fc2ブログ

新世紀ユニオン発行のニュース

安倍派幹部への処分で解散総選挙か?!

 一強政治家が亡くなったことで人事権を奪われた官僚の反撃が始まり、自民党議員の裏金問題による腐敗が暴露され、自民党政権の支持率は15%にまで低下した。岸田首相はこれを機に安倍派の力を削ぎ、長期政権を夢見て「説明責任」を果たすよう求めたが、口裏合わせの欺瞞的な対応で国民の政治不信はかえって拡大した。
 二階元幹事長が「次の総選挙に立候補しない」ことを表明したことで、安倍派幹部への処分を行うことで党内をまとめ、岸田が訪米した後で、解散し、衆院選に勝ち、政権を維持するというのが岸田首相の狙いのようである。
 野党が細切れで、政権の受け皿もできていないので、岸田は安倍派幹部を処分すれば選挙で勝ち、長期政権にできると考えているようである。4月に岸田は国賓待遇で訪米し、日米首脳会談でバイデンの承諾を取る考えのようである。
 自民党内には秋の総裁選で女性首相を選出し、総理の顔を変えて選挙をしないと負けるとの意見も多くある。そのために小池百合子都知事を担ぎ出すという声もあるらしい、また上川洋子外務大臣を首相に立てるという見方も出ている。しかし岸田は自分の続投で動いているように見える。彼はそのために北朝鮮に首脳会談を提案して、拉致問題を解決することで支持率を上げられると考えているようである。
 野党に政権交代の大きなチャンスが訪れているのだが、今のところ野党に政権の受け皿つくりの動きは表れていない。
 泉前明石市長が国民の負担軽減を旗印とした「救民内閣」構想を提案して、野党に結集を呼び掛けているが、今のところ野党の具体的動きは見られないので、自民党政治家の裏金問題を政権交代につなげられるかは不明である。
 野党には統一戦線政策の呼びかけをする有能な指導的政治家はいまだ現れていないのは残念なことである。このままでは岸田の安部派幹部への処分の後の、解散総選挙が成功する可能性がある。
スポンサーサイト



!!ここに掲載の広告は 当ユニオンとは一切関係ありません!!
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
 ブックマークこのエントリをはてなブックマークに登録 このエントリを del.icio.us に登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 この記事をPOOKMARKに登録する このエントリをSaafブックマークへ追加 newsing it!

プロフィール

ユニオンニュース

Author:ユニオンニュース



一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」が発行するニュースのサイトです。

新世紀ユニオンの組合費、拠出金等に関する高等裁判所の判決文を掲載しました。 拠出金高裁判決

検索フォーム
アーカイブ

カテゴリ

最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析