fc2ブログ

新世紀ユニオン発行のニュース

業命がない場合残業代はもらえないのか?



 私が働いている会社は上司の残業命令がない場合、残業をしても残業代が支払われません。しかし仕事量が多く、時間内に終わらない場合があるので残業をします。上司に残業代を請求しても「業務命令がない」ことを理由に支払われません。

 会社の措置は合法なのでしょうか?また上司は「管理職だから残業代が出ない」と言っていますが、管理職であると残業代はもらえないのですか?



 残業や休日労働には割増賃金を支払わねばなりません。しかし法内残業の場合は割増賃金はつきません。割増賃金の基礎となる賃金には家族手当、通勤手当などは参入しませんので注意してください。

 さて質問の点ですが、企業により就業規則で時間外労働の申請や上司による承認の手続きを定めている場合があります。しかしその仕事が、会社の指揮命令下でやっているので、仮に残業申請の手続きや、上司の承認が無くても残業代の請求が認められるケースが多いのです。

 つまり「社員が勝手に働いた」として残業代を払わないのは違法だと考えてください。

 問題は、会社が明示の残業禁止命令を出している場合です。こうした場合判例は、残業手当の対象外としているので注意してください。しかし使用者が残業の禁止命令を出しながら、残業しなければ処理しきれない業務量を支持された場合は、残業禁止命令が不合理であるので、残業代請求が認められることになります。

 近年、残業代を「固定残業代」とする企業が増えています。「固定残業代」とは実際の残業時間にかかわりなく、月25時間分(企業により差がある)を固定して支払う方法です。

 しかしこの方法は残業代部分と賃金部分が区別できなければ固定残業代としての有効要件とは認められません。また実際の残業時間が決められた時間を超える場合、超過分を請求でき、会社は支払う義務が生じます。

 ところが実際に払うべき賃金を、「固定残業代」として払うため賃金の低額化を招くなど、問題が多い制度です。多くの企業が「固定残業代」とすることで実際の残業代の支払いを免れようとしており、近年「固定残業代」をめぐる争議が増えています。

 判例は「固定残業代」を超える部分は割増賃金の支払いを認めていますので団体交渉で請求すればいいでしょう。

 なお「管理職」であることで残業代請求権がないわけではありません。管理職でも残業代は請求できます。しかし立場上会社に請求しにくいというのはあります。以上参考にしてください。

スポンサーサイト



!!ここに掲載の広告は 当ユニオンとは一切関係ありません!!
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
 ブックマークこのエントリをはてなブックマークに登録 このエントリを del.icio.us に登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 この記事をPOOKMARKに登録する このエントリをSaafブックマークへ追加 newsing it!

プロフィール

ユニオンニュース

Author:ユニオンニュース



一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」が発行するニュースのサイトです。

新世紀ユニオンの組合費、拠出金等に関する高等裁判所の判決文を掲載しました。 拠出金高裁判決

検索フォーム
アーカイブ

カテゴリ

最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析