてください。

 整理解雇の四要件とは以下のとおりです。

(1)人員削減の必要が存在するか
(2)解雇回避の努力を尽くしたか
(3)人選の基準は何か、それが合理的か
(4)説明・協議義務を果たしたか

 これらについてきちんと説明を求めてください。これを録音しておくことが重要です。

 労働契約法16条は「解雇は客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合は、その権利を濫用したものとして無効とする」と定めています。ましてやコロナ禍で政府が雇用を守るために雇用調整助成金を出しているのに、「辞めてくれ」というのはおかしな話です。

 世間では助成金をもらいながら雇用を維持しない身勝手な経営者が多くいます。あきらめずに上司に理由を聞き、証拠を残しながら、さらに説明を求めてください。説明を拒否したら、それは違法な退職強要になります。

 証拠が取れたら、必要な段階で団体交渉を申し入れます。


 私は外食産業で働いていますが、上司に「君には辞めてほしい」といわれました。これは退職強要でしょうか?どのように対応したらいいですか?


 「辞めてほしい」というのは普通退職勧奨ですので、「私は辞めるつもりはない」と答えておくべきです。解雇の場合は解雇通知書を渡すはずです。何度も「辞めるつもりはない」と答えているのに「辞めてくれ」と何度も強く求めてきたら退職強要になります。

 貴方の場合は、辞めてくれという理由を聞いて録音しておくことが重要です。コロナ禍で外食産業は苦しいのでリストラを考えている可能性が強いです。しかし雇用調整助成金があるのに「辞めてくれ」というのはおかしいです。

 もし解雇であるなら、その理由を詳しく聞き、整理解雇の四要件に照らし合わせて見なければなりません。証拠を残しつつ、辞めなければならない理由について説明を求めるべきです。使用者には退職を求める理由を説明する義務があります。コロナで苦しいと答えたら雇用調整助成金をもらっているのではないか?と聞いてください。

 整理解雇の四要件とは以下のとおりです。

(1)人員削減の必要が存在するか
(2)解雇回避の努力を尽くしたか
(3)人選の基準は何か、それが合理的か
(4)説明・協議義務を果たしたか

 これらについてきちんと説明を求めてください。これを録音しておくことが重要です。

 労働契約法16条は「解雇は客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合は、その権利を濫用したものとして無効とする」と定めています。ましてやコロナ禍で政府が雇用を守るために雇用調整助成金を出しているのに、「辞めてくれ」というのはおかしな話です。

 世間では助成金をもらいながら雇用を維持しない身勝手な経営者が多くいます。あきらめずに上司に理由を聞き、証拠を残しながら、さらに説明を求めてください。説明を拒否したら、それは違法な退職強要になります。

 証拠が取れたら、必要な段階で団体交渉を申し入れます。
スポンサーサイト



!!ここに掲載の広告は 当ユニオンとは一切関係ありません!!
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
 ブックマークこのエントリをはてなブックマークに登録 このエントリを del.icio.us に登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 この記事をPOOKMARKに登録する このエントリをSaafブックマークへ追加 newsing it!

プロフィール

ユニオンニュース

Author:ユニオンニュース



一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」が発行するニュースのサイトです。

新世紀ユニオンの組合費、拠出金等に関する高等裁判所の判決文を掲載しました。 拠出金高裁判決

検索フォーム
アーカイブ

カテゴリ

最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析