fc2ブログ

新世紀ユニオン発行のニュース

公的資金で株価を上げバブルを招いた政府

 日銀が27日公表した2023年1~3月期の資金循環統計によると、日銀の国債保有割合(国庫短期証券を除く時価ベース)が23年3月末に53.3%と過去最大になった。また年金積立金管理運用独立行政法人が発表したところによると、株価上昇により、2020年度の公的年金の積立金運用益は、37兆7986億円と過去最高の黒字となった。

 つまり日本の現在起きている株高は、政府の公的資金投入=年金基金と日銀による株購入で起きています。それに金融危機が深まっているアメリカの投資家が比較的安全な日本株を購入しています。また投資ファンドの買い占めを警戒して自社株買いをしているのも株価上げに拍車をかけています。

 つまり現在の日本の株高は、実体経済を反映したものではなく、バブルに過ぎません。近く起きるといわれているアメリカの金融危機が発現すると、日本の株も暴落します。そうなると、労働者人民の年金資金が消えてしまい、日銀の通貨発行益も消えます。ハイパーインフレが起きれば、国民の預貯金も消えていくことになります。

 日本のゼロ金利、日銀の国債引き受け、株購入、年金基金の株投資、これらの政策は株を持っている資本家を儲けさせる目的で行われています。その結果は、日本経済を衰退させるだけです。つまり政府の経済対策は「亡国の政策」であるのです。

 またゼロ金利継続は、アメリカのドル高政策への協力でもあります。従属国ゆえに日本はゼロ金利で円安にして資源とエネルギーの購入で貿易赤字を増やしているのです。それゆえ物価が上昇し、わずかな賃上げも物価上昇に追いつけません。

 岸田政権の進める、終身雇用制を廃止し、派遣・期間雇用に切り替える政策は、退職金の廃止にその狙いがあります。自民党政権は労働者を貧困化し、日本経済が衰退する政策ばかり行っています。このような金持ちだけが豊かになる政策には労組としては反対するほかありません。

 野党が細切れで、団結できないので、いつまでもこの愚劣な政権が続きます。野党は国民経済の衰退からの転換の1点で団結して、政権の受け皿を作るべきです。
スポンサーサイト



!!ここに掲載の広告は 当ユニオンとは一切関係ありません!!
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
 ブックマークこのエントリをはてなブックマークに登録 このエントリを del.icio.us に登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 この記事をPOOKMARKに登録する このエントリをSaafブックマークへ追加 newsing it!

プロフィール

ユニオンニュース

Author:ユニオンニュース



一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」が発行するニュースのサイトです。

新世紀ユニオンの組合費、拠出金等に関する高等裁判所の判決文を掲載しました。 拠出金高裁判決

検索フォーム
アーカイブ

カテゴリ

最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析