新世紀ユニオン発行のニュース

合法的闘い方を学ぼう!

 家畜労組とは日和見主義的企業内労組の上層が、経営側に飼いならされた結果であり、平和な時代の労働運動の産物と言える。
 平和な時代には先進的労働者はあらゆる合法的闘いの可能性を利用できなければならず、広範な労働者を教育し、合法闘争の闘い方を指導し、実践しなければならない。
 資本主義が成熟し、過剰な資金が株と土地に投機され、バブル経済となり、やがて崩壊した。日本企業はこれ以後リストラを利潤追求の主要な手段とするようになった。
 この結果全国にリストラと闘う個人加入ユニオンが多く生まれた。
 この新しい労働組合は、リストラ経営の産物であり、戦後の労働運動の特徴であった企業内組合の壁を打破する画期的な労働者の大衆組織なのである。
 ところが最近のある野党の組織する地域ユニオンの組合員から自分が加入するユニオンは組合員が不当労働行為を受けているのに団交も、地労委での闘いも、何もしないのに組合費だけ取る、とか、リストラで解雇されたが、ある野党のユニオンに加入し、団交をして決裂したら、その後は何もやってくれない、といった相談の電話を多く受けることとなった。
 ユニオンブームにあやかろうと「○○青年ユニオン」等の労組を組織したある野党は、党の歴史は古いがリストラと闘うノウハウは継承していないようです。
 そうしたユニオンの組合員は新世紀ユニオンのホームページを読むと感動するらしく、電話で熱心に自分の加入するユニオンの闘わない状態を話しかけてくる。
 労働者大衆は闘いを求めているのに、それに応えてユニオンを結成しても、中身の労働運動の理論研究やリストラと闘うノウハウや判例等を研究していないので、組合活動ができないのである。
 平和な時代の労働運動は、あらゆる合法的闘い方を利用しなければならない。とくに現代の日本では経営側の力が強いので労働者は裁判や審判を利用できなければならない。
 職場では専制的支配の下で経営側の力が強いが、裁判や審判では法の下に対等の関係にあり、証拠さえ準備しておけば勝利することは難しい事ではない。
 ユニオンを結成した以上、役員は組合員の権利や労働条件や雇用を守る義務がある。闘い方がわからないではすまないのである。
 せめて労働組合法や労働基準法や労働契約法などを学び、判例を学び、具体的闘い方を学ばねばなりません。
 ある野党の結成したユニオンは二重加入を容認しないため、企業内組合を脱退し、ユニオンショップ制なので会社にユニオン加入を通告する。このためその組合員は1人で孤立することになる。
 二重加入を認めておけば、組合員を増やしてから公然化することもできるのに、選挙の票田と位置付ける誤りが、家畜労組を内部から瓦解させる戦略を持てなくしているのである。労働者がユニオンに失望することのないよう組織戦略を考えなおすべきである。
 新世紀ユニオンでは、ユニオン運動の発展のために、こうしたユニオンの運営や闘い方についても電話相談で対応していきたいと思っている。ユニオンは相互に学びあって経験を豊富にしていくべきである。
スポンサーサイト
!!ここに掲載の広告は 当ユニオンとは一切関係ありません!!
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
 ブックマークこのエントリをはてなブックマークに登録 このエントリを del.icio.us に登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 この記事をPOOKMARKに登録する このエントリをSaafブックマークへ追加 newsing it!

プロフィール

ユニオンニュース

Author:ユニオンニュース



一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」が発行するニュースのサイトです。

新世紀ユニオンの組合費、拠出金等に関する高等裁判所の判決文を掲載しました。 拠出金高裁判決

検索フォーム
アーカイブ

カテゴリ

最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析