fc2ブログ

新世紀ユニオン発行のニュース

会社から副業はダメだといわれました



 私は会社で事務員をしています。家のローンもあり、物価の上昇で生活が苦しいので、上司に「副業をしたい」と相談したら「駄目だ」と言われました。就業規則に副業を禁止している、と言われました。副業はできないのでしょうか?



 「働き方改革関連法」の施行やコロナ禍で業績予測が難しい中、物価の高騰もあり、従業員の副業を認める企業は増えています。その一方で、従業員が希望しても就業規則で副業を禁止する企業は少なくありません。

 憲法22条は職業選択の自由を認めており、副業行為は違法ではありません。ただし会社の業務と同じ業務の企業で働く場合、競業避止義務違反や、会社の業務秘密の漏洩になる場合などは副業はできませんので、注意してください。

 一方、就業規則は会社が独自に制定するルールであり、労働者と使用者の契約です。 会社は就業規則で副業を禁止することができます。できますが、だからと言って副業を全て禁止できません。

 副業を禁止できるのは上記競業避止義務違反や、副業により、本業に支障が起きる場合だけです。

 副業により労働時間が長時間となり、本業務で居眠りするなど、本業に支障が起きる場合は副業を禁止できますので、長時間にならないように注意してください。副業は労働時間3時間ほどにしてください。

 また若い女性の場合、バーなど接客業での副業は、企業によれば品意を汚すとして禁止している場合があります。会社の規則を調べる必要があります。

 まとめると、副業は、会社の業務と重ならないこと、長時間にならないこと、会社の品意をけがさない業務であること、などが必要条件です。

 ですから副業する場合は、上記条件を満たしたうえで、会社にも友人にも内緒でするようにした方が無難です。個人情報保護法がありますから秘密にすれば分かりません。

スポンサーサイト



!!ここに掲載の広告は 当ユニオンとは一切関係ありません!!
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
 ブックマークこのエントリをはてなブックマークに登録 このエントリを del.icio.us に登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 この記事をPOOKMARKに登録する このエントリをSaafブックマークへ追加 newsing it!

プロフィール

ユニオンニュース

Author:ユニオンニュース



一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」が発行するニュースのサイトです。

新世紀ユニオンの組合費、拠出金等に関する高等裁判所の判決文を掲載しました。 拠出金高裁判決

検索フォーム
アーカイブ

カテゴリ

最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析