新世紀ユニオン発行のニュース

私がユニオン加入に至る経緯について


 私は今の仕事を8年しています。もともとその業界内の体質にはなじめない方ではありましたが、自分が至らぬ事が多いのだとずっと我慢していました。
 我慢していてもやはり表面上はでるのか、また上司にうまくこびをうる事が苦手なのか、好かれる事は一度としてなかったのです。
 それでこの2月に業務中に事故をおこしました。といっても内容はもらい事故で、向こうの信号無視でした。
 しかし事故は事故と問題にされ、そこから何かと直属の上司の所長からの監視が始まりました。普通に仕事をしていても、遠くから視線を感じる。そんな毎日でした。
 車にはデジタルタコグラフという機械がついていて、1日の終わりに日報代わりに提出します。調べようと思えば、パソコンより何時何分にどこに停まっているかなどがわかるものです。
 社員に対してはそこまでの詳細はチェックしないのですが私に対しては目の敵の様にプリントアウトし、毎日穴があくほど見ていたそうです。周りの同僚からも、すごく執着しているので、気をつけた方がよいと言われるようになっていました。
 私の性格上、それでも悪い事をしていないのになぜ小さくならなくてはいけないと普段道理に仕事をしているとまたそれが反省していないととられ、ほんの些細な事で注意をうけるようになりました。
 今回私に自主退社を進める話がきました。内容はあなたは著しく業務に差し支える行いをしているという事でした。日々、昼食を買いにスーパーやコンビニ、弁当屋による時間が長いとの事で、会社に迷惑をかけていると言われました。1日、あなたは平均30分をそのような時間に充てているという事でした。
 先に言わせて頂くとそのような事は周りはみんなしている事です。1日に弁当も買うし、コンビニだってよります。
 この所長は自分の嫌いな部下の悪い部分をなんとか見つけ、大きくして本社に報告します。本社も現場の状況も見ずに、現場の長というだけでその人間の言っている事を鵜みにします。本社の力をかり、嫌いな部下を何人も自主退社に追い込んではそれを評価としてもらいます。
 この所長は部下には要領が悪いというのですが、目の前にいても絶対に部下の仕事は手伝いません。手をくんで見ているか、電話してべらべらしゃべっているか、上で新聞を読んでいるかです。
 5月くらいに一度些細な事で呼び出されました。自転車通勤をしてはいけないなどの理由でした。定期を申請しているのだから正規のルートで来いとの事。そんな決まりはないはずなのですが。
 しかし私は正規のルートで定期も買っています。しかし毎日満員電車だと、気がめいりますし、健康のためにとも思い週に何日か自転車で通勤していました。そのような事を気に食わない目で見ているのも薄々気づいてはいました。お前が人と違う行為をしているのが気に食わないといった感じでした。
 その呼び出された日にあまりに理不尽に言うものですから、我慢仕切れず、所長が事故をして、それを本社に黙っている事や他色々を本人にぶつけてしまいました。もっと普通にしてほしいと。
 しかし人としての話など何も通じておらず、そこから執着した陰気な嫌がらせ、監視がはじまりました。最初は人もこういう時期もあるし、徐々に治まって行くだろうと思っていましたが、月をまたぐ度にひどくなりました。
 やり方もとても陰気で周りには気づかれず、権力を使って行われました。後で判明したのですが私を尾行したりもしたそうです。
 そして今回とうとう半年間のデジタコのプリントを持ってき、こことここ、車が停まっているな、などといきなり 切り出されこれは就業規則に違反するから本社に通告すると言われ、本社経由で自己退社を進められました。
 これは規則に違反しているので懲戒解雇もできると脅してきました。あとで懲戒解雇などできないと知りましたが。
 自分が気に食わない人間にはここまでするのかと、人間不信になりました。このような事があり、今回ユニオンさんに相談しました。
スポンサーサイト
!!ここに掲載の広告は 当ユニオンとは一切関係ありません!!
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
 ブックマークこのエントリをはてなブックマークに登録 このエントリを del.icio.us に登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 この記事をPOOKMARKに登録する このエントリをSaafブックマークへ追加 newsing it!

プロフィール

ユニオンニュース

Author:ユニオンニュース



一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」が発行するニュースのサイトです。

新世紀ユニオンの組合費、拠出金等に関する高等裁判所の判決文を掲載しました。 拠出金高裁判決

検索フォーム
アーカイブ

カテゴリ

最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析