fc2ブログ

新世紀ユニオン発行のニュース

ウクライナ戦争の影の主役は米外人部隊

 4月24日付ネット記事によると、キーウ(キエフ)でウクライナで活動する外人部隊の「ジョージア部隊」の司令官マムカ・マムラシュウィリ氏が、4月下旬に朝日新聞の取材に応じた。

 その記事によると「ジョージア部隊」は2014年4月22日からウクライナで活動してきたこと、2016年にウクライナ正規軍に組み込まれたという。「ジョージア部隊」は結成時は、アメリカのジョージア出身者の傭兵部隊だったが、ロシア侵攻後様々な外国人を受け入れ、ウクライナで最大の外人部隊となった。一説によるとアメリカの傭兵会社の部隊が1万2000人ウクライナに派兵されているとの情報もある。

 つまり2014年のウクライナでのクーデターは、当時からアメリカのCIAがドルを段ボール箱に詰めてウクライナの極右や野党に送ったことが知られていたが、アメリカは傭兵も送り込んでいたのである。

 このクーデターで当時親ロシア派のヤヌコーヴィチ大統領が失脚し、隣国ロシアへ亡命することになった。このクーデターは、ロシアの猛反発を招き、のちにクリミア半島の併合と親ロシア派武装勢力によるドンバス戦争の勃発=ウクライナ東部紛争へとつながった。 つまりウクライナは2014年からアメリカのかいらい国なのである。

 プーチンは怒りもあり、ウクライナのNATO加盟の挑発にのせられて、ウクライナに侵攻し、待ち構えていたアメリカの傭兵部隊に携帯ミサイル「ジャべリン」でボコボコにされた。アメリカの戦略目標はプーチン大統領の失脚だが、プーチンは敗北を糊塗するためにウクライナ東部の「ドンバス解放」で戦争を終わらせようとしている。

 アメリカや親米派諸国が軍事援助でプーチンの狙いを挫こうとしているのが現在の局面である。この戦争でアメリカは穀物、原油、天然ガス、武器が高値で飛ぶように売れ、経済が好況となり、バイデンの中間選挙での勝利のめどが立ったという。

 ウクライナ戦争を裏で仕組んだバイデンの最大の誤算は、産油国を含む中東全体がロシア、中国連合の方に付いたことだ。資源輸出国の大半が反欧米陣営の側に回ったことは、戦略的にはアメリカが不利になったことを示している。

 アラブの人たちは「今ウクライナで起きていることは中東でこれまで起きたことではないか、アメリカの戦争犯罪は裁かれないのか?」と問いかけているのである。イラク戦争はありもしない「大量破壊兵器」を口実にアメリカが侵攻し、多数のイラク人を殺したが、アメリカの戦争犯罪は問われていない。

 ウクライナにおける虐殺はロシア軍ではなく、この傭兵部隊だともいわれている。戦時には双方がフェイク情報を流すので、戦争キャンペーンにのせられないようにしなければならない。

 戦争を分析するうえで重要なのは、だれが最初に攻撃したかではなく、だれがその戦争を画策したかである。ウクライナ戦争の仕掛け人はNATO拡大で挑発したバイデン米大統領であることは明らかだ。

 アメリカは対ロシア制裁で欧州に分断を持ち込み、ユーロの東方への拡大を阻止し、NATOの存続に成功したが、戦略的には中国の方にロシアを追いやり、中東諸国がロシア・中国連合についたので、世界戦略的にはバイデンの失敗と言える。今後の焦点は、戦争が拡大するのか、ウクライナだけで収まるか?という点と、世界経済の行方である。
スポンサーサイト



!!ここに掲載の広告は 当ユニオンとは一切関係ありません!!
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
 ブックマークこのエントリをはてなブックマークに登録 このエントリを del.icio.us に登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 この記事をPOOKMARKに登録する このエントリをSaafブックマークへ追加 newsing it!

プロフィール

ユニオンニュース

Author:ユニオンニュース



一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」が発行するニュースのサイトです。

新世紀ユニオンの組合費、拠出金等に関する高等裁判所の判決文を掲載しました。 拠出金高裁判決

検索フォーム
アーカイブ

カテゴリ

最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析