新世紀ユニオン発行のニュース

◆雇用を守るために組織拡大を進めよう

 私の職場(郵便局)では、非常勤職員に対して全逓(JPU)の加入を呼びかけるポスターが掲示板に貼っていました。題名は、「JPUは、非常勤職員の公正な評価、働きがいをサポートします。賃金への苦情処理制度は組合員に限定された制度です(発令日より30日以内)」です。

 全逓は、一方では賃下げ目的の成果主義人事制度が導入できるように労働協約を結んでおいて、他方ではあなたの賃金に納得のいかない場合は話をつけてあげましょう、と言っています。本当に二枚舌です。

 全逓が今頃になって非常勤職員を組織化しようとしている目的は、組合費の財源確保だけでなく、労働者が非常勤化されていく中で何としてでも過半数労組の立場を維持するためではないでしょうか。

 今までは「非常勤の雇用確保が難しい」ということで非常勤の組織化に消極的でした。過半数労組の特典は、休日・時間外労働のための36交渉や安全衛生委員会の推薦など労働条件にかかわる権限があります(既得権の確保)。

 私たち正社員でさえも賃金が下がってしかも仕事がきつくなっているのに、非常勤職員は雇用が守られていないだけでなく労働基準法を含む法律を知らずにこき使われています。

 超勤原資を抑えるように上から厳しく言われているのに、36協定では時間外および非番日・休日労働はしっかり確保されています。そのため正社員、非常勤とも「自主的な」サービス労働が横行しています。

 私たちが今からすべきことは、新世紀ユニオンの(二重加入)組合員を増やすことです。雇用の確保は当然ですが労働条件の向上のためには、一人でも多くの組合員が必要なんです。いかなる人でも新世紀ユニオンへ一日でも早く加入しなければ雇用の確保は難しいと思っています。
スポンサーサイト
!!ここに掲載の広告は 当ユニオンとは一切関係ありません!!
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
 ブックマークこのエントリをはてなブックマークに登録 このエントリを del.icio.us に登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 この記事をPOOKMARKに登録する このエントリをSaafブックマークへ追加 newsing it!

プロフィール

ユニオンニュース

Author:ユニオンニュース



一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」が発行するニュースのサイトです。

新世紀ユニオンの組合費、拠出金等に関する高等裁判所の判決文を掲載しました。 拠出金高裁判決

検索フォーム
アーカイブ

カテゴリ

最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析