fc2ブログ

新世紀ユニオン発行のニュース

戦略的に失敗した米バイデン政権

 アメリカはウクライナと中東と中国の海洋進出という敵を3正面に作り、戦略的な窮地に陥っている。トランプは「私ならウクライナ戦争にはならなかった」と語っている。

 高物価とエネルギー価格の高騰で貧困化している黒人層まで、約7兆円に達したアメリカのウクライナ支援に反対し、トランプ支持に変わり始めた。アメリカの次期大統領はこのままではトランプが勝利することは確実と言われている。

 アメリカがこのままウクライナ支援の予算が議会を通過しなければ、ウクライナは見捨てられ敗北は確実となる。欧州のウクライナ支援も急減しはじめ、ウクライナがアメリカの「捨て駒」にされることは避けられない。

 バイデン大統領はイスラエル軍のパレスチナ虐殺も阻止できず、アメリカ国民を失望させている。アジアでは習近平の中国が東アジアとインド洋で「戦狼外交」を展開し、軍事的・外交的優位を獲得しつつある。

 覇権国アメリカが戦争抑止力を失い、戦略的に中国優位の局面を作ってしまったにのはバイデン政権の戦略的失敗というほかない。

 アメリカの次期大統領が「同盟国を守りたくない」という「アメリカ第一主義」のトランプになれば、世界は中国・ロシア・イラン・北朝鮮の独裁連合がのさばることになりかねない。つまり「アメリカ第一主義」のトランプは、ヒトラーの暴走を促したチェンバレン英首相の2の舞を演じかねない事態なのである。

 帝国主義の時代には、旧社会主義国のロシアや中国は官僚独裁から、個人独裁のファシスト政権に成長し、軍事的暴走に至ることは今や法則と見なければならない。とりわけ習近平ファシスト政権は大軍拡により超大国を目指し、強国路線を邁進し、経済政策の失敗で内部矛盾を激化させている。

 ファシスト政権が内的矛盾を外的矛盾に転化することは大いにあり得るのであり、その軍事的暴走は不可避と見なければならない。

 アメリカの同盟国はもはや自国の防衛を他国に頼ることはできず、自立した防衛力の増強を急ぎ、同時にアジアの各国が中国に各個撃破されないために、外交で反ファシズム統一戦線の建設を進める必要がある。日本はアメリカの「捨て駒」にされないよう防衛力を強化しつつ、対米自立し、平和・中立の外交を目指さねばならない。

 世界は新型コロナ禍でインフレ政策を続けた結果、世界的な物価上昇で大経済危機に直面している、そのような時に世界中で戦争と内戦・動乱が起きており、世界は戦争の時代に突入しつつある。日本の労働者は、労働組合に団結し、反戦平和の闘いが重要な階級的任務となる時代となりつつあることを自覚しておかねばならない。
スポンサーサイト



!!ここに掲載の広告は 当ユニオンとは一切関係ありません!!
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
 ブックマークこのエントリをはてなブックマークに登録 このエントリを del.icio.us に登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 この記事をPOOKMARKに登録する このエントリをSaafブックマークへ追加 newsing it!

プロフィール

ユニオンニュース

Author:ユニオンニュース



一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」が発行するニュースのサイトです。

新世紀ユニオンの組合費、拠出金等に関する高等裁判所の判決文を掲載しました。 拠出金高裁判決

検索フォーム
アーカイブ

カテゴリ

最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析