新世紀ユニオン発行のニュース

病休や労災で休んだ後の職場復帰拒否!

問1
職場で同僚の仕事のミスを注意したら暴行を受け、骨折しました。そのため労災で仕事を2ヶ月ほど休み、会社に復帰しますと電話しましたが、会社が復帰させてくれません。どうすればいいですか?現在は生活に困りアルバイトをしています。

問2
上司のパワハラでうつ病となり、数か月ほど休みましたが回復したので会社に復帰の意思を伝えましたが、会社が復帰させてくれません。どうしたら復帰させてくれるのでしょうか、教えてください。


 最近病休やけがで休んだが治癒したのに会社が復帰させてくれないといった相談が増えています。
 こうした場合まず就業規則がどうなっているかを調べてください。就業規則に病休の期間や、無給の休職になる期間と復帰の手続きを調べてください。わからないときは会社の人事か上司などに聞くこと。手続きが就業規則に定められているときはそれに基づいて行うこと、次に重要なのは就労可能の医師の診断書を提出することです。
 相談で多いのは、復帰を申し入れたが診断書を会社に提出していない人が多いのです。これでは会社が無視するのは当然です。必ず医師の診断書を提出し○月○日から出社する旨有印の書面で通知してから出社するようにしてください。
 会社は病休やけがで休んだことをリストラの好機と考えています。どうしても出社させない場合はユニオンに加入し団体交渉を申し入れるか、もしくは内容証明郵便でこの間の経過を書き、就労可能の診断書が出ているのに就労させないのは不当であり、直ちに就労させるよう申入書を送る必要があります。
 会社が復帰させるにあたって会社の指定医の診断書提出を条件にする例も増えています。しかし診断書は別に指定医でなくてもいいのです。
 特にうつ病の場合、会社の指定医に行っても初診で就労可能かどうかの診断書は出してもらえません。主治医に書いてもらうしか方法はないのです。ところが会社はそれを承知で、会社の指定医の診断書を要求し、病休を引き延ばして退職に追い込む手法をとる場合が多いのです。
 職場で暴行を受け労災で休んでいる場合は、医師の就労可能の診断書を添えて、出社を書面で通告してから出社してください。なお労災で休業中と復帰後30日間は解雇できません。会社が復帰させないからとアルバイトすることは、雇用契約を自分から解約したととられかねない行為ですので注意してください。
 特に就業規則に副業の禁止規定がある場合は懲戒処分される可能性もあります。
(まとめ)
 重要なのは医師の就労可能の診断書と、復職手続きをきちんとすること、ダメな場合は内容証明郵便で要求すること、ユニオンに加入して団体交渉してもらうことも有効です。ただし無能の組合が1年間も団体交渉を続けても復帰させることができない場合すらあります。何もしないで休業期間が長くなり、就業規則で無給の休職になるのを一番気をつけなければなりません。あらかじめ就業規則を調べておくことが必要です。
 とにかく個々の事案ごとに対応策を検討しなければなりません。
 新世紀ユニオンに相談してから対応を決めるようにしてください。
スポンサーサイト
!!ここに掲載の広告は 当ユニオンとは一切関係ありません!!
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
 ブックマークこのエントリをはてなブックマークに登録 このエントリを del.icio.us に登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 この記事をPOOKMARKに登録する このエントリをSaafブックマークへ追加 newsing it!

プロフィール

ユニオンニュース

Author:ユニオンニュース



一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」が発行するニュースのサイトです。

新世紀ユニオンの組合費、拠出金等に関する高等裁判所の判決文を掲載しました。 拠出金高裁判決

検索フォーム
アーカイブ

カテゴリ

最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析