fc2ブログ

新世紀ユニオン発行のニュース

パワハラや陰謀に巻き込まれないための注意点!

 職場には様々な矛盾があります。上司との矛盾、同僚との矛盾、顧客との矛盾、教育現場では学生との矛盾、こうした様々な矛盾がある中で、日々生起する矛盾が敵対的な矛盾なのか?それとも人民内部の矛盾なのか? で解決方法が違ってきます。

 ある労働者は、自分が入社を仲介した同僚に、昼休みに「給料が上がらないのでユニオンに加入しようか?」と話したこところ、その同僚に会社にチクられ懲戒解雇されました。このことは人民内部の矛盾であっても、敵対矛盾に転嫁するという事を示しています。

 入社するとすぐに同僚が「前の会社はなぜ辞めたのか?」「なぜこの会社に入ったのか?」などと話しかけてきます。このような場合、多くは裏で人事が労働者に思想の調査をやらせています。同僚が上司の悪口を話しかけてきても、安易に合い槌を打たないようにしてください。人事や上司があなたの考えを調査していることが多いのです。

 ある新入社員は、先輩が課長の悪口を話しかけてきたので、うっかり同調しました。すると後日、自分が悪口を振りまいていることにされていました。職場での悪口などには絶対に同調しないこと、うまくかわすことが重要です。

 職場ではあたかも見せしめのようにパワハラの標的にされる労働者がいます。多くは反抗的な人や、ゴマをすらない人が標的にされます。知らず知らずにパワハラの標的にされる場合が多いのです。

 使用者は、労働するにあたり労働者が「その生命、身体等の安全の確保」をするよう配慮する義務があります。(労働契約法5条)すなわち、いじめ防止義務やパワハラ防止義務があります。ところが多くのパワハラはこうした義務のある上司が行います。人事権という権力を排除に使うのがパワハラなのです。常に弱い立場の者が被害者になります。

 パワハラやいじめが始まったら、重要なのは記録を残すことです。人権侵害事案では加害事実が立証できるかがカギになります。常日頃から、録音や社内メールを残していくことが必要です。

 社内メールはプリントアウトして自宅で保存しておくことが重要です。証拠を会社の机の引き出しに入れておいて、突然解雇されて証拠も押さえられる人が時々います。会社の机の中やロッカーの中は、上司に常日頃から点検されていると心得ておいてください。したがって仕事に関係する本などを机の中にしまっておくことは、上司への静かなアピールになります。

 自分がハラスメントの標的になったと感じたら、すぐユニオンに加入し、指導を受けるようにしてください。パワハラとの闘いは、具体的な段階性を踏まえることが必要なので、必ずユニオンと相談して必要な証拠をそろえることが重要です。

 社内で趣味の会などに加入して、他の職場にも知り合いを作っておくことは、独自の情報網として役立つことがあります。社内で孤立していない人はリストラ攻撃しにくいのです。

 職場で警戒すべき相手は、主観的に自分をライバル視してくる手合いです。このような人間は、デマを振りまいたりして、悪い噂を振りまいてくる場合があります。職場では無警戒、無関心が攻撃を招くことになりやすいのです。絶えず職場の諸矛盾に注意してください。職場の仲間への日ごろの思いやりが、団結を広げてあなたの雇用を守る力になります。

スポンサーサイト



!!ここに掲載の広告は 当ユニオンとは一切関係ありません!!
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
 ブックマークこのエントリをはてなブックマークに登録 このエントリを del.icio.us に登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 この記事をPOOKMARKに登録する このエントリをSaafブックマークへ追加 newsing it!

プロフィール

ユニオンニュース

Author:ユニオンニュース



一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」が発行するニュースのサイトです。

新世紀ユニオンの組合費、拠出金等に関する高等裁判所の判決文を掲載しました。 拠出金高裁判決

検索フォーム
アーカイブ

カテゴリ

最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析