fc2ブログ

新世紀ユニオン発行のニュース

職場の矛盾関係を常に考慮して動くこと!

 職場には様々な矛盾があります。(1)あなたと雇用主との矛盾、(2)あなたと同僚との矛盾、(3)あなたと顧客との矛盾、(4)その他の矛盾、などがあります。
(1)の、あなたと雇用主との矛盾は支配と被支配の矛盾であり、対立しつつ統一する関係です。会社は労働者に懲戒権を保持する優位な地位にあり、労働者にとって会社幹部との矛盾は何時の場合でも主要な矛盾です。

(2)の、あなたと同僚との矛盾は、基本は人民内部矛盾ではあるが、出世争いのライバルでもあるので、敵対矛盾となる可能性がしばしば生起します。昼休みにユニオン加入を同僚に話したことを会社にチクられて解雇された人もいます。

 多くの解雇事案で同僚が陰謀に加担している例が非常に多いのです。上司があなたの監視役を同僚に命じる場合も少なくありません。日常的に同僚との関係を強化しておくことは重要なことです。つまり同僚との矛盾が主要な矛盾に作用されて、敵対矛盾に変化することが多いことを念頭に入れておく必要があります。

(3)あなたと顧客との矛盾は、仕事の相手であるので雇用を守る相手としては非常に重要で、誠実に対応することが必要な相手です。コープの営業マンが顧客に頼まれていた商品を翌日忘れたため、「品物がない」と嘘をついて、それが会社にわかり解雇された例もあります。

 また会社がリストラするために顧客のクレームを口実にする例が増えています。顧客には誠実に対応することが必要です。顧客への拙劣な対応が解雇理由になることを忘れてはいけません。

(4)清掃人や部下との矛盾、営業所の所長を監視する役割を会社が清掃人や部下に命じていて、その結果、仕事中のパソコンでのゲームを知られ解雇されたり、職務中のアルバイトを密告されて解雇された例もあります。職場では主要な矛盾に規定されて、副次的な矛盾であっても敵対的矛盾となる場合が多いのです。

 もちろん、労働者が会社の仕事に誠実就労義務や守秘義務を果たしていれば、敵対的矛盾に発展することはないのです。職場での人付き合いは矛盾を敵対的にしないためには必要であること。職場での孤立はリストラを招きやすいことを忘れてはいけません。

 上記矛盾関係を敵対的矛盾に発展させないためには、常に職場の様々な矛盾関係を念頭に入れておくことが重要です。ネット上の「つぶやき」が行き過ぎて敵を作ってしまい、トラブルとなり、職場の敵対的矛盾を生み出してしまう例もあります。

<労働者が雇用を守る上で重要な事を以下に書きます>

①ユニオンに加入し、雇用を守る組織的準備をしておくこと
②なるべく人に知られないように社内に仲間(=情報源)を作っておくこと
③日常活動の記録を継続的に残しておくこと
④職場や職域で孤立状態を作らないようにこころがけること
⑤職場の矛盾関係に目配りすること
⑥仕事の上で誠実就労義務を果たし、周りの信頼を獲得すること
⑦職場では人の批判は控え、同調を求められてもうかつに乗らないこと

 以上を参考にして、危険な兆候が表れた場合はユニオンに報告して、対策を相談しておくことが重要です。
スポンサーサイト



!!ここに掲載の広告は 当ユニオンとは一切関係ありません!!
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
 ブックマークこのエントリをはてなブックマークに登録 このエントリを del.icio.us に登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 この記事をPOOKMARKに登録する このエントリをSaafブックマークへ追加 newsing it!

プロフィール

ユニオンニュース

Author:ユニオンニュース



一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」が発行するニュースのサイトです。

新世紀ユニオンの組合費、拠出金等に関する高等裁判所の判決文を掲載しました。 拠出金高裁判決

検索フォーム
アーカイブ

カテゴリ

最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析