新世紀ユニオン発行のニュース

国際標準化機構の社会的責任規格の発効を生かそう!

 本年9月、ISO(国際標準化機構)により、SR(社会的責任)規格であるISO26000が発効される予定である。
 ISO26000が掲げる主要課題は、組織統治・人権・労働慣行・環境・公正な事業慣行・消費者課題・コミュニティ参画および開発の7つである。ISO9000(品質)やISO14001(環境)のようなマネジメント規格とはならず、ガイドライン規格となる。とはいえ、ISO26000への取り組み度合いも、ステークホルダーによる企業の(表面的な)評価時の指針となるであろう。
 大手企業にとって、SRI(社会的責任投資)ファンドからの投資を受けるためには、企業統治や法令遵守体制、特に情報セキュリティを強化する必要がある。顧客情報など企業の抱える機密情報の漏えいを防止すべく、従業員の監視体制はさらに強化されることになる。
 一方、ISO26000の主要課題の一つである労働慣行については、ILO(国際労働機関)条約との一致について確認されている。これまで日本企業では、ILOの行動準則が軽視されてきたが、ISO26000によって見直されることになると予測される。従業員の過度な監視に対抗するためには、ILOの「労働者の個人データ保護に関する行動準則」の尊重を主張すればよい。従業員保護についても、SRIインデックス採用の基準になると思われる。
 ISO26000発効を、近年なし崩しにされた労働者の権利を再獲得する契機にしたい。
スポンサーサイト
!!ここに掲載の広告は 当ユニオンとは一切関係ありません!!
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
 ブックマークこのエントリをはてなブックマークに登録 このエントリを del.icio.us に登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 この記事をPOOKMARKに登録する このエントリをSaafブックマークへ追加 newsing it!

プロフィール

ユニオンニュース

Author:ユニオンニュース



一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」が発行するニュースのサイトです。

新世紀ユニオンの組合費、拠出金等に関する高等裁判所の判決文を掲載しました。 拠出金高裁判決

検索フォーム
アーカイブ

カテゴリ

最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析