FC2ブログ

新世紀ユニオン発行のニュース

社長が会社で不正! どうすればよいか?


 会社のお金を社長が不正に使用しているそうで、社長に不正をやめるよう指摘した経理担当者は退職に追い込まれました。その人の話によると社長の不正は巨額で会社は危機だということでした。
 私は労働組合が有ればこんな事にはならないと思いましたが、上司のその話をすると「組合ができるとストライキが起き、一番困るのはお客様である。組合は結成するべきではない」と言われました。
 私は会社を助けるために労働組合が必要だと思っていますが、私の考えは間違っているでしょうか?


 新世紀ユニオンには同様の質問が多く寄せられています。あなたは、会社の経営や不正をチェックする機能を労働組合に求めています。その事は誤りではありません。
 労働組合の本来の役割は雇用を守り、労働条件の向上をめざす事であり、その中には倒産を防止するために経営をチェックすることも含まれています。
 労働組合が無いばかりに、社長の不正、違法行為が進行し、商品の各種の偽装等で経営が危機になることは、ミートホープ社等の例を出すまでもありません。
 食品の偽装のように公益にかかわる場合には労働組合が無くても内部告発(公益通報)という手があります。
 しかし相談のように社長の使い込み等の場合には、社員が団結して組合を結成して、交渉の場で社長に反省を求めれば報復を恐れる必要はありません。しかし中小企業の場合には労働組合が結成されることを死ぬほど恐れ、組合結成の動きが解雇を招くことが多く有ります。したがって上司に組合結成を相談することは止めたほうが良いのです。
 企業内の労働組合が会社に飼い馴らされて、経営のチェック機能が果せず倒産したり、JR西日本の尼崎事故のような結果につながることが多いのです。組合結成は企業内組合でなく、新世紀ユニオンの支部として結成すべきです。
 経営のトップが背任罪を犯す例は決して少なくありません。たとえ社長あっても、会社は“私物”ではなく、従業員の生活がかかっているのですから、組合の交渉で不正を指摘し「反省し不正をやめないなら刑事告発をおこなう」と警告すれば、経理を担当していた人のように退職に追い込まれることはなかったでしょう。
 経営者も2代目、3代目の時代になってデタラメな経営者が増えています。社長が女性社員にセクハラをやりまくるとんでもない“経営実態”が多く存在しています。
 社長が会社の金を使い込むという話も良く聞くことです。労働者が団結して組合を結成し、経営を厳しくチェックしていかないと、会社が倒産し、労働者が失業する事態は決して珍しいことではないのです。
 しかし組合結成は簡単ではありません。企業内労組の場合は必ず「お客さんがストライキで迷惑する」などという思考が出てきます。
 組合結成の進め方については新世紀ユニオンのHPを参考にしてください。
 日本に会社ぐるみの偽装が多く、経営者の不正で倒産する例が多いのは、労使のなれあいを基本とする家畜労組が多く、経営の内部からチェックする本物の労働組合が少ないからにほかなりません。
 新世紀ユニオンは、あなたのような人の加入を歓迎します。
スポンサーサイト



!!ここに掲載の広告は 当ユニオンとは一切関係ありません!!
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
 ブックマークこのエントリをはてなブックマークに登録 このエントリを del.icio.us に登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 この記事をPOOKMARKに登録する このエントリをSaafブックマークへ追加 newsing it!

プロフィール

ユニオンニュース

Author:ユニオンニュース



一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」が発行するニュースのサイトです。

新世紀ユニオンの組合費、拠出金等に関する高等裁判所の判決文を掲載しました。 拠出金高裁判決

検索フォーム
アーカイブ

カテゴリ

最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析