新世紀ユニオン発行のニュース

◆売れ残った商品って 弁償!!

 郵便局によっては、エクスパックや年賀・暑中ハガキ(ハガキは10枚1パック)を携行販売しているところがあります。携行販売というのは、書留や速達や小包などの対面配達の際に、配達先のお客様に押し売り?することです。

 売り上げの有無に関わらず声掛けしたところの住所氏名および商品名を記録して報告する必要があります。ノルマが1人1日5件となっております。今回の暑中ハガキに関しては1人1日30件です。たとえどんなに一生懸命声掛けしても記録していなければ営業活動しなかったものとみなされて問責の対象です。

 私は、実際には声掛けしているが、あまりの忙しさのために記録・報告していないです。断られたところは、配達終了時には忘れてしまいます。また、外でメモしている人がいるが、個人情報保護の観点からして好ましくないです。暗号でメモした場合も同じで、廃棄時にはシュレッダーにかける必要があります。

 郵便配達しているみなさんはエクスパックや年賀・暑中ハガキなどの商品を何に入れて持ち運んでいるのでしょうか。私達の局では、エクスパック等の大型商品に関しては文具店で売っているようなA4サイズのプラスチック製の半透明の書類ケース(当局ではシャトルポストとよんでいる)に入れた上で単車のキャリーボックスに入れることになっています。

 私はケースを使っています。ただし、ケースの数が限られているので、当該商品の他に二つ折り禁止の書留の大型郵便物や個人所有の七つ道具まで混ぜています。郵便局では経費節減と称してケースを充分に入れていないです。商品であるエクスパックをケースに入れて単車に乗せるように指示を出しているにもかかわらずです。

 最近、本務者の新規採用やバイトの採用が数人ありました。彼らは、そのケースの存在を知らないようです。私は彼らには商品を傷めぬように雨で濡らさぬようにケースを使うように言っています。しかし、経費節減と配達時間短縮のためにケースなしで直接単車に載せている始末です。エクスパックに限らず、官製ハガキ等は雨に濡れたり角が折れ曲がったりすれば商品になりません。

 エクスパックの交換手数料は1枚につき40円です。今までは必要経費で落としていたのですが、底を尽きたので1つの班で500円負担していただくことになりました。上席課長代理と課長は商品に対する意識付けと称していますが、労働者への責任転嫁としか思えません。今頃になって、「ケースはいくらでも用意します。」と言っています。今年の4月に大量の新規採用があったのだから、業務や営業活動に必要なものは一式揃えた上で、業務命令なり指示が必要だったと思います。

 さて、冊子小包(以前はカタログ小包や書籍小包とよんでいた)が増加しています。冊子小包は冊子状のもの(綴じてある印刷物や出版物)を内容として外から見えるようにするのが条件です。それによって、定形外よりも割安に送れてポストへの投函・配達が可能(普通の小包と違って受領印が不要)です。CDや DVDやテープ等は出版物と見なされ、冊子小包で送れます。ところが、通信教材によっては、手触りからして明らかに出版物でないものが同封されている(「二つ折り禁止」+「取り扱い注意」の表示有り)ものがあります。

 また、とりわけ重量が重い通販のカタログがあります。どちらも受け箱配達の対象になるが、ポストに入れると重量に耐えきれず落下したり、ポストの中に既に入っている新聞等をよけたりすることがあります。正直言ってこれらは民間のメール便に送ってもらった方がかえって収益が高いと思います。

 ポスト配達不能で留守の場合は不在者通知を入れることになりますが、このときは、夜間配達のリクエストがかかり、残業代含む人件費がかかります。冊子小包はサイズ的に言って区分機に掛けることができません。また、週明けの月曜日は定型である封筒やハガキよりも冊子小包含む大型郵便物が多いです。

 これらの冊子小包の増加は全て単車のキャリーボックスへの負担がかかります。キャリーボックスの故障や落下事故が多いです。人員削減して1人あたりの分量が増えたので一層負担がかかっています。

 携行販売すべきエクスパックもサイズ的に言ってキャリーボックスに入れる必要があります。もちろん有価証券の一つなので、単車から離れるときはキャリーボックスに施錠する必要があります。というわけで冊子小包の重み?に耐えかねて商品であるエクスパックは傷むのです。

 今から労働者に対して損害賠償請求が始まるのだから、大手の労働組合が何も問題とせずに黙って見ているのでしょうか。私は商品を傷めないように最大限の努力をしているのだから、反論したいと思います。
スポンサーサイト
!!ここに掲載の広告は 当ユニオンとは一切関係ありません!!
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
 ブックマークこのエントリをはてなブックマークに登録 このエントリを del.icio.us に登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 この記事をPOOKMARKに登録する このエントリをSaafブックマークへ追加 newsing it!

プロフィール

ユニオンニュース

Author:ユニオンニュース



一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」が発行するニュースのサイトです。

新世紀ユニオンの組合費、拠出金等に関する高等裁判所の判決文を掲載しました。 拠出金高裁判決

検索フォーム
アーカイブ

カテゴリ

最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析