fc2ブログ

新世紀ユニオン発行のニュース

職場に賃上げの雰囲気を作れ!

 春闘をめぐって経営側の指針となる経団連の報告(基本方針)が発表されました。最近の急激な物価上昇を踏まえ、去年よりも幅広い企業に対し「ベースアップ」を前向きに検討するよう求めていて、労働組合側も高い水準の賃上げを求める動きが広がっています。

 経団連の報告では「『物価動向』を特に重視しながら企業の社会的な責務として賃金引き上げのモメンタムの維持や強化に向けた積極的な対応を呼びかけていく」として、食料品やエネルギーなどの物価上昇を踏まえた賃上げの必要性を強く打ち出しています。

 日本経済は強欲の資本主義の政策のやりすぎで、国民経済が縮小を続け、賃金も30年間少しも上がっていません。このデフレサイクルを止めるには内需を拡大するしか方法はなく、そのためには大幅な賃上げをするほかない局面に至っています。

 とりわけ、アメリカ経済が相次ぐ利上げで不況局面になり、IT企業で大規模なリストラが始まっています。また欧州経済もエネルギー価格が数倍になり、経済不況が避けられない局面になっています。

 また中国経済もゼロコロナの失敗で不況の影が差しており、ウクライナ戦争の影響もあり、外需が縮小する局面では、日本経済は内需を賃上げで拡大するほか活路がない局面となっています。

 ユニクロが国際的賃金水準にしていくとして、40%の賃上げをするなど、各企業も賃上げの必要性を自覚し始めています。賢い企業は、今大幅に賃上げをすれば、いい人材が集まることを知っています。

 企業内労組が丸ごと家畜化しており、また闘うユニオンが労組つぶしの攻撃を受けている中では、職場に組合がなくとも賃上げする企業に変わりたい、転職したい、ユニオンに加入したい、と言う雰囲気を作ることが、賃金相場を挙げることにつながります。

 労働者は、組合に団結し経済闘争を闘わないと雇用を守り、賃金も上がらないことを知り、知らせることが重要なのです。職場に賃上げの雰囲気を作り、ユニオンに団結する必要性を宣伝しなければなりません!
スポンサーサイト



!!ここに掲載の広告は 当ユニオンとは一切関係ありません!!
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
 ブックマークこのエントリをはてなブックマークに登録 このエントリを del.icio.us に登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 この記事をPOOKMARKに登録する このエントリをSaafブックマークへ追加 newsing it!

プロフィール

ユニオンニュース

Author:ユニオンニュース



一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」が発行するニュースのサイトです。

新世紀ユニオンの組合費、拠出金等に関する高等裁判所の判決文を掲載しました。 拠出金高裁判決

検索フォーム
アーカイブ

カテゴリ

最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析