fc2ブログ

新世紀ユニオン発行のニュース

政治の腐敗と政権交代待望論の広がり

 一強政治家(=安倍)の強権が、マスコミを統制・管理し、また官僚の人事権を奪い確立した官邸の独裁的権力が、政治の腐敗を深刻化させた。安倍が突然亡くなったことで隠ぺいされていた腐敗が露呈することになった。

 この間の岸田政権における副大臣や政務次官などの不祥事による辞任が続出しているのは、官僚の反撃であり、事件をマスコミにリークすることで自公政権が打撃を受けている。岸田政権の支持率は25%まで低下し、世論は政権交代を望んでいる。

 公明党が自民を支えることで、腐敗した政権が長期に続くことになった。この点が国民が宗教団体と政治家の関係に敏感になった理由である。また自公政権の長期化は野党のこま切れ状態も影響している。国民が政権交代を望んでいるのに「確かな野党」と言うスローガンを掲げる野党もあった。

 細切れ野党が、連合して国民の願いである政権交代のための受け皿を造ることが課題として浮かび上がっている。だから野党の中で選挙協力を進める動きが出てくるのは当然のことである。

 ところが立憲民主党と共産党の選挙協力を連合会長が批判したのは,異常であり、連合は誰の利益を代表しているのか?と言う声を労働者階級の中に拡大している。

 連合幹部が、国民の自公腐敗政権への対策として政権交代以外に方法がない以上、労働組合の最大組織が、労働者階級の利益を代表すべきことは譲れない原則的な問題である。

 連合労働貴族が野党間の選挙協力にさえ反対することは、自公政権が腐敗していることを容認し、支えるに等しいことである。些細な政策の違いを口実に野党を分断する行為は、財界の手先としての正体を自己暴露したに等しいというべきである。

 次期総選挙を政権選択選挙にすべく、労働者とその労組は全野党の統一戦線を作るために働きかけねばならない。連合の野党間の協力に反対する動きは自公腐敗政権への支援である。労働者は連合幹部の政権交代を妨害する行為を批判しなければならない。
スポンサーサイト



!!ここに掲載の広告は 当ユニオンとは一切関係ありません!!
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
 ブックマークこのエントリをはてなブックマークに登録 このエントリを del.icio.us に登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 この記事をPOOKMARKに登録する このエントリをSaafブックマークへ追加 newsing it!

プロフィール

ユニオンニュース

Author:ユニオンニュース



一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」が発行するニュースのサイトです。

新世紀ユニオンの組合費、拠出金等に関する高等裁判所の判決文を掲載しました。 拠出金高裁判決

検索フォーム
アーカイブ

カテゴリ

最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析