新世紀ユニオン発行のニュース

セクハラの証拠を取る方法を教えて?


 私は職場の上司にセクハラを受けています。貴ユニオンのホームページに書いてある「ICレコーダーで証拠を残せ」ということを読みましたが、セクハラハは密室で身体をさわってくるので、録音では証拠は残せません。
 どうすればセクハラの証拠を残せるのか分かりません。
 証拠の取り方を教えて下さい。


 たしかにセクハラの証拠を残すことは難しいです。新世紀ユニオンに相談してきた人達も十分な証拠を取らぬまま、弁護士や労組に交渉を依頼しうまくいかないまま困って当ユニオンに加入する例が多いです。したがって相手に慰謝料請求の意思を表明した後では証拠を取るのは難しいので、証拠は相手が油断している時に取る(録る)ようにして下さい。
 一般的に慰謝料や和解金は証拠が十分にあるかどうかが裁判の勝負を左右し、したがって慰謝料や和解金の金額を決定するのです。
 当ユニオンでは400万円ほどの和解金を得た事例がセクハラでは最高額です。この場合も確実な証拠があればより高額になりました。
 さてセクハラの証拠の取り方です。最近のICレコーダーは長時間の録音が可能です。もし相手が無言で身体をさわってきたら、すぐに大声で抗議して、そのやりとりを録音すればよいのです。ICレコーダーはスイッチを入れておけばよいのです。録音できればそれをCDに記録しておきます。
 またそれとは別にセクハラを手帳に具体的にメモしておくようにして下さい。また公的機関の調停、あっせんに持ち込み証拠を残すこともできますが、それはある程度証拠があった上での事です。
 最近は万年筆型ビデオカメラもあります(これらの活用については当ユニオンのニュース123号2月1日号に載っています。HPで見て参考にして下さい)
 また、セクハラの加害者に本人が和解交渉を申し入れ証拠を残す方法も有効です。和解交渉をすべて録音しておけばセクハラの証拠になります。しかしこの方法は当ユニオンに加入し継続的指導が必要です。
 セクハラの結果ウツ病になった人は、医師の診断書を取っておくことも重要です。この診断書には発病の原因がセクハラにあることも書いて貰うようにして下さい。この診断書は証拠になります。
 また同じ上司のセクハラの被害者が複数いる場合は協力して証拠を遺すようにすればいいでしょう。
 当ユニオンにも「密室で行われるセクハラの証拠を取れるワケがない」と抗議してくる人がいますが、創意工夫すれば証拠はたくさん残せるものと考えて下さい。直接の証拠が難しければ、自分が加害者に抗議する時の録音でもいいのです。
 手帳に具体的なセクハラ行為をメモしておいても証拠になります。友人にセクハラの度に具体的なセクハラの内容をメールで相談しておけば、相互のメールが間接証拠になります。
 ほかにも内容証明を使って証拠を残す方法もありますが、ここでは書きません。当ユニオンに加入して継続的指導を受けて、できるだけ高額の慰謝料を取るようにして下さい。
 なお、この場合の慰謝料は、会社(管理責任)と本人(加害者)の両方に請求することになります。
 社会正義のため泣き寝入りしてはいけないのです。
スポンサーサイト
!!ここに掲載の広告は 当ユニオンとは一切関係ありません!!
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
 ブックマークこのエントリをはてなブックマークに登録 このエントリを del.icio.us に登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 この記事をPOOKMARKに登録する このエントリをSaafブックマークへ追加 newsing it!

プロフィール

ユニオンニュース

Author:ユニオンニュース



一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」が発行するニュースのサイトです。

新世紀ユニオンの組合費、拠出金等に関する高等裁判所の判決文を掲載しました。 拠出金高裁判決

検索フォーム
アーカイブ

カテゴリ

最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析