fc2ブログ

新世紀ユニオン発行のニュース

認識は相対的であることの重要性

 日本人は討論や話し合いで認識を感性的なものから理性的なものに高めることが苦手です。これは戦後の詰込み教育が影響しています。私たちが生きていくうえで、階級社会で生活していくうえで、様々な問題(=矛盾)にぶつかります。それらには複数の側面があり、立場が違えば、認識も違います。

 職場で問題を解決するには、必要条件を考え、一つ一つクリアしていく必要があり、その解決には段階的に進めるしかありません。職場では成果は上司が奪い、ミスは部下のせいにするのが普通です。この職場における立場の違いがパワハラやいじめが発生する原因です。

 職場における矛盾には敵対的な矛盾と人民内部の矛盾があります。人民内部の矛盾は話し合いによる、批判と自己批判で解決し、敵対的矛盾は闘争により解決します。職場には顧客との矛盾もあれば上司との矛盾もあり、同僚との矛盾もあります。

 上司が同僚を使い攻撃することもありますから矛盾関係が複雑です。重要なことは自分の認識だけで問題(=矛盾)を見ると一面的な誤りを犯します。特に上司の見方(=認識)と、部下の見方(=認識)は違うという事です。

 ニュースのページに掲載している孫子の言葉「敵を知り味方を知れば百戦して危うからず」と言う言葉は、一面的な主観主義的誤りを避けるための言葉です。労働者が経営者の退職強要の標的になるのは必ず理由があります。

 そこには認識の違いが、軋轢の原因であり、誤解もあるかもしれません。労働者は上司の立場、社長の立場からも問題(=矛盾)を見るようにしないと、一面的な認識が原因で望まない解雇を招く可能性があります。

 最近は社長が代替わりして二代目や三代目の経営者になっている場合があり、彼らは創業者のように相対的認識論を身に着けているわけではありません。したがって労働者の側が対手の思考方法の特徴を分析し、誤解や認識の行き違いから解雇を招かないようにしなければなりません。

 人間はその生い立ちや、経済的なあるいは様々な環境の違いで思考方法や、認識が違います。したがって労働者は職場においては一面的思考・主観主義的思考の誤りを避けなければなりません。

 ところがネット時代には本を読まず、ネットの間違った一面的情報に頼りがちです。そのような人は職場で同僚や上司といざこざを生みやすく、人間関係がうまく処理できない人が増えています。

 若者に閉じこもりが増えているのは相対的認識を身に着けていない結果です。職場で人間関係をうまく処理するには自分の主観だけではなく、相手の立場からも思考を行い、一面的な認識を避けることができなければなりません。

 特に争議事案では、相手が自分に対し、どのような認識であるのか?どのような理由で嫌悪しているのか?どのような口実で解雇しようとしているのか?相手の思考=戦術を分析しておかないと勝てません。相対的認識を理解しておく重要性を理解しなければなりません。

スポンサーサイト



!!ここに掲載の広告は 当ユニオンとは一切関係ありません!!
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
 ブックマークこのエントリをはてなブックマークに登録 このエントリを del.icio.us に登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 この記事をPOOKMARKに登録する このエントリをSaafブックマークへ追加 newsing it!

プロフィール

ユニオンニュース

Author:ユニオンニュース



一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」が発行するニュースのサイトです。

新世紀ユニオンの組合費、拠出金等に関する高等裁判所の判決文を掲載しました。 拠出金高裁判決

検索フォーム
アーカイブ

カテゴリ

最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析