新世紀ユニオン発行のニュース

悲願の初裁判のご報告

 6月X日地裁X小法廷で超過勤務の請求に関わる初裁判がありました。ここに至るまでにほぼ3年かかりました。
 傍聴者は原告の自分だけで、相手の弁護士は欠席で、ほんの10分程度でしたが、周りに第3者がいなかったことで、ようやくスタート地点に立てた感慨にじっくりふけることができました。
 訴状が提出できた時はただ無性に嬉しく思いましたが、現実に裁判が始まり、改めてこれからの会社との闘いに臨む気構えができたように思いました。

裁判が実現するまで
 新世紀ユニオンとの偶然の出会いに至るまでは、弁護士だけで23名、社会保険労務士3名、司法書士4名、労働組合5組合、官庁や労働基準監督署等など出先機関など、必死で情報を集め可能と思われる手段での解決を自分なりに模索してきました。また、代議士等の後押しを依頼したりジャーナリストとコンタクトをとりながら、本社とも交渉を試みる等段階は踏んで対しました。
 しかし、斡旋や調停などのレベルでも、「無理だ」「できない」「せいぜい」という話ばかりでした。それは労働者の労働や健康を管轄する省とさらにメンタル不調者の職場復帰を行なう事業も行なう在職先という相手がとても大きかったことに因りますが、称するに値する知識や技量を有する専門家が驚く程少なかったためとも考えます。
 しかし、労働相談後に加入させていただいた新世紀ユニオンでは「できるかどうかではなく、やるのだ」というスタンスのもとに、的確できちんと戦略をもったアドバイスをいただきました。さらにご紹介いただいた有能なだけでなく温かみのある弁護士さんや非常に優秀な事務所の方々ともご縁を結んでいただきながら、フラッシュバック等で遅々として進まない自分を辛抱強く支えていただいきました。また、所属先との対抗への深入りを恐れ降りていく主治医達の交替の支援までいただき、裁判までこぎつけました。
 私もクライアントに対しては生活や職業への復帰のための交渉人としてもサポートしてきたので、当組合の戦略の確かさと情熱は本物だと思います。なによりも労働者の権利を守るという本来の労働組合の使命をおさえて活動をしておられると思います。

私の状況
 在職ですが適応障害で病休中です。
 原因はまず出張を伴う激烈な残業です。公的な機関なので管理職比率が高くかつ課長クラスになれば全て怠業する体質の会社であり、人員削減もあって支社の廃止と残務処理をほぼ一人で負いました。
 長年の配偶者の単身赴任で養育は全て私にかかっていましたが、重度の障害をもつクライアントが放置され途方にくれているのをみると、日付をまたいだ残業の連続とならざるをえず家庭を投げ打って夢中で取り組み、親からはとても頑丈な心と身体をもらいましたが、不調がでてしまいました。
 さらに残業の原因でもあり残業を昂進させることとなった会社ぐるみに発展したパワハラやセクハラを一身に負い、業務の妨害が起こりクライアントと管理放棄の会社との板ばさみとなったことも原因と考えます。挨拶もミーティングもないハラスメント状態の会社に通い、何度か職場で倒れていても放置されたままで、自分で救急要請をせざるをえなかったこともありました。
 しかし、最大の原因は、在職先がコンプライアンス意識に欠けていて、廃止後の残務業務に付いていた公金をより形骸化した業務で温存するために、私の残務処理の成果を組織が吸い上げた後に、事業終了を偽り体調不良の自分を単身赴任で山間地に閑職異動をさせたことで、ぎりぎり保ってきた精神に止めをさされたことだと思います。

今後に向けて
 裁判の相手は非常に質が悪く、今回の答弁書も内容は整合性がとれないながらも、私のキャリアやクライアントに評価されてきた支社の業務を全否定する等、自社の業務自体を理解していないめちゃくちゃな内容で、非常に「立つ瀬のない」状態です。
 また会社はメンタル不全者の復職支援業務を主要事業におきながら、私への対応は全くの放置で、復職計画はおろか休職手続き等の説明もありませんし、税関係の手続き等をはじめ事務手続きでも退職を誘導するような揺さぶりをかけてきます。これもバックが大きいゆえかと思います。
 「鈍牛改め火牛となれ」で気をひきしめて取り組みたいと思いますので、今後ともご指導のほど宜しくお願い申し上げます。
 ユニオンニュースを拝読しても早くから緻密に対していくことは重要だと思います。でも遅れをとってしまっても、私の事例は、真に実力のある労働組合に団結できれば、遅すぎるスタートでもなんとかなるという事例かと思います。
 次回裁判は7月下旬の予定です。
スポンサーサイト
!!ここに掲載の広告は 当ユニオンとは一切関係ありません!!
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます
 ブックマークこのエントリをはてなブックマークに登録 このエントリを del.icio.us に登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 この記事をPOOKMARKに登録する このエントリをSaafブックマークへ追加 newsing it!

プロフィール

ユニオンニュース

Author:ユニオンニュース



一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」が発行するニュースのサイトです。

新世紀ユニオンの組合費、拠出金等に関する高等裁判所の判決文を掲載しました。 拠出金高裁判決

検索フォーム
アーカイブ

カテゴリ

最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析