fc2ブログ

新世紀ユニオン発行のニュース

職場のパワハラでうつ病になりました




 私は女性で、流通関係の会社(=子会社)で仕事をしていましたが、パワハラでうつ病になりました。会社に報告すると配置転換が示されましたが、配転先が男性ばかりであり、主治医の話ではうつ病にはよくない、と言われました。私はどうしてよいかわかりません、教えてください。



 労働契約法第5条は(労働者への安全への配慮)について以下のように定めています。「使用者は、労働契約に伴い、労働者がその生命、身体等の安全を確保しつつ労働できるよう、必要な配慮をするものとする。」

 つまり相談者がパワハラでうつ病になった場合、会社の相談窓口に相談し、加害者への指導・教育・処分(=再発防止措置)を行い、それでもパワハラがやまない場合、加害者を配置転換すべきであり、被害者である相談者を配置転換するという会社の解決方法は間違いです。

 対処法としては、パワハラに関する就業規則を調べること、特にパワハラが業務上の必要性があったか?違法な人権侵害か?労働者側の被害・不利益の状態?パワハラの狙い?で判断しなければなりません。多くのパワハラは助成金狙いの退職強要として行われており、この場合違法な目的の人事権の濫用、人権侵害行為となります。

 具体的に書くと肉体的精神的暴力、仕事の取り上げ、他の人間関係からの隔離、労働者の知識・能力・経験・適性に対するふさわしい処遇でない場合、一方的賃下げなどが人事権の濫用となります。

 会社はこれらのパワハラを防止する義務=管理者責任があり、再発防止措置を取らねばなりません。つまり、使用者として加害者への指導・教育・処分を行う管理義務があります。

 被害者である相談者が、主治医が「病気には良くない」配置転換を行うことじたいがパワハラです。相談者はすぐにでも信頼できるユニオンに加入して、団体交渉で管理者としての対応を求めるべきです。

 つまり、会社には、就業環境配慮義務・いじめ防止義務があります。団体交渉で解決できない場合は、加害者への人格権侵害の損害賠償請求の民事裁判で争うこともできます。

 一番いいのは、加害者を職場から移動させること、それが難しいのであれば、うつ病が悪化しないうちに解決金で退職=転職することも選択肢とした方がいいでしょう。

スポンサーサイト



!!ここに掲載の広告は 当ユニオンとは一切関係ありません!!
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
 ブックマークこのエントリをはてなブックマークに登録 このエントリを del.icio.us に登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 この記事をPOOKMARKに登録する このエントリをSaafブックマークへ追加 newsing it!

プロフィール

ユニオンニュース

Author:ユニオンニュース



一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」が発行するニュースのサイトです。

新世紀ユニオンの組合費、拠出金等に関する高等裁判所の判決文を掲載しました。 拠出金高裁判決

検索フォーム
アーカイブ

カテゴリ

最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析