新世紀ユニオン発行のニュース

意味の分からない解雇と闘う

 私は会社を解雇されました。突然、意味の分からない言いがかりをつけられ、私の人生までも否定されるような酷い言葉を大声で何度も浴びせられての懲戒解雇でした。せめて解雇理由は知りたいと思い、解雇通知書を請求しましたが、届いたのは会社から書類発送通知を受けてから5日後。そして、それは解雇通知ではなく、タイトルの記載されていない解雇予告通知のような紙でした。つまり実際には即日解雇だったにも拘らず、実際の解雇日は1ヶ月後と記載されていたのです。またそこに記載されていた解雇理由は懲戒解雇された時に浴びせられた言葉とは何の関連もなく、また自分がやってもいないことをやったと濡れ衣を着せるようなものでした。
 友人知人達は口を揃えて「気持ちは分かるけど、不当解雇として闘うとなるとお金も時間も掛かる。精神的にも辛いと思うから、貰うもの貰ったらそんな会社の事は忘れて次の仕事を探した方がいい。」と言いました。
 失意の中にあった私もそうした方が良いと信じて気持ちの整理をつけようと思っていましたが、土壇場になって“どうして自分がやってもいないことをやったと認めなければいけないのか・・・”という思いが起こり、ネットで「不当解雇」というキーワードで検索をかけました。その時に一番上にヒットしたのが新世紀ユニオンでした。すぐに電話を掛けて状況を説明しましたが、その時はまだ自分の状況が不当解雇にあたるのかという確認の意味合いが強く、また勝ち負けより「懲戒解雇」から「整理解雇」に訂正してほしいという気持ちでした。しかし、担当して下さった角野さんから「そんなことではダメ。闘わないと。第二、第三の犠牲者が出るかもしれないんやで」と言われ、会社と闘う決心をしまし た。
 それから約1ヶ月、角野さんからのアドバイス通りに行動した結果、先日会社から突然解雇を取り消すという通知を受けました。しかし、その通知書には正社員である筈が、まるで契約社員のような扱い、また雇用内容も今後メールで連絡するという欺瞞的な内容が書かれていました。
 再び、会社の嫌な面を見てしまう事になり、とても悲しくなりました。またこのような闘いは、辛い記憶を呼び起こすことであるので正直苦しいのですが、今回会社が解雇を取り消してきた事実は、会社が不当解雇であると自ら認めたようなものであり、自分は間違っていなかったということが分かって救われる気持ちになりました。
 今後、会社がどのように対応してくるか分かりませんが、これからも新世紀ユニオンの指導のもと会社と闘いたいと思います。
スポンサーサイト
!!ここに掲載の広告は 当ユニオンとは一切関係ありません!!
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
 ブックマークこのエントリをはてなブックマークに登録 このエントリを del.icio.us に登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 この記事をPOOKMARKに登録する このエントリをSaafブックマークへ追加 newsing it!

プロフィール

ユニオンニュース

Author:ユニオンニュース



一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」が発行するニュースのサイトです。

新世紀ユニオンの組合費、拠出金等に関する高等裁判所の判決文を掲載しました。 拠出金高裁判決

検索フォーム
アーカイブ

カテゴリ

最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析