fc2ブログ

新世紀ユニオン発行のニュース

職種限定の労働契約について教えて?



 私は病院の院内保育所で保育士として雇用されました。しかしこの度病院が保育所を外注化するために、私は老人介護の職場に配置転換の命令が出ました。私は保育士としての仕事に生きがいを持っていましたし、保育士として雇用されました。

 この場合職種限定の労働契約にはならないのでしょうか?職種限定の契約であれば外注先に出向で保育の仕事ができるはずだと思うのですが・・・?職種限定の労働契約について教えてください。



 職種限定の労使の合意とは、労働者を一定の職種に限定して配置する旨の合意を言います。職種限定の合意がある場合、職種を変更する場合は労働者の合意を得ない限り、他職種への配置転換を命ずることはできません。(労働契約法第8条)

 ではどのような場合職種限定が認められるのか、というと、労働条件通知書に「従事すべき業務」が書かれていても、それは採用直後の当面の業務内容ととして記載されているので、労働契約書に業務内容が明示されていても職種限定の合意が成立しているとは認められません。

 一般的に医師・看護師、自動車運転手などの特殊な技術、技能、資格が必要な場合、使用者と労働者の間に明示、又は黙示の職種限定の合意が成立し得る、と考えられます。ですから相談者は保育士の資格を持っているので、職種限定の労働契約が成立していると言えます。

 ですから、院内保育所が外注化される場合、やむをえない理由にされる可能性があります。しかし外注先に出向という形で雇用が保障されるべきであり、その方向で経営者に善処を求めることができます。

 つまり職種限定の合意が成立している以上、別職種への配置転換は本人の合意がなければできません。その場合、出向で保育職の雇用を保障する義務が使用者にはあります。その努力をせずに別職種への配置転換を命ずることは違法です。ましてや、配転命令拒否で解雇することは違法解雇となります。

 ただし、配置転換拒否に対する裁判所の判断は、総じて使用者側に有利な判断が多いので注意が必要です。異業種への配置転換が出た場合、あくまでも保育士としての職種限定の暗黙の合意が存在していることの指摘をして、出向による解決を求めるように交渉したほうがいいと思います。参考にしてください。
スポンサーサイト



!!ここに掲載の広告は 当ユニオンとは一切関係ありません!!
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
 ブックマークこのエントリをはてなブックマークに登録 このエントリを del.icio.us に登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 この記事をPOOKMARKに登録する このエントリをSaafブックマークへ追加 newsing it!

プロフィール

ユニオンニュース

Author:ユニオンニュース



一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」が発行するニュースのサイトです。

新世紀ユニオンの組合費、拠出金等に関する高等裁判所の判決文を掲載しました。 拠出金高裁判決

検索フォーム
アーカイブ

カテゴリ

最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析